その手をにぎりたい

  • 1359人登録
  • 3.59評価
    • (75)
    • (217)
    • (207)
    • (42)
    • (2)
  • 232レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 小学館 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863735

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

その手をにぎりたいの感想・レビュー・書評

  • 話題の作家さんなので気にはなっていたけれど今回が初読み。
    選択を間違っちゃったかなぁ・・・。
    レビューの評価が割と高かったから読んでみたものの、響いて来なかった。

    バブル時代を駆け抜けたOL(この言葉自体なんか古い)と鮨って組み合わせは意外性もあり面白い。
    カウンター越しに思い続ける恋も悪くはなかった。
    でも実際にバブル世代を感覚的に知らない作家が一生懸命調べて書きましたって感じが拭えず。
    当時の流行語やDCブランド、ヘアスタイルにまで及ぶ小道具の使い方が小賢しい感じかして。
    この薄っぺらい感じがバブルっぽいと言えば仕方ないんだけれども。
    もうちょっと内面を掘り下げて欲しかったのが正直なところ。

    本来なら星3つ位の作品だと思うけれど、ラストでがっかり。
    栃木に帰るのに東武伊勢崎線はないでしょう・・・。
    かんぴょうの産地だったら違う路線だよね。
    こう言うの気になっちゃってダメなのよ。
    土地勘なければスルーしちゃうけど。
    私が間違ってれば誰か教えてー!!

    柚木さんが私に合うか合わないか他の作品も読んでみて決めたいと思います。
    辛口ですみません。

  • これは皆さんに読んでほしい名作。
    柚木麻子さん、一皮むけた気がする。
    個人的には今年上半期の直木賞候補作品だ。

    タイトルも秀逸。
    「その手をにぎりたい」というタイトルから軽い恋愛ものかと思っていたら、鮨を握る手も意味していたとは。

    1980年代のバブル発生前夜からその終焉まで、時代を象徴するエピソードに主人公青子の生きていく姿を重ね合わせながら、鮨屋の大将への切ない思いを描き続けていく。

    バブルの芽生え、謳歌、そして悲しい終焉。
    でもそれは、青子を本来の姿へ戻してくれるために必要な10年間だったのだ。
    移り行く時代と共に青子の生き様の変遷を流れるように描くタッチが絶妙。
    銀座の高級鮨屋の白木のカウンターが目に浮かんだ。
    一時そんな時代があったなと昔の自分をも思い出した。

    人は決して二つの人生を歩むことはできない。
    でも、振り返ってみて、進むべき方向を変えることはできる。
    どれほど年月が経ったとしても、別の新しい生き方を選び取ることは
    勝ち負けだけでは語れないのだ。
    青子と大将の出会いからの10年間をしみじみ回想させるラストシーンには胸が熱くなった。

  • その手をにぎりたい、って ずいぶんともっさりしたタイトル、もしかして介護現場の話かしら? と思ったら、寿司屋だってことだから、読んでみた。

    栃木から上京して大学卒業後に 地味にOL やってます、という青子、そろそろ実家に帰ってお見合いでもとなって、上司に送別祝いだと高級寿司屋に連れて行かれる。
    そこから彼女の人生が大きく動き始める。

    とまぁ、一昔前のトレンディ・ドラマのような、いや おおいにバブル期のそれを意識した 「女子暗黒の10年(勝手に命名)」の話、なんだけれど 寿司屋の場面の鮮やかさが、質感を出している。
    第一話ヅケの “市ノ瀬さん” との出会いの場面は とても清潔でありながらセンシュアル。
    いろんな意味で生唾ものです。

    作者の柚木さんは 1981年生まれだそうなので、現在 ちょうどこの物語の最後の青子の年齢と同じくらい。
    だからバブル期のことは知らないはず。
    バブルを描いてみたかっただけかもしれないが、女子の20代後半から30代前半という一寸先は闇な怒濤の10年を表現するにはピッタリな時代を選んだと思う。

    関係ないけど、その時期を優しくできなかった男は将来が惨めです。

    映像にするなら、今をときめく桐谷 美玲ちゃんか 有村 架純ちゃんがチャレンジするか?

