史上最強の大臣: THE CABINET2

  • 196人登録
  • 3.75評価
    • (19)
    • (39)
    • (18)
    • (5)
    • (4)
  • 41レビュー
著者 : 室積光
  • 小学館 (2013年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863568

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

史上最強の大臣: THE CABINET2の感想・レビュー・書評

  • 二条内閣ふたたび登場。詰め込みの点数至上教育ではなく、個々の得意技を見つけて伸ばす教育改革に拍手。学校教育が本当にこうなったら良いのにな^^ 北の将軍さんの長男のその後や、コードネーム『太郎』の正体もわかります。

  • 前作で、大いに驚かされた「史上最強の内閣」の続編、「史上最強の大臣」が出てました。

     政治に対し、「こうだったらいいのに!」と思う所を見事に小気味よく、フィクションにしています。今回は教育問題です。やっぱり北朝鮮も絡んで来ます。

     前作を読んでいるので、前ほどの驚きはないものの、スッキリ、バッサリ、しがらみに関係無く勧められるストーリーは、読んでいてスッキリします。

    まあ、映像化は無理でしょうね。(あらゆる方面から、クレームが入る。)
    今の日本、こう言うスッキリする話を、欲していると思います。

    同僚に借りましたが、コレは買ってもいい。

    前作のレビューは以下に
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4093862907

  • 命を賭して教育に情熱を注ぐ。命をかけてまでする教育が良いかはわからないが、教育者とは50年先70年先に生徒に「ああ あの時先生が言ってくれたから良い人生だったな」と評価されるのだろう。目先の出来事に左右されるのではなく、将来の姿を考えて教育するのだ。植林みたいだな。自分の代には小さいが孫子の代で初めて立派な木になる 森になる。

  • 史上最強の内閣も面白かったので、この本も読んでみました。前作はとにかく痛快という感じでしたが、今作は反対のための反対をする野党等、全く現実と同じで考えさせられる事もあったなぁ…

  • 内閣を読んだのが随分前なのであんまり覚えてないや。期待しすぎたらだめかもしれない。

  • 右も左もよくわかる。

  • 日本にはいざという時のための一軍内閣が京都に控えていて、その最強内閣が北朝鮮問題で大活躍するという『史上最強の内閣』の続編。新門文部科学大臣による大阪府の教育改革がメインテーマ。面白くないわけではないのだが、前作ほどのインパクトはなかった。
    あと、左翼系の人たちの硬直的な考え方を批判したい気持ちはよくわかるのだが、逆に著者の左翼理解があまりに硬直的でちょっと白けてしまった。なんでもすぐに軍国主義に結びつけたがるとか、北朝鮮にシンパシーを感じているとか、あまりにステレオタイプな左翼描写が頻出するが、一昔前の左翼ならともかく、現代においてはまったくリアリティがないと感じた。新門大臣の教育改革に対して、格差拡大批判があるのはまだわかるが、それを軍国主義に結びつけるのは、現実には流石にないだろうと思う(現に安倍政権の道徳教育強化の動きについても、軍国主義の観点からの批判はほとんど聞かない)。前作でもそういう傾向はみられたが、本作では、それがさらに強まっているように感じて、その点で小説としての面白さより興ざめ感が勝ってしまった。

  • 民主党や左翼に対する皮肉が効いている。
    鷹山、菅内、与田、万国、堀越。。。
    いっそのこと、本名書いた方がすっきりした。
    読み替えるのが面倒だった。
    影の内閣が理路整然としている。
    反対のための反対をする野党やマスコミには飽き飽きなので、気持ちがよかった。

  • ちょっと難しい。

    私が教えてもらった学校の先生って熱心な人が多かったな。

    最近の情報番組はひどいのがあるな。それで大阪都構想つぶされたもん。
    本書のモデルのニュースキャスターって古館さん?!(全然、報道ステーション見たことないからわからんけど)

  • ううう・・・新門大臣・・・
    「内閣」ほどの痛快さはなかったがひとりの「大臣」にスポットを当てた作品でこれまた非常に面白かった。
    あやうく降りる駅を忘れてしまうほどに。
    一軍内閣がしょっちゅう東京に下るような事が起こるような作品だったらそれはある意味SFで、だんだん面白味が薄れてしまうかもしれないが、一軍内閣が影のままで大臣が活躍するという話になっていたので、とてもうまいなと思った。
    この調子で出来れば墓の大臣たちも活躍するような話で続編がどんどん出てくればいいなと。
    水商も読んでみたくなった。

  • 史上最強の内閣の続編。
    1軍内閣が大阪の教育改革に乗り出す。
    ご都合主義,キレイ事何でもありだが,こんな世の中なのでこんな話があってもいいではないか。

