こんなにも優しい、世界の終わりかた

  • 1049人登録
  • 3.50評価
    • (47)
    • (88)
    • (77)
    • (35)
    • (9)
  • 103レビュー
著者 : 市川拓司
  • 小学館 (2013年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863513

こんなにも優しい、世界の終わりかたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年末というのは不思議なものです。
    毎年、こういう作品を偶然に引き寄せ、
    いつもなら斜に構えてしまう事柄を
    スポンジのように吸収し、素直に受け取らせてくれます。

    今年の年末も結構な大号泣となりました…。

    あるとき世界が灰色の雲に覆われ
    天からヤコブの梯子のような青い光線が降り注ぎ
    その光に覆われてしまうと、何もかもが動きを止め
    時間を止めてしまう。

    世界の終わりが迫ってきた時に、
    一番大切な人のために、命を懸けて会いに行く
    主人公の旅の物語。

    争いや略奪ではない、終末。

    優くんや雪乃さん、
    そして洋幸のような人々が多数派になれば、
    こんなにも優しい風景が広がるんですね。

    色々なことを気付かせてくれる青い光。
    私たちの星の時間が止まったとしても…
    不幸というより、かえって良いことのように
    思えるから不思議です。

    青い光でこの世界は終わりになるのかもしれないが、
    切羽詰まったところからではの私たちの誇りを、
    思う存分見せてもらえた一冊です。

    優くんとお父さんの会話が沁みます。
    素敵な親子を堪能しました。

  • 久しぶりの市川さん。

    最近はもうめっきり読んでなくて、感覚が鈍ってきたけどなんかうすーくなった。
    独特さというか、オリジナルな感じが鈍い。
    ライトノベルにさがったかんじ。

    それは自分のせいかもしれないし、違うかもしれない。
    フィクション。
    世の中のおわり。

    わたしは誰に会いに行くんだろう。

  • いまいちだな。ノスタルジーにひたりすぎだし、終わりも何なのかよく判らないし。

  • 泣けたね~死に別れた子供の下りで

  • 世界の終焉は青い光に包まれて・・・
    幻想的でひどく甘美な終末、光に包まれた凍る人々の表情も優しい。
    希望だろうか?作者の優しい姿勢が存分に伺える。
    10年以上もお互いに想い続けた恋人のもとへ・・・・ひたすら前へ前へと歩む青年の物語は、家族や様々な人たちの愛を描きながら、真っ直ぐで力強い。
    変わり者の父親、早くに亡くなった母の想い出、すべてが優しい。
    父が背負って走るシーンはただただ、静かに泣けた。

  • 完全にファンタジーだと割り切れると面白いのかもしれない。けど過去の少女との出会いや絵画教室での友達との思い出はかなりリアルなものであるから少し齟齬を感じなくもない。言葉の表現が非常に綺麗なので全編世界観に浸りながら、没頭することができた。

  • 世界の時が止まっていき、滅びようとしている極限状態の中での、人間の愛を描いた作品です。
    不器用な性格で今までどうしても思いを告げられなかった男が、世界が終わるその前に彼女と話そうと旅をします。

    世界が終わるとき、人は自分の大切な人のために生きる。
    自分の行いを悔いたり、大切な人を後押ししたり支えたり。たとえ時が止まっても傍にいたり。

    世界の終焉を描きながらも市川さんらしい優しさが溢れた作品です。

  • 青い光というのがよく分からなかった。
    ファンタジー小説と解釈すればいいのか。
    時間が前後し過ぎて、後半になるにつれて今なのか昔なのか混同するし、主人公2人が学生なのか大人なのかもよく分からなくなる。
    市川拓司自身のこともところどころ投影されているように思う。

  • いつもミステリーばかりでどんでん返しなどを好む自分としては、珍しい感じの本を読んだ感じがします。(息子が図書館から借りてきたもの)
    それでもなぜか引きつけられて、最後まで目を離せられなくなりました。そして、読んで、何だか心がキレイになったような、愛について真剣に考えたいような、そんな気分になりました。涙を流すまでには至りませんでしたが、優と彼女が最後に出会え、結ばれた辺りは、ホッとした気持ちに。好きな人と二人っきりでいられることほど幸せなことはないんですよね。

  • 世界が終わる。
    この言葉から想像されるパニックとか、悲愴感みたいなものはこの話にはなく、ただただ優しい。
    自分がこの状況になった時に、会いにいきたい、もしくは一緒にいたいと思える人がいたら、それはいい人生なんじゃないか。そう思える。
    愛とは良いものだと感じるお話。

全103件中 1 - 10件を表示

市川拓司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
辻村 深月
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

こんなにも優しい、世界の終わりかたに関連する談話室の質問

こんなにも優しい、世界の終わりかたを本棚に登録しているひと

こんなにも優しい、世界の終わりかたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こんなにも優しい、世界の終わりかたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こんなにも優しい、世界の終わりかたの作品紹介

小説を読んで最後に泣いたのはいつですか?

いまさらながらに、みんなようやく気付いたのかもしれない――もとより、ぼくらに残された時間なんてそんなになかったってことに。

放射線のような青い光――地上にそれが降り始めた日から、世界が終わり始めた。ひとも獣も、鳥も木も、土も水も、すべてが青く染まり、動きを止めた。
「ぼく」は世界が終わる前に「彼女」のもとへと旅立った。最後の電話で、彼女は怯えていた。「お母さんの具合がすごく悪い」そして「もう、町には誰もいない」。ぼくは、ならば「ぼくがそこに行くよ」と彼女に約束した。
彼女の住む町まで直線距離で500キロ。青い光を逃れ、ぼくは彼女に会うことができるだろうか。彼女の町はそれまで、青い光に染まらずにいられるだろうか。

『いま、会いにゆきます』『恋愛寫眞 もうひとつの物語』『そのときは彼によろしく』と、累計250万5500部に達するベストセラーを連発した著者による、久々の書き下ろし作品です。著者自身ホームグラウンドと語る小学館での市川作品、今回も期待を裏切らない仕上がりです。恋人への愛だけでなく、親子の愛、そして友への愛と、たくさんの愛が描かれた最高の愛の物語を、ぜひお読みください。

こんなにも優しい、世界の終わりかたのKindle版

こんなにも優しい、世界の終わりかたの文庫

ツイートする