  • なんにも知らないOLだった主人公が、ある寿司職人との出会いを機に、変わっていく物語。柚木さんの食べ物の描写はほんとうにすごい。ランチのアッコちゃんでもそうだったが、とにかく美味しそうで秀逸。
    バブル時代の街と人の変化がまた切ない余韻を残してくれる。ほんとうに握って欲しかったのはずっと手だったのかもしれない

  • 恋と仕事とお鮨に生きるバブル期OL大河小説!
    ------------
    バブル前後を舞台にして、まさに恋と仕事とお鮨に生きたOLの物語。お鮨に出会って、そのお寿司を食べるために東京で生きて行くと決め、バブルの波に飲み込まれながら、はじける泡を予感しながらも、自分の決めた道をまっとうし燃え尽きた女性の物語。
    何よりお鮨が美味しそうで、カウンターのお鮨を食べに行きたくなってしまった。恋がメインではなく、女性の覚悟を持った生き方がメインのお話で、読んでいて楽しかった。

  • これは恋愛作品として読むのではなく、バブルの時代に寿司屋のカウンター越しに繰り広げられたであろうOLの成長記録作品、が正しいような気がする。

    柚木作品には食べ物がとにかく多く出てくるのね。「ランチのアッコちゃん」は食そのものが題材だし、「伊藤くんA to E」ではデパ地下のケーキ店がキーになっている。食べ物好きだから、食の描写も気になるし、好みだ。

  • 手ってすごく大事だと思う
    温もりとか…繋いだ感じで相手がわかるっていうか…

    青子は 不器用だなぁ と
    もっと上手く生きていけばいいのに 強がってる分 さみしさは人一倍…

  • 柚木さんにしては今回はもうひとつかな・・・と思って読み進めていたけど、途中から涙を浮かべながら読む始末。私もヒロイン同様バブル期を駆け抜けた一人だ。自我を持たず、結婚前の腰掛のつもりで入社したのに、結局婚期を逃してしまい図らずも根性と言う名の筋肉がついた。いつのまにか高校時代に片思いだったY君とすれ違っても挨拶を交わさなくなった。私がジュンコシマダのスーツを着ていたからか、Y君が無精ひげに作業着だったからか・・・。そんな胸を締め付けられる瞬間を思い起こさせてくれた。バブルは多くのものを与え多くのものを奪った。そんな過渡期を過ごしたアラフィフの女性たちに是非読んでもらいたいと思う。

  • 「その手を握りたい」 柚木麻子
    コメディかと思いきや柚木さんには珍しい恋愛小説でした‼︎
    栃木の女子大を出て東京の家具メーカーで働いて3年目の本木青子は、退社して地元に帰る前に社長に銀座の高級鮨店「すし静」に連れていってもらう。そこで板前の一ノ瀬の大きな職人然とした手に惹かれ、彼に恋をする。故郷に帰ることを止め、新たに不動産会社で働き始めた青子は、座るだけで3万円の鮨屋に一人で定期的に通うようになる…。
    1983年から92年までの10年間が一章ずつ描かれ、鮨ネタがタイトルになっている。世はまさにバブル絶頂期、都心に次々と新しいビルが建ち、深夜になってもタクシーがつかまらず世遊びに興じる人々が通りにあふれている。そんな時代に青子は、持ち前の人当たりの良さと交渉力で成績を上げ、すし静に通い続ける。一ノ瀬に想いを寄せながらも青子は、同僚や広告プランナーと付き合う。この辺の軽さがいかにもバブル時代っぽい。それでも時代にしがみつき、平日休日昼夜を問わず、がむしゃらに働き、男社会の中で青子は課長にまで昇りつめる。青子の生き方や仕事内容には共感出来なくても、こうした努力には手を叩きたくなる。
    柚木作品だから当然出てくる女同士の友情、クラブママ・ミキとの関係もいい。その前の友達幸恵がちょっと痛かったから。ものすごく切ないけど、再び前を向けそうなラストも好きです(^o^)

  • お鮨とバブルでこんな濃厚なメロドラマのような、
    大人の初々しい青春のような、
    人の成長が見られる小説は初めて。

    こんなにもお鮨が美味しそうで、
    その濃厚な味と香り高いネタを食べてみたいと思ったのは初めて。
    初めてづくしの一冊でした。

    やっぱり都合良くは展開しないか…と思いつつも、
    人と人の繋がりって恋愛だけじゃなく、
    もしかしたらそれを遥かに超える心の繋がりが
    主人公と寿司職人の一ノ瀬さんにはあって、
    ほろ苦さと揺るぎない確かさが見えたのが、とても印象的でした。

    スルメのような作品です。
    最後なんども読んでしまった。

  • バブルの頃のキーワードがちりばめられていて、
    懐かしく思い出した。
    浮かれて、浮かされた時代だったのだなぁ、と思う。

    一ノ瀬の手から直接受け取った寿司を食べるというのは、
    何度出てきても、
    どんな描写よりも官能的な気がした。

    まぁ、でも、板前の手に乗せられた握りずしを
    そのまま自分の手で取るなんてこと
    しないよなぁ。

    あったら、ちょっとやだなぁ
    どんな、いい男の板前でも、やだなぁ。

    うん、一回、置こう。

    バブルジャバブル

  • そうだった、バブルってこんな感じだったな。
    高いものに価値があって、何もしない人はバカだと言われて
    私もどうも馴染めなかったな~って思い出します。

    それだけの価値がない偽物を、
    みんなが欲しがることによって本物っぽくなる。
    あれは何だったんだろう?

