神様のカルテ 3

  • 3491人登録
  • 4.25評価
    • (631)
    • (627)
    • (223)
    • (14)
    • (4)
  • 571レビュー
著者 : 夏川草介
  • 小学館 (2012年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863360

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

神様のカルテ 3の感想・レビュー・書評

  • 休日すら犠牲にし、病棟に詰め、患者に寄り添うこと。目の前の患者に向き合うのが最重要事項である・・・。世間の人々が思い描く良い医師といえば、現場主義のこんな医師ではないだろうか。引きの栗原一止は健在。最愛の妻とのコーヒータイムもそこそこに病院に駆けつける彼は患者想いの仕事熱心な男である。

    対して、普段の仕事ぶりは完璧なのに特定の患者についてはろくに診察もせず放置する小幡先生。患者よりも研究会を優先するかのような彼女の言動に、栗原先生激おこ。

    しかし「医者っていう仕事はね、無知であることがすなわち悪なの。」「医者をなめてるんじゃない?自己満足で患者のそばにいるなんて、信じられない偽善者よ」医療は日進月歩、目の前の患者に時間を割くことももちろん必要だが、研究会や学会に積極的に参加し、常に最新の知識に触れることもまた、医師としての本分なのだと気づく・・・。必死で生きようとする患者にはこちらも全力で向き合うが、甘えて過ちを繰り返す患者に割く時間はない、という小幡先生。

    ハルさんといい、小幡先生といい・・・いい女すぎる。大狸先生やタツ、砂川先生も相変わらず・・・

    もうね・・・これは、シリーズで買い揃えても良いのではないかしら。一気読みしたいです。

  • " 正解はない。それが医療というものの難しさであろう。"
    " 医者っていう仕事はね、無知であることがすなわち悪なの。"

    『神様のカルテ3』はエンターテイメントではなかった。
    映画化されたタイミングも考慮にあったのかわからないが、読者に対して、背筋を伸ばしたくなる問いかけをこれでもかと突きつけてきた。

    ” 正解はない ”

    だからこそ、対峙している相手に対して、対峙している時に対して、今立っている場所を考え、” 自分と向き合い ” 納得のゆく解を出さなくてはいけない。

    命を預かる医者はまさに厳しい解を求められる。
    医者でなくとも、そうであるはず。

    冒頭にたびたび出てくる以心伝心の風景に安らぎを感じた。
    以心伝心という高コンテキストを共有しない前提に立たねばならないビジネスの場におく身において、小説の中で展開される風景に懐かしさを感じた。
    しかし”正解はない”世界では、以心伝心に逃げちゃいけない、知らない中で出した決断によって致命的な影響を相手に与えてはいけない。
    そんなことを小説後半に考えさせてくれた。

    「第五話 宴」胸が熱くなった。
    想いを強く持ちなおした。

    目指す姿を追い求める原点を振り返ることができた小説でした。
    そして改めて以心伝心で伝わる人間関係を築くことの大切さも感じさせる小説でした。

    やるべきこと、やりたいこと、できること。
    続けよう。

  • 栗原先生は、間違いなく理想の医師のひとつの在り方だと思う。
    けれど、理想と現実の乖離というところをついてきています。
    患者にとって理想の医療とは何か、医師の使命は何か、医師としての矜持は何か、そういうものをずっと問うて来ていますが、栗原先生も一つ上のステージに上がっていくのですね。
    無我夢中で目の前の患者さんと向き合ってきた今までとは違う責任の重さから、目を逸らさないで挑もうとしていく姿には、心がぐっと掴まれます。
    林檎と最先端医療を常に手にする小幡先生、わたしはもしかしたらこういう先生の方が、うーんとなんていうか、尊敬?信頼?共感?できるかもしれない。
    小幡先生、もちろんそれだけのものを背負っているのですが、そうでなくても医師の中の医師という感じ。

