探検隊の栄光

  • 40人登録
  • 2.53評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 荒木源
  • 小学館 (2012年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863407

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

探検隊の栄光の感想・レビュー・書評

  • 80年代、「あ!あれはなんだ?!」の台詞も高らかに、探検隊が秘境に踏み込み
    奇想天外な冒険を繰り広げる某番組を心待ちにしていた男の子たちには、
    懐かしさがこみ上げる本かもしれません。

    テントに侵入し、襲いかかるサソリ!(ただし、ゴム製)
    頭上から飛びかかってくる蛇の大群!(ただし、竿に括り付けた籠の中から)
    洞窟の奥に出現する、頭を3つ持ち、金色に輝く伝説の大蛇、ヤーガ!
    (ただし、コブラとニシキヘビを束ね、カラースプレーで着色した手作り品)

    番組を盛り上げるためになら、多少の(というより、最大限の?)演出は厭わず
    自分達を人質として拉致した反政府ゲリラまで巻き込んで
    胡散臭さ満載の映像を撮りまくる探検隊に、クスクス笑いっぱなし。

    戦闘服を脱ぎ、急ごしらえの腰蓑を巻きつけて撮影に協力してくれたゲリラのため
    ハリボテや撮影用の照明機材を駆使して、警官隊と戦い始める彼らの
    ほとばしるような情熱の行先がいったいどこなのか、
    本人たちにも読者にも、だんだんわからなくなってくる狂騒ぶりが、
    いかにも荒木源さんらしい。

    そんな時代の熱を、彼らのその後も交え、可笑しく、そしてほろ苦く描いたことで
    『アメリカン・グラフィティ』ならぬ『昭和のテレビクルー・グラフィティ』と
    副題をつけたいような作品に仕上がっています。

  • あの伝説の探検隊番組のパロディ小説かっ!と思いきやっ!
    「本当はいない動物」であっても「ウソの大発見」であっても、それを撮っている間、それは紛れもない真実だったのだ、彼らにとっては。
    「嘘だぁ~」「ありえないな~」といいながらも家族みんなで見ていたあの番組。
    きっとあのうそ臭さの後ろにもこんな「真実」があったのだろう、きっと。
    テレビがみんなの夢と希望の星だった時代、その番組に命をかけた男たちのロマンがここにあった。

  • 何か名作の手前まで来ている。テレビによるヤラセの探検隊っていうのはまあまあ面白いテーマだと思う。撮影シーンは本当に面白い。
    しかしその後の展開には全くリアリティがない。そもそも登場人物の心情描写がほぼ皆無なので共感とかがない。緊張するシーンにも緊張感がない。緩急なし。ずーっとあらすじ書いているだけ。余剰なものをそぎ落として説明している感じ。
    その割に文字数が多い。かぎかっこ付けの台詞が少ないので、見開きの文字数は作家の中でもピカ一なのではないか。
    そもそも登場人物が8人?とか出てくるにも関わらず、それぞれの人間の設定を、テレビ局入社から描こうとする。読み切れない。
    あるページの次をめくったら「解説」って書いてあって、「へっ!?おわり!?」って声が出たくらい唐突に終わった。
    総合的に見て惜しい。

  • 人生とはどう転ぶか分からないものです。本書のように日本の探検番組のスタッフが海外に行き、反政府ゲリラと一緒に番組を作るということだってあります。
    全力で自分たちの目標に向かって突っ走る登場人物たちの情熱と、徐々に芽生えていく絆が魅力的です。

  • ■どこまで行っちゃうの?ってぐらい深く深くこだわりの世界に入っていくのと同期するかのように誘拐犯グループとの意思疎通が深まっていく。そしてその結果...。

    ■って、そんなストーリー。軽い文体と軽い展開が重たいテーマを支えてるような。なんとも不思議な感じ。

  • コメディなのかシリアスなのかどっちつかずな感じで最後まで。。。

  • いまや伝説?の「川口浩探検隊」をベースに、
    ウソかホントかのインチキ撮影秘話?を軸に、
    探検隊(撮影隊)を拘束した現地ゲリラとの
    奇妙な交流が展開されるお話は、
    題材としては、面白ぃ…はず…。

    でも…、
    何となく、どっちつかずな感じのお話だった。
    正直に言えば、期待外れな展開だったかな~。
    もっと、ユーモラスに徹すればよかったのに。
    ちょっち、残念な作品ですた…。

  • 懐かしのあの探検隊番組のパロディかと思いきや、撮影中に反政府ゲリラの人質となる。命を奪われても仕方のない状況で、撮影を継続させて欲しいと訴える撮影隊。インチキと解っていても番組に命をかける撮影隊、ゲリラもゲリラの信念に命をかける。国も育った環境も思想も違う両者が、しだいに理解し合い、いわゆるストックホルム症候群のような関係になっていきます。お互いに命がけなのに、どこかコミカルで、ほろ苦く、探検隊番組をうまくベースに利用しているなと感じます。

全8件中 1 - 8件を表示

探検隊の栄光を本棚に「積読」で登録しているひと

探検隊の栄光の作品紹介

時は80年代。伝説の大蛇ヤーガを探し、密林を彷徨うテレビ番組クルーが、ゲリラに遭遇した…。スリル!笑い!男のロマン!に満ちた目眩く冒険譚。

探検隊の栄光はこんな本です

探検隊の栄光のKindle版

ツイートする