夏の果て

  • 60人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (10)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 岡康道
  • 小学館 (2013年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863667

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏の果ての感想・レビュー・書評

  • 身長183cm。早稲田大法学部卒。コネなし電通入社、営業局配属。営業がとにかく嫌で、難関のクリエイティブ局への転局試験をパスし、CMプランナーに。JR東日本の「その先の日本へ」キャンペーンでその年の広告賞を総ナメ。その後、部下3名引き連れ、日本初のクリエイティブエージェンシーTAGBOATを設立。酒・タバコは遣らず、スーツしか着用せず、趣味はアメフト。年間50本の映画・50冊の本・50試合のベースターズ観戦を自身に課す。先頃還暦迎えるも、ますます意気軒昂な苦みばしったミドルクリエイター。

    そう、広告業界では知らぬ人はいない御仁が書いたディテール感満載の自伝的小説はこんな話。

    19歳の時に父が5億円もの借金を踏み倒して失踪。謎だらけの父親との葛藤を縦軸に、三丁目の夕陽そのものの少年時代、学生運動鎮静後の寂寞感横溢の青春時代、バブル期の狂瀾な広告業界、友人「小田嶋 隆」への畏敬の念、トップクリエイターへの成長譚…を横軸にした、読み手によって、様々な読み方ができる小説。はたして主題である縦軸より横軸の方が面白いっていう主客転倒は、どうかと思いますが…。 赤裸々な内容でありつつも、放埓な父親と同じ血が自身にも流れているという「抗い」や「複雑な内面的葛藤」の叙述はなく、置かれた状況・現実に淡々と立ち向かうクールさで貫かれている。そう、小説の中でも岡さんは二枚目で格好いいのだ。

  • ごめんなさい、読んでいてすごく苦痛でした。
    文章にまったく魅力を感じません。
    次へ次へ、と読み進めたい気持ちも起こらず。

    CMプランナーとしては大成功されたのかもしれませんが、人に読ませる長い文章を書く方ではないと思います。

  • TUGBOATの岡さんの自伝的小説。
    これは、吉田の物語なのか。岡さんの物語なのか。

    吉田として読み進めるが、岡さんの人生は面白いなと思う。自分を中心に考えて動いてるんだが、憎みきれない存在。子どもの頃にやってたイタズラを「それ、アートだよ」と言われた時に気付いたんだけど(←これは僕の話)、イタズラってスゴくクリエイティブだと思う。イタズラ好きだった吉田も最後はクリエイターになるけど、やっぱ繋がってんだ。傲慢とも表現されてるけど、きっと誰しも生きる上では傲慢なんだよ。父や同僚、友人、かつての女性との関係も描かれてて単純に小説として読んでも読み応えあると思う。

    広告業界のことも詳しく書かれてて勉強になる。廃刊になるまで、密かに愛読してた広告批評が懐かしい。TUGBOATのCM大好きだ。

  • 電通に入るまでが僕には。。入社後は面白かった。

  • TUGBOATの岡さんの自伝的小説。この人は、実際はあの人、となぞりながら一気に読みました。

  • タグボート岡さんの自伝的小説。
    つまらなかった。代理店に入社するまでは特に。
    村上龍さんの小説のような時代背景、描写が逆に気持ち悪く全く読みすすめなかった。
    代理店に入社してからのエピソードはようやく興味が持てた。少しだけ。
    元々営業だったんだなぁ、とか。

    ただ、クリエイティブエージェンシーの成り立ちや信念などがわかったことは収穫かと。
    んー、それしかなかったか。

  • 自伝的小説らしい。本当の部分とフイクションの部分があると思うからそう思って読まないと納得できない。でもまぁ面白い。

  • ○クリエイティブ・エージェンシーTUGBOATのクリエイティブ・ディレクターである岡康道氏の著作(自伝的小説)。
    ○書き下ろしの小説ということだが、著者自身の自伝的小説でもあり、フィクションとノンフィクションが混在したもの。だからこそ、その波瀾万丈ぶりや“現実感のなさ”が、とてもリアルに伝わってくる内容。
    ○多様なテクニックが盛り込まれているでもなく素直なストーリー展開に、やや落ち着きすぎている感はあるが、それを補って余りある具体的な場面描写、主人公の心理状態の表現が、とても素晴らしいと感じた。

  • 今年亡くなった父親との関係が、重なり、興味深く読んでしまった。僕は、出来の悪い営業マンという点、父親は、母親を大事にしていた点が、全く違うが…。

  • 元電通トップクリエーター、初めての自伝的小説。
    「僕のことを好きになってくれる対象を、僕はこれから見つけなければならない」(P100)、「幸福とは不幸を回避することに近いように思っていたが、そうではない。不幸を相手に回し、充分に戦い、最後はやっつけてしまうことが、幸福なのではないか」(P173)、「コミュニケーションの能力であり、大人とはその能力が高いベテランのことだ」(P345)、「順調と退屈は似ている」(P358)が示唆に富んでいると思う。

  • TUGBOAT岡康道さんの自伝的小説。しびれた。

  • 博報堂cmプランナー

  • タグボート・岡康道の自伝的小説。

    中でも印象に残った文章。

    幸福とはどういうものだろうか。それまで僕は「幸福とは不幸を回避すること」に近いように思っていたが、そうではない。不幸を相手に回し、充分に闘い、最後にはやっつけてしまうことが、幸福なのではないか。

  • 「バブル期の広告代理店」ってもう、これ以上バブリーさはないってくらいだったことは想像できるが。
    そんなバブルの波にもまれながらも、しかも父親の意味不明な失踪のツケを背負いながらも、一本の道を歩き続けた男の人生は、小さく生きることで自分を守っている今の若者に新鮮に映るだろう。
    こんな風に生きることはできないとしても、こんな人生もあったんだ、とちょっと肩の力が抜けるかも。いや、逆にもうちょっと肩に力を入れてもいいかって、思えるかも。
    実はこれ「その先の日本へ」ってCMで各賞を総なめした方の自伝的小説。

全14件中 1 - 14件を表示

夏の果てを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夏の果てを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏の果てを本棚に「積読」で登録しているひと

夏の果ての作品紹介

元電通トップクリエーター鮮烈な自伝的小説

電通時代にJR東日本『その先の日本へ』などのCMを制作し世界各国の賞を獲得。その後、独立して日本初のクリエーティブエージェンシーTUGBOAT(タグボート)を設立したトップCMクリエーターとして知られる岡康道氏が初めて書き下ろした鮮烈な自伝的小説。
CM制作会社を経営している主人公は、幼少期に父親に連れられ佐賀県から上京。東京オリンピックに沸く池袋に育った。実業家の父親の事業も成功していたかに見えていたが、19歳のときに父親が5億円の負債を残し失踪してしまう。苦学しながら大学を卒業し、バブルまっただ中の大手広告代理店に就職する。百鬼夜行の業界を生き抜いていく主人公。仕事は成功し賞も多数獲得する。しかしその裏に暗くまとわりつくのが父親の影だった……。
「公害だ」「はい?」「公に対する害です」「もしかして、僕のことですか」「キミのことなど知らない。キミが作ったCMは公害だ、と言っているんだ」(本文より)
失踪した父親に翻弄される青年の人生を縦軸に、生々しいCM制作現場での戦いを横軸に描いた本格長編小説。
「圧倒的な主人公の人間力に引き込まれ、一気読みでした」ほか書店員さん絶賛!

夏の果てはこんな本です

夏の果てのKindle版

ツイートする