    座っただけで5万円の寿司屋とか、法外な値段の土地とか、
    やっぱり変な感じがするけど
    一ノ瀬さんのお寿司は「本物」に見えた。
    食べてみる価値がありそうなものに見えた。

    それを、同罪だと言う一ノ瀬さんの言葉はちょっと寂しかった。

  • 握りたいってお寿司だからね。もっとドロドロしたのかと思った。切なくて爽やかな感じが良かった。

  • ままならない恋をしたことがあるかどうかで、青子に感情移入できるかが変わると思う。
    感情移入できず客観的に見たらいやらしい女なのだろうなぁ。
    たとえその恋が実らなかったとしても、一人の人に恋い焦がれて、その人の幸せを願って出会いに感謝できるのなら、その経験は人生の財産だと思う!
    痛々しいほどに不器用な青子が愛おしいなー

  • 高級寿司屋の板前と通い詰める女性の近づきそうで近づかない絆を、バブル時代の景気の浮き沈みとともに描いた物語でした。作者ならではのリーダビリティの良さは変わらず、いつものハイテンションなノリは控えめに、シンプルに時代の移り変わりと寿司の薀蓄、そして二人の関係を描いていきます。
    時代の高揚と降下がそのまま二人の様子を表しているのは分かりやすいですが、同時にちょっとダイジェストっぽい流れに思えて、もう少し細やかなやり取りが見たいなかなと感じもしました。
    ただラストの切なさは良かったです。こちらも体温が伝わってくるようで、艶が感じられました。物語全体から食べるシーンには温度のある色っぽさが漂っているのも素敵だなあと思いました。

  • バブルの記憶が微かにあるので、
    「ああ、こんな時代だったなあ」と。

    ビミョーな年頃の女心がよく出ていた。
    仕事に没頭していても「これでいいのか?」という
    感じがぬぐえない辺り、時代は違えど共感できる。

    お鮨とそれを握る手の描写が、
    なんとも言えずエロティックだった。
    食べるってこんなに官能的な行為なんだなあ。

  • バブル前からの10年間の話なので、私よりもう少し上の世代のお話。

    すっと読めるお話でしたけれど
    主人公の青子には全然共感できませんでした。

  • 前に「ブックマーク」で紹介されていて、お鮨の職人さんと主人公の女性がどうのこうのという話らしい… ということは判っていたが、読みはじめてみると… これは"バブル"がぶくぶくとふくらんでいく時代の話でもあった。作中にも出てきたが、「ユーミンの歌詞か林真理子の『ルンルンを買っておうちに帰ろう』に出てくるような世界」(p.10)であることも、そこはかとなく感じた。

    主人公の本木青子(もときせいこ)は、栃木のかんぴょう農家の娘。地元の女子大を出たあとに東京の会社で勤めたのは、「独身時代に都会で暮らしてみたかった」(p.10)からだ。

    来月には25歳になる青子は、故郷に帰って父のすすめるお見合いをする。社長の近藤が、辞める前に「一度くらい本当に美味しいものをご馳走してやろうと思ってね」(p.9)と、青子を高級鮨店のカウンターへ連れてきた。

    お鮨といえば、お稲荷さんかかんぴょう巻かちらし寿司くらいしか知らない青子は、鮨店そのものが初めてなのだ。この「すし静」で、初めて食べたヅケの握り。若い職人の一ノ瀬から手渡されたその鮨を食べた青子はしばし口をきけず、「あの、こんなに美味しいもの食べたの、生まれて初めてで。なんだか、びっくりしてしまって」(p.14)とようやく言うことができた。

    隣であれこれ言う上司のことばに、他の客が反応して、「東京はどうでしたか?」と青子に尋ねる。

    ▼「あの、ええ、とても楽しかったけれど、水族館みたいだなあって思ってました。綺麗な人達がひらひらしてて、いつも夢を見ているみたいで、でも、どうしても自分が参加している気になれなかった…」(pp.15-16)

    それは、青子の「東京最後のお鮨」になるはずだった。だが、すし静の鮨を食べてから、何か大きなやり残しが生まれたような気がした。「もう一度あの人の握ったお鮨を食べたい」という思いで、青子は東京に残ることを決めた。