    まわりの人たちの存在感も増してきて、いいコンビネーションが随所で見られるのもいいですね。
    今回は、看護師の東西さんと屋久杉君が特によかったな。
    屋久杉君の、その向こうにもっと大きな世界が広がってるって、最高にエキサイティングじゃないっすか?ってとこがすごく気に入りました。
    井の中の蛙大海を知らず、ってやつだね。
    エキサイティング、いい言葉だ。

    牛のように図々しく進んでいきましょう。

  • 一巻を読んだとき、
    これは私が一生好きな本になる、と確信しましたが、
    毎回すこーしだけ、不安がある。
    別の展開が来たとき、イチさんが、
    私の思っていたイチさんでなくなったらどうしようかしらって。
    ある意味の恋です(笑)
    それでもって、イチさん以上に、
    ハルさんは普遍的な天使だから、
    一点の曇りもなく、恋しています(笑)
    いつ読んでも、ハルさんみたいな女性になりたいって思う。
    そして三巻まで来て、やはり少しもブレはありませんでした。
    イチさんとハルさんに永遠に恋すること、確定。

    「いい医者になりたい」ブレない志。指針。
    そこにたどり着くまでの道や哲学に、
    迷いや修正があったとしても、
    絶対に変わらない芯の部分がある。
    これは、医者でなくとも、誰でも、
    そうありたいと願う理想の姿ではないかと思います。
    何も、常に完全である必要は無いと思うし、
    不完全なのが人間なのだと思うのです。
    今までの医療小説にはあまり見られなかった、
    迷いだらけ、足元は不安定、哲学は揺らぐ、
    そんなイチさんの姿に私は完全に惚れました。

    今回、イチさんは一つの選択をします。
    正直「そうかあ、、、」と、多分、
    言うならば新藤先生に近い顔をしていました。
    私は単純に、ずっとそこにいるんだろうな、と思っていたから。
    でも、絶対に間違っていない。
    彼が他者に言い聞かせる姿に、私も納得しました。
    そして、帰ってくるときには、
    とうとう「スーパー☆イチさん」になっているのでしょうか(爆笑)
    その日がとっても楽しみです。

    その一つのきっかけを作った女医様。
    新藤先生ですら、登場当初は「うお、、、」と、
    よくわからない拒否反応を示したものですが、
    彼女については、それ以上に「うおおお、、、」
    という感じで、ひたすら唸っていました。
    この本は「神様のカルテ」なのだから、
    間違いなく彼女にも抱えているものがあるはずだ、
    ただの悪者が出てくるわけが無いのだ、
    と思いながらも、核心に触れるまでは、
    なかなか受け入れられなかった。
    イチさんが正しいのだ、本庄病院が正義だ、
    半ば意地になっている自分がいました。
    でも、イチさんと同じタイミングで頭を殴られました。
    ぼこんっと。
    私は、人間として本当に未熟なもんだ、
    と少し反省するに至りました。

    イチさんの人間らしさのために惚れたこの本ですが、
    散りばめられている道徳的メッセージは、
    まるで神様からの贈り物のように思うのです。
    夏川さんは聖人なのでしょうか。
    そんな風にすら思ってしまいます。

    最後にまた、新たな物語を感じさせる再会がありました。
    四巻も期待していいのでしょうか。
    兎に角、「おかえりなさい。」

  • 面白かった。
    続きが出たら読まなければ。

  • 1も2も読んでいるが、屋久杉くんの事をすっかり忘れていた私…


    キャラ読みも出来るライトな作品ではあるが
    風景描写や、心理描写も独特な文体で美しく描かれているし
    何より、作者自身が医者であるため、医療現場の問題をリアルに、更に読み手にわかりやすく伝えてくれているのが良い。


