左京区恋月橋渡ル

  • 533人登録
  • 3.47評価
    • (26)
    • (70)
    • (96)
    • (16)
    • (3)
  • 89レビュー
著者 : 瀧羽麻子
  • 小学館 (2012年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863308

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

左京区恋月橋渡ルの感想・レビュー・書評

  • 七夕通の姉妹編。炎大好き花火大好きの山根君が恋をしたのは、下鴨神社で出会った 透き通るような白い肌に長い黒髪の「姫」だった…

    京都歴が長い割に葵祭りに行ったことはないのだけれど、斎王代と言えば由緒正しいお家のお嬢さんが務めるものなので、山根くん厄介な人に惚れちゃったな〜と心配しつつ見守っていたのです。

    京都という土地柄のせいか、私の友人にも世界遺産認定されているお寺の後継者がいます。彼のお家は檀家を持たないため、割合自由度は高い印象ですがやはり生まれた時からある種の使命を持っていることに変わりはなく…日頃おバカな話ばかりしている彼からはイメージし辛いけれど、それなりの覚悟で進む道があることはなんとなく察せられます。男女の違いはあれど今回のヒロイン「姫」こと、美月さんもまた…。

    叶わないなら、届かないなら、出会わなければ良かった。なんて思ったことがない訳じゃないけど、「なんで好きだったんだっけ?」と後から頭を抱えるような相手じゃない限り、出会えたことも、恋したことも、意味がある。七夕通よりこちらの方が断然好きです。恋せよ、理系男子!次はグルメな安藤君主役でお願いします。

    余談ですが瀧羽麻子さんが前の職場の先生の、中高の同級生と聞いてびっくり!Facebookにレビュー同時投稿される設定にしていて、先生からご連絡いただき…世間は意外と狭いです…

  • 「左京区七夕通東入ル」の続篇?姉妹編?
    花ちゃんとたっくんのその後をチラリとのぞきつつ、あの四人の中のヤマネくんのお話。
    「人間も元素の集合体ですから 組み合あわせしだいでなにかが起きるのは、ある意味、自然なのかもしれません」
    雨の下鴨神社で山根くんは「姫」に出会う。
    あんなに魅せられていた花火も手につかない、初春から、ジリジリとら照りつける陽射しの下の夏までの数ヶ月。
    息苦しくて、切ない。
    誰も悪い人がいないから誰にも当たれなくて悶々としてしまう。
    でも最後の展開に彼の優越感と彼女の利己的さを感じてしまうのはわたしのいやらしさ?
    スクールカーストAチームの思考よね、とか。
    何かに夢中になってる人への視線が暖かいことは嬉しい。
    ただ、あまりにも切なくて、電車で泣くのをこらえて鼻をタラしながらずっと内心叫んでた。
    ヤマネ!ヤマネ!ヤマネ!ヤマネ!
    花火やりにいこう!酒の用意しよー!

  • 『左京区七夕通東入ル』の姉妹編。
    本作は、より直球の恋愛小説。
    電撃的な一目ぼれから、一喜一憂する日々。
    初々しく、甘酸っぱくてちょっと切ない。
    龍彦は引っ越したものの、寮のメンバーは変わらず個性的で、楽しそう。
    ピュアな物語に、京都の舞台がまたぴったり。

  • 花火が好きで、ひたすら爆発物の研究に身を捧げてきた、恋を知らない大学院生、山根くんが恋をした。
    京都を舞台にした爽やかな恋物語。

    七夕通りの続編。
    今度は山根くんが主役。
    山根くんの恋の相手は高嶺の花。
    前作を読んでいたので、たっくんと花ちゃんが相変わらず幸せそうで嬉しい。
    安藤くんまわりの食べものは相変わらずおいしそう。
    山根くんの恋愛下手っぷりは非常によくわかるし読んでてじりじりする。
    ことりっぷ的な京都の話。

  • 左京区七夕通東入ルの続編?的な感じです!
    主人公は今回は炎が大好き山根君でした。
    山根君の恋。甘酸っぱくってきゅんきゅんしました!
    恋は叶わなかったけど、山根君が1つ成長したのがまた感動です。
    そして美月さん本当いい人。小笠原さんも良い人過ぎです!
    最後はほっくり心温まるお話でした。

  • 院生になった山根くんの初恋譚。
    花とたっくんのその後かと思ってたので少し残念でした。

    初恋の君がとんでもない高嶺の花で、なんだか優しく好意的な態度を取られ、どうしていいやら戸惑うけど結果失恋、ってのは割と王道設定だけど、山根くんの理系思考やつい花ちゃんに頼ってしまうあたりがウブでかわいい。
    美月はやや鼻につく感じもしましたが、京都ってのは本当に伝統ある家のご子息ご息女ってのがいらっしゃるからね。

    京都の町並みだけでなく祭事なんかとも絡めてのくだりはおもしろかったけど、全体的にはやや手ぬるいというか物足りなかったかな。

  • 山根くんが恋をした。
    恋のお相手は、神社で雨宿りをしていた美人。
    傘を貸すだけで精一杯、連絡先まで聞けなかった…。

  • もう、なんでしょ、この気持ち。このキュンキュンくる気持ち。
    ずいぶん長く忘れ去っていた「恋」する気持ちがどどどどっとあふれかえってきちゃって大変でした(笑)
    山根くんの不器用な恋に活を入れながら全力で応援したくなる。
    いや、それよりも山根くんたちと一緒に寮で暮らしたい!
    毎朝六時半にラジオ体操をして朝ごはんを食べたい!
    青春だ!青春だ!青春だ!そして恋だ!
    久しぶりにスカッと爽やかな青春不器用恋物語を読みました。
    あぁ、気持ちよかったぁ。

