遺産 THE LEGACY

  • 186人登録
  • 3.71評価
    • (19)
    • (32)
    • (30)
    • (4)
    • (2)
  • 37レビュー
著者 : 笹本稜平
  • 小学館 (2013年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (550ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863643

遺産 THE LEGACYの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まあ、面白かったし、盛り上がる部分もあったけど、全体に長く、時間の流れも緩やかなので、読むペースは上がらなかった。題材としては、珍しく、貴重な小説だとは思う。

  • この作者は好きで、だいぶ読んでいる。この本も夢があって
    スケールも大きく面白かった。一時、その夢が消えかかって
    残念に感じたが、最後はハッピーエンド。このたぐいの作品は、終わりはこうでなければ、つまらない。この所多忙で、読書が進まず、これも10日位掛ってしまった。これでは駄目!!

  • 「山」の笹本稜平が「海」を書いた。

    水中考古学・トレジャーハンテイング・突然ヒーロー化される先祖との出会いなどワクワクする素材が詰まっていそうなのに、なんだか・・・軽い。
    潜ったらいきなり全部見つけちゃって、しかもご先祖様までなんて・・・。

    それでも分厚さが気にならないくらいに、一気に読まされちゃったので、良しとしよう。

    それにしても、つくづく男のロマンと言うヤツは感情的で、冷静沈着なオンナなしには成立しないのだなあと感じだ次第です。

  • やるべき仕事も沢山あったが、今日はもういいかと18時で仕事を終え、喫茶店に行き、海老のマリネとビールを注文し、本の続きを読む。

    店内の席の感覚が狭く、多少隣が気になる。右は若い男女、サークルのイベントの打ち合わせの様だが、端々で男が女性を暗に口説いている。
    左は若い女性お一人様。パスタを美味しそうにパクパク食べている。私もつられて、サーモンといくらのクリームパスタとビールを追加で頼む。

    祖父が外国船の船乗りとの伝えや、父も船の事故で亡くした、海洋学者の主人公。祖父と共に沈んだ船の情報を手に入れ、サルベージに挑む話。

    トレジャーハンターの世界が垣間見れて、興奮する。最近外国もののサスペンス物をよく読んでいたので、この本の最敵の強くなさに、最初は拍子抜けしたが、敵でも、善悪の明確な違いではなく、共感部分出来る話もあり、これが日本感覚の和文化の良いところか等とも思う。興奮も出来、楽しく読める一冊。

    この本を読みながら食べた、サーモンといくらのクリームパスタは胡椒が効きすぎてあまり美味しくなかった。

  • おっと笹本ブランド、しかも海洋小説ときたら期待するなという方が無理ってもん。ボリュームたっぷりの500P超え、こりゃしっかり堪能できるなぁとワクワクと読み始めて…

    うーん、期待しすぎたか。オモロい小説ではあるんだが、なんだかちょっと長すぎた感あり。間延びしてるねんなぁ~、ライバルの動きとかもっと単純にした方がテンポが出来て良いと思う。金の亡者は金に淫した体を徹底させないと、盟友パトロンとのキャラ分けもボヤけてるし…

    他にもリアルタイムと過去、海洋ロマンと政治の駆け引き、国境騒動と火山活動、どれもこれも詰め込み過ぎてはなんとか枠にはめようとしてるから、冗長になるんだと思う。盛りだくさんが悪影響、どうした笹本?

    まぁ、期待度が高かったからの評価。笹本作品じゃなければ☆一つは上の評価やねんけど。

  • 面白かった。夢と冒険とロマン。海洋考古学はよくわからないけど、この本を読んですごく興味を持った。400年前に沈んだスペインのガレオン船を引き揚げるなんて、本当に出来たらすごいだろうな。

  • 予測と違う結果になってなかなか面白かった。

  • 400年前の沈没船を引き上げたいという、人々の物語。
    お金と時間と根気のいる、水中考古学の難しさと現実を知る。
    先祖の話は冒険小説のようだし、ライバル会社との駆け引きは企業小説のようだし、主人公の成長物語でもある。
    ボリュームのある1冊に、さまざまな要素が詰め込まれている。
    最後はぐっときた。

  • 沈没船の引揚げを巡る物語。
    ビジネス化されたトレジャー・ハンターの実態の現実と、祖先との不思議な繋がりという空想とがバランスよく描かれている。

全37件中 1 - 10件を表示

笹本稜平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

遺産 THE LEGACYを本棚に登録しているひと

遺産 THE LEGACYを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遺産 THE LEGACYを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遺産 THE LEGACYの作品紹介

水中遺跡の発掘は、旨みのある投資対象だ。

大航海時代、スペインの軍艦を指揮する日本人がいた。
太平洋のど真ん中に沈む、マニラ・ガレオン船を引き揚げろ!
水中考古学を専攻する興田真佐人は、四百年前、祖先・正五郎とともに沈んだスペイン船「アンヘル・デ・アレグリア」号を、太平洋のど真ん中の海底で発見した。スペイン人実業家アントニオと引き揚げの計画を練る真佐人の前に、世界一のトレジャーハンティング会社「ネプチューン」のCEOジェイク・ハドソンが立ちはだかる。
恩師の田野倉教授、同期の片岡亞希の協力を得て、真佐人の“魂の遺産”獲得のための闘いが始まった。
「もう逃げないことに決めたんだ。夢も希望もこの手で掴みとる」


【編集担当からのおすすめ情報】
魂の数だけ夢があり、夢の数だけ道がある。
2013年一番の大作!
555ページ一気読み必至!

ツイートする