    そして、一止とハルの関係は心が温まります。


    まだまだ続くであろう本作の最終話が、病気になったハルを一止が診る、お涙頂戴的ストーリーにならない事を祈る。

  • 生きてくってのは たいへんのれんぞく。

    ただ 
    一緒に笑える誰かが
    いるといないとでは
    いろいろ違ってくんだなぁ。

  • 手元にやってきた1冊の本にまたもや感動させられました。
    毎回、神様のカルテを読む中で、著者が一つ一つの言葉を大事にされておられる、そんな風景描写に感動させられます。
    今回も365日忙しい本庄病院に新しい内科医としてやってきた小幡先生。諸問題もありながら、一止先生を中心に馴染んでいかれる姿が微笑ましかった。
    一止の同僚や先輩先生や看護師、島内老人など患者さんにも愛されてるからなんだろうな!いつものハルさんの気遣いも素敵。
    次回は、きっと、大学病院での活躍が新刊となって出てくるでしょうね♪楽しみです♪

  • 古く美しい情緒漂う日本が溢れている、シリーズ第3弾。

    崩壊寸前、いや既に崩壊してしまっている地方救急医療の現場で、
    葛藤がありながらも、誠実に患者に向き合う主人公。
    恵まれた仲間の中で、別れも経験し、それでも前向きにやってきたつもりであった。

    本作品では、本庄病院の医師体制に変更があり、新しい医師も迎える。
    その医師のキャラもまた強烈である。
    新しい医師との出会いによって、主人公は
    自分が今まで現状維持が精一杯で、向上心を持ってきたのかどうか疑問を持ち始める。
    前を向いていたどころか、立ち止まって下を向いていたのではないか、そんな不安の中、空を見上げる瞬間が彼に決断をさせる。

    シリーズも3作目となればダレてくるものだろうが、
    そんなことはなく存分に読ませる力が素晴らしい。

  • 小気味いい。
    毎回出会うキャラクター、別れるキャラクターが中心となり、主人公一止の心をノックし、それに揺れながら、妻のハルや変わらずそこにある自然に包まれながら、一止の真摯な生き様が展開される。
    それらの調和とテンポの良さが本当に印象的なシリーズ。

    今回も出会いあり別れあり試練ありの内容。
    最後の東西さんや大狸先生からの粋なはからいに感動。

  • 真剣に取り組んだ結果、間違えていたとしたら、安易に責めるのではなく全てを受け止められるといい。

    このシリーズを読むと、真摯に生きることを考えざるを得ない。

  • この文章に慣れてきたのか、1ではそんなにおもしろいかなあと思ってたけど、2では泣かされ、3は面白くてお腹いっぱいな感じです。

    東西主任の過去、小幡先生の登場、島内老人の診断。
    そして随所にでてくるハルとの温かいやり取り。
    こんな温くて、支えあう夫婦でありたい。

    たくさんの素敵な言葉が詰まった一冊。
    新たな道に進む事になった一止の今後も楽しみです。

  • 「医者をなめてるんじゃない?自己満足で患者のそばにいるなんて、信じられない偽善者よ」。美しい信州の情景。命を預かる仕事の重み。切磋琢磨する仲間。温かい夫婦の絆。青年医師・栗原一止に訪れた、最大の転機。
    「BOOK」データベース より

    3作品を通していえることだが、会話がとても小気味良い.
    医師の人の命に対する真摯な態度に、心打たれる.自分は医師ではないけれど、自分の仕事に対して真摯な態度で向き合っているだろうか、新しい地平を追い求めているだろうか、今一度反省する気持ちになる.
    前向きな選択をした栗原医師に拍手を送るとともに、わが身を振り返って一歩踏み出そうと思わせてくれる一冊である.

  • 三冊目もとてもよかった。ハルにないしょでデジカメM9Pを買い、
    それが届いて箱を開けたハルがあまりの驚きに声も出ず、
    そしてそれが栗原先生からの贈り物だと知り、
    腕につかまって甘えるところなんて今までちょっとなかった感じでよかった。
     栗原先生が何も言わなくてもその気持ちを汲んで先回りのできる(それもいつも穏やかに)ハルはすごいなと思う。
     自分は一人で重い機材を抱えて撮影の旅にでられる、その芯の強さ。憧れる。