  • 教育と戦争について考えるいいきっかけになった。
    本書の大阪教育改革の中で実践されている、個人の能力を伸ばす授業が、実際に日本のあちこちで実践されたら勉強の意味も変わってくると思う。
    学歴社会への疑問に拍手。

    他の大臣の活躍も見たい。

  • 今回は教育問題を考える。

    いろいろ情勢の説明や思想が長々と話される。
    これがないと話が進まないからしょうがないけど・・・。

    シンちゃん頑張ってかな。

  • 今回は教育がテーマ。
    4歳になる娘がいるが、間違った固定観念を植えつけないようにこの小説を教科書にして自分自信もっともっと勉強しよう。

    続編待ってますよ

  • 今回は教育問題。その中でも、歴史認識については、よく書いたな。と思わせる。

  • 自分自身の
    観点視点のモノサシなんて
    短いんだから杓子定規に
    決めつけない。
    押しつけない。
    フレキシブルに。

    見聞は広く。

    政治家や評論家だけじゃなく
    全ての人への戒めだね。

    もちろん私も。
    まだまだ未熟…。

  • 史上最強シリーズの第二弾。現実の政治世界と違った芯がブレない政治が気持ちよい。今回のテーマが教育なだけあって、さまざまな「思想」がある中で、子どもの将来を見据えた教育方針には考えさせられることが多い。ゆとり教育に対する痛烈な批判を読者がどう受け取るかは興味がある。さまざまな意見があると思うが、最後のビデオメッセージには深く考えさせられる。そうそう表に出てくる内閣ではない話ではあるが、また次回作にも期待したい。

  • 文庫になるのを待ちきれず図書館で借りて読了。主張の中には受け入れられないものもあるかもしれないが、わたしはほぼOK。短く感じたくらい面白かった。気になったのはニュースキャスターのモデル。それぞれの登場人物にはっきりわかるモデルがいるのでついこの人も報道ステーションのキャスターに頭の中で置き換えて読んでいたが、最後で東大卒になっていたので、おや?違うかなと。名前からはもうひとり思い当たる人がいるのだが、キャラクター的にはぴったりなので、このままで。テレビ朝地だしね。

  • 今回は教育がテーマ。だがそこには日本がその歴史の中でどういう教育をしてきたか、そしてその結果として現在の日本が抱える問題点を多方面に語っている。
    何はともあれ先ずは一読いただきたい。必ずや満足出来るはずだ。序盤の週4日制や給食無償化の話からして楽しかった。
    多分に名前が想像つく(本人の主張は知らないが)某ジャーナリストの論調も昨今のネット炎上などの批判先を探しているような、もっと言うと叩ければ何でもいいような風潮をシニカルに表現している。

  • 図書館より。
    ようやく読了。
    面白いんだけど、内容が濃い!
    自分に子供が出来たせいか、教育問題は非常に興味がある。こんな大臣が御旗は振って教育問題に取り組んでくれたら、子供も将来は明るいかも。
    こうあって欲しいと思う私は右翼なのか?←右も左もよく分からないけど(笑)

  • 前作と合せて。
    これは面白いねん。
    作り過ぎの感は勿論否めないのだが、現社会へのこの人の一言がうんうん、そうやねん、と頷かせる。
    今回は、教育論。
    教師は読むべし。
    政治家も読むべし。

  • 前作に比べると、スケールダウンした感は否めないかも。それでも教育という内容に焦点が当てられていて、実際にもそうだったらと面白く読めた。

全41件中 1 - 25件を表示

史上最強の大臣: THE CABINET2を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

史上最強の大臣: THE CABINET2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

史上最強の大臣: THE CABINET2を本棚に「積読」で登録しているひと

史上最強の大臣: THE CABINET2の作品紹介

史上最強の内閣、大阪の教育問題を斬る!

書店員さんの支持率100%! ベストセラー『史上最強の内閣』が涙の完結か!?
北朝鮮の核ミサイル問題を収め、京都に帰った二条内閣。彼らのもとに、全国学力テスト最下位に悩む大阪府知事がやってきた。府知事のたっての依頼で、二条内閣は裏方として教育問題に取り組むことにした。しかし、京都御所に忍者が放たれ、閣議の会話を盗聴されてしまい、二条内閣の大阪府への協力が白日の下となる。しかも、テレビのニュース番組で、二条内閣は軍国教育を推進させていると猛烈な批判を浴びる事態に発展。さらには、全団連なる怪しい団体まで登場し、大阪は一触即発の事態に。果たして、史上最強の内閣の行く末は?

史上最強の大臣: THE CABINET2はこんな本です

史上最強の大臣: THE CABINET2の文庫

史上最強の大臣: THE CABINET2のKindle版

ツイートする