  • 「んな訳ないやろ」とオチを求め続け、「オチてへんやん!」と憤慨させられる小説でした・・・

    「左京区七夕通東入ル」と合わせて読むと面白いです。
    次の「左京区桃栗坂上ル」も楽しみです。

    ただ、「あんなに周りに気配りできる人が、人を誤解させて放っておく訳ないやん。」というのが今回の憤慨点。

    なんとか「それなら仕方ない!」と思えるオチを考えて欲しかったです。

  • 山根の頭の中が美月さんでいっぱいになったからなのか、研究の話が途中から出てこなくなった。読み終わってふと、研究どうなったんやろと思ってしまった。

  • 前作は花の恋のお話。今作は、山根くんの恋のお話でした。美月さんを振り向かせるために、花から一生懸命アドバイスをもらっている山根くんが可愛かったです。また、たっくんと花の距離もグッと近くなった雰囲気があり微笑ましかったです。お話に出てくるお祭りは文章から京都の風情が感じられ、京都に行ってみたくなりました。また、少ししか出番がなかった小笠原さんも美月さんへの一途さが素敵だと思いました。

  • 理系男子である山根くんの初恋のお話。残念ながら実る事はなかったけど今まで理系一筋だった男の子が恋に目覚めて四苦八苦する様は見ていて初々しいものがあった。あっさりしていて読みやすいけどそこまで残らない感じ。ただ美月が最後に言った言葉で山根もいい思い出にできたと思う。そして京都が舞台なので個人的には読んでいてとても楽しかった。

  • 理系男子の初恋話。
    恋に堕ちるキュンキュンさは凄く伝わったけど
    彼女の心情が今一つ伝わらず。
    寮長はじめ面白そうなキャラももっと活かせたのでは。

    【図書館・初読・8/25読了】

  • 『左京区七夕通東入ル』の姉妹篇。今回は恋に不器用な山根くんが主人公。前作はそこまでピンと来なかったんだけど、これはいい!初めての恋に一生懸命な山根くんが凄く可愛くていとおしい。切ない幕切れだけど、良かった。ピュアな気持ちになれる素敵な作品。オススメ。2012/359

  •  花ちゃんはメインではないけれど、サブキャラとして出てくるので嬉しかったです。山根くんのお相手の美月さんとの結末は、大体分かりながら読んでいたので、びっくり感はなかった。でもやっぱり一作目の方が好き。

  • 最近、理系男子院生が登場する話が好き。数学、科学、物理は大の苦手だけれども、小説だとその辺りの基本的な知識が教科書を読むよりすんなりと頭に入ってくる。とはいえこれは純粋な恋愛小説。不器用な主人公の片想いを、気付けば心の中で応援してた。

  • んー、期待外れだったかな。。

  • 面白かったけど、前作の方が面白かった。
    美月さんが建物の解体を阻止すべく尽力するところと、最後に山根と電話するところ、山根が泣くところのシーンはなんか、煮え切らないというか、後味が悪いというか、嫌な感じだったが、それも合わせてのストーリーなのかなとも思った。
    そういう感情にさせることができるというのは、小説の力だとも思う。

  • 前作未読のため面白さが半減してるのかな。好きな京都が舞台だけど、出てくる人たちもそれなりにユニークだけど、京大の学生ライフ青春時代って面白いはずなんだけど、どうしても面白くなかった。

  • 古風でミステリアスな姫・美月が際立つ。ベタでキュートな恋愛模様の結末は、…京都の季節・情緒の緩やかな移ろいが優しく包み込む。チクチクする青春の一頁、、。

  • 七夕通り東入ルの山根が主人公の物語
    前作より切なめ
    花ちゃんとたっくんがうまく行ってるようで何よりです

  • 院生・山根の初恋の物語。
    甘酸っぱく、切なく、時々暴走!?

  • 「左京区七夕通東入ル」の姉妹編。理系男子が偶然出会ったお姫さまに恋をした。
    山根くんがすごく初々しい。不器用ながらもがんばる姿に応援したくなる。
    甘酸っぱく、切ない、でもほんわかする恋物語。

  • はなちゃんと龍彦の話をメインにつづくのかと思ってたら、山根が主人公。うーん、この展開はないかな。

全89件中 1 - 25件を表示

左京区恋月橋渡ルに関連する談話室の質問

左京区恋月橋渡ルを本棚に登録しているひと

左京区恋月橋渡ルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

左京区恋月橋渡ルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

左京区恋月橋渡ルを本棚に「積読」で登録しているひと

左京区恋月橋渡ルの作品紹介

春から工業化学科の大学院生として、 山根は京都市内の学生寮で暮らしている。
教授から計算ミスを指摘されたその日、 突然の豪雨の中、 満開の山桜の向こうに、 白いワンピースを着たそのひとがいた――。

京都の理系男子が初めて恋した相手は姫!?
たいせつに育まれる初恋のときめきを、 いとおしく描いた とびきりキュートな純情長編。

『左京区七夕通東入ル』の姉妹編。どちらの作品からでもお愉しみいただけます。

左京区恋月橋渡ルのKindle版

ツイートする