     東西さんの高校のときの担任の先生が運ばれてきたくだりもよかった。

     乾診療所での集まりも好きだ。東西さんが先にいて(インフルエンザで休んでいたのに)、
    手伝いに栗原先生が行き、東西さんがいることに驚き……、
    一見人とあまり関わらないような栗原先生が
    看護士とも信頼関係が築けていて嫌味なのか苦言なのかわからないような言葉を双方楽しんでいるのがわかるのがいい。
     
     栗原先生の大きな決断があったので、まさかここで終わり?と一瞬ドキドキしてしまった。
     そのことを先にハルに話していたところもいいなと思った。

  • 物語が続くというのは、しあわせなことだ。

    月に一度の雑誌や、数ヶ月に一度の漫画の単行本を、焦れるようにして心待ちにするような、時間の感覚は薄れて久しくて、待ちきれなかった1年一度の新刊も気づけば数冊過ぎているようなこの頃。
    文庫派の自分が、文庫化を待てずに買って読んでしまうのが『神様のカルテ』。

    医療という行為も、生きるという営みも、ただただ凄いなあと感じるばかり。
    悲しさと、幸福感のバランスが上手で、読者に優しい。この物語の展開に関しては、信頼を寄せ切っている。闇雲に、悪いようにはならない。
    屋久杉君の銀河系の話がとってもよかった。

    続編だって丁寧に作れば悪いようにはならないんだ。
    もう、期待して「4」を待つ心地でいる。

  • 医師としての専門性を多忙な臨床の業務の中でどう維持していくかということがひとつのテーマとして提示されている。
    それ以上に、現場で消耗しながら働き続けている医師をはじめとする医療従事者への応援歌としての気持ちが全編を貫いていると思う。
    また、アルコール関連の患者に対する厳しい目を表現しながらも、酒宴や飲み会の場面が丁寧に表現されていて、よほど作者はアルコールを好きなんだろうなと感じざるを得ない。
    3冊のシリーズの中で一番読み応えがあったと思う。
    それにしても、それぞれの場面で表現される風景描写には恐れ入った、小説とはなんたるかを知らしめるものだ。

  • 医者にとって大事なことは、続けることだ。

    栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で働く内科医である。新しい内科医として本庄病院にやってきた小幡先生は、内科部長である板垣(大狸)先生の元教え子であり、経験も腕も確かで研究熱心。一止も学ぶべき点の多い医師だ。
    しかし彼女は治ろうとする意思を持たない患者については、急患であっても受診しないのだった。抗議する一止に、小幡先生は「あの板垣先生が一目置いているっていうから、どんな人かって楽しみにしてたけど、ちょっとフットワークが軽くて、ちょっと内視鏡がうまいだけの、どこにでもいる偽善者タイプの医者じゃない」と言い放つ。彼女の覚悟を知った一止は、自分の医師としてのスキルに疑問を持ち始める。そして、より良い医者となるために、本庄病院を離れる決意をするのだった 。

    夏目漱石が本で書いた一文が度々用いられる本シリーズだが、毎回どの言葉も勇気と元気が出てくる。
    前向きになれる。

    1巻、2巻が嵐の櫻井くん主役で映画化された背景があるからか、3巻では紅白で歌う嵐が描かれている!
    そんな著者の粋な計らいに、物語全体から滲み出ている人への優しさを感じた。

  •  古狐先生が亡くなった後に、古狸先生の昔の研修医である小幡先生という女医さんが入ってくる。
     医者からお酒を止められても、意志が弱くて飲んでしまう患者の診療は「時間の無駄」と言い切り、しっかり最新の文献を読んで、論文を書いている。
    しかし、本気で病気を治そうとしていう患者には徹底的に易しい。
     すごく極端過ぎて、本庄病院内でのいざこざも巻き起こす。
     しかし、その原因が自分の御主人に対する誤診であり、膵臓がんを発見出来なくて、半年放置したために死なせてしまったという後悔から来ているとわかった時には、辛さを共感出来ました。
     そして、とにかく医者は最新の知識を身に付けていないと、患者に対して真剣じゃないという、言葉にインパクトを受けて、栗原先生は大学の医局に入って、最新医療を学ぶ決意をする。
     多分、「神様のカルテ0」に描かれているだろう、医局での出会いや、栗原先生の今後が楽しみです

  • 今作も面白かった。また笑わされて、癒されて、泣かされた。
    登場人物が素敵。
    ハルさんと一止の関係いいなぁ。
    二郎の手術待ちをしている医師たちがかわいかった。

  • 前作が感動的だったのに対して、今回は人生訓が多い気がしました。ただその人生訓が今の自分にピタリと合わさる部分があり、勝手に勇気付られました。
    シリーズを一貫して言えるのですが、五感に訴える文章が多く、臨場感があり、テンポ良く場面が切り替わって行くので読んでいて飽きなかったです。
    物語の所々でタイミングが良すぎると感じる部分がありました。それがなければ満点でしょうか。

  • 3へ入りました・・^^

    イチさんの真摯な生き方・・医者の道を貫き通すための決断・・
    読後感の良さは、いつも通り。
    夫婦の何気ないやりとりに、ほんわかとなりますね!
    エピローグで、イチさんが読書三昧になれてここでも、ほっ・・

  • 同僚に、「○○さんに、どうしても読んで欲しい。」と押しつけられました。
    ドラマ?映画?にもなっていた「神様のカルテ」の3巻です。

    読み終わってしまった。残念。もう少し続きが読みたい!


    内容については、私がレビューするまでも無いので、人が書かない私的感想。

    ・やたらと旨い日本酒が呑みたくなります。
    ・夏目漱石の「こころ」をはじめ、登場する書籍が気になってしかたがない。
    ・医師を目指す人達は、これほどまでの知識を持つのが普通なのだろうか?
    ・遥か昔、移動過程で通り過ぎただけの信州に再訪してみたい。
    ・私的には東西さんが気になる。

    以上!!

    貸してくれた同僚に感謝!

  • 2を読んでからだいぶ時間が空いていたので、すっかり忘れていたらどうしよう、と心配だったけど、読みながらどんどん思い出した。
    林檎が好きな女医さん、小幡先生。
    生きる努力をしない患者は容赦なく切り捨てる。知識の無いことは罪だ、と栗原に言い放つ。なんて恐ろしい!と思っていたけど、過去に自身の夫を担当し、誤診で亡くしたことが明らかに。
    常に先へ先へ、と知識を詰め込み、人知れず栗原を助け。
    医療現場の様々な人の信念に心を打たれた。
    さりげないけど心を温める名言がたくさんあった。
    改めて、お医者さんに感謝。

  • 救急医療の厳しさの中で、人間味豊かに荘厳に生き抜く栗原との周りの人達の温かさ。読書への興味にも誘われ、若者に手渡したい本かと思いました。やけにコーヒーと煙草が出てくるのが気になりますが、これも救急医療の厳しい現実の中で医師が身を削って立ち向かい続ける現実の姿なのかもしれません。

  • 医者という者は自分の時間を削って患者と向かい合って共に喜び悲しむだけではただの無能の医者である。自分から生きよう、治ろうとしている患者には常に最新の医療技術を提供できる医者でなければならない。それには医者の尋常ではない努力が必要であろう。改めて医者が先生と呼ばれ聖職者であると言われる拠所を見た気がする。

全571件中 1 - 25件を表示

神様のカルテ 3を本棚に登録しているひと

神様のカルテ 3を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神様のカルテ 3を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神様のカルテ 3を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様のカルテ 3を本棚に「積読」で登録しているひと

神様のカルテ 3の作品紹介

「医者をなめてるんじゃない?自己満足で患者のそばにいるなんて、信じられない偽善者よ」。美しい信州の情景。命を預かる仕事の重み。切磋琢磨する仲間。温かい夫婦の絆。青年医師・栗原一止に訪れた、最大の転機。

ツイートする