    ▼東京に残ろう、と決めた。ちゃんと話せば父も理解してくれる。今度はもう少し給料のいい会社に「とらばーゆ」しよう。三ヶ月に一度、いや半年に一度でもいいから、「すし静」に通えるだけの収入を自力で得る。時代は変わり始めている。女だって努力すれば、一人でだってあのカウンターに座れるはずだ。わからないことはあの職人に効けばいい。勉強は得意だ。誰に気兼ねすることなく、好みのネタを注文しよう。そうやって少しずつでも通い続ければ、何年かかるかはわからないけれど、いつかはあの老人のように「常連」になれるかもしれない。そうしたら、彼のようにちょっぴりわがままな注文をしよう。注文だけで青子とわかるような自分らしいわがまま。それこそが、未だに味わったことのない本物の自由の味なのかもしれない。(p.23)

    それから青子は、不動産業界に転職した。山手線の内側を中心に累計1万棟以上のワンルームマンションを建設している野上産業の営業補佐だ。ワンルームマンションの売り買いに携わりながら青子は思う。「売る側も買う側も、常に損得が頭を離れない。住まいとは心と体を休める場所なのに、駆け引きが必ず渦巻いている。誰も彼もが、なんという慌ただしい生き方をしているのだろう…」(pp.29-30)。

    上司に昇進試験を受けてみないかと言われても、言を左右にしていた青子だが、4ヵ月ぶりにすし静で食べたあと、「昇進試験を受けてみよう」と唐突に思う。

    ▼それに収入が上がれば、もっともっと一ノ瀬さんに会える。言葉を交わす機会を増やせる。ガリや光りものだけで満足したくない。極上のトロやウニを、懐を気にせず試してみたい。自分の欲望がどこまで伸びていくか、この目で見届けたい気もした。(p.44)

    女性の活躍をちょっとほめそやすような時代(でも待遇は男よりずっと低い)中で、青子は、"ジジイキラー"として営業成績をあげていく。そうやって稼いだお金で、一人ですし静へ行く。時はいよいよバブルがぶくぶくになってくる。それとともに、不動産業界で働く青子の生活がなんだか「お金で荒んでいく」ようで、読んでいてちょっとうっとくるものがあった。

    青子が初めてすし静のカウンターに座った1983年、転職した84年、それから85年、86年、87年、88年、89年という日付の入った章で、時代の流れと、青子の仕事、そしてすし静でのやりとりが描かれていく。1990年、91年の章は、バブルがはじける寸前の世相に、すこしのなつかしさと醜悪なものを感じる。終章は、バブルがはじけたあと、東京をひきはらって栃木へ帰る青子が、さいごにすし静で食べ、一ノ瀬さんに頼んでカウンターに並んで座り、ずっと握りたかった一ノ瀬さんの手をつないでいる場面で終わる。

    ▼自分の持って生まれた温かさと強さに、十年かかって青子は初めて気付いた。私の体には血が通っている。思っているより、ずっと力に満ちている。だから、きっと生きていける。明日からも。(p.205)

    1981年生まれの著者が、「バブルの時代」をうまいこと書くなーと思った。

    (11/20了)

  • とてもよかった。
    物語に劇的な展開があるわけではなく
    たんたんと進んでいるんだけど、
    いまを生きる女性に対して問題提起し、
    一つの回答案を与えてくれている点がすばらしい!

  • ひたすら食べる、使う、どん欲に。
    バブルの頃の女性の姿が痛々しく思える。
    だからといって過剰なほっこりも胸いっぱいになるし、
    いいバランスで生きて行く事の難しさをふと思った。

  • バブルに興味がないし、その時代にも、主人公の生き方にも共感できないのに、ぐんぐん引き込まれる小説でした。
    男女の関係をさらっと書いてあるのに、濃厚さが漂っています。クライマックスの短編は、手だけで表現されているのにその濃さに、思わずうなりました。時代のことも調べ上げてあり、バブルの時代にはこういう人たちが生きていたんだろうなぁ、と、リアルに思わせてくれます。小説のおもしろさをまたひとつ、味わわせてもらいました。

  • 同世代の柚木さんが描くうっすらとしか記憶がないバブリーだった時代。
    部下の浦和くんの言葉が身に沁みる。
    ロマンティックだわ。よっぽどエロいわ。

  • それからふたりはどうしたのだろう・・・。

    必ずネタに「仕事」をする江戸前寿司屋を舞台に、バブル絶頂期からはじけるまでの、不動産業界を生きる女性と、すし職人の、カウンターを挟んでの交流。
    そして、そこから・・・。

  • ちょっと上の年代なら、こんな時代を体感してきたんだろうなぁ。
    自分が満足するためにお金をつかう。
    高級車、服、不動産などなど、人によって色々だったに違いない。
    青子は食。それも高級寿司。
    読んでいるとお寿司が食べたくなってしまう。
    素材や調理にこだわった食べ物かぁ。

  • 本木青子、「すし静」の一ノ瀬さん。

    柚木さんたら、昭和の子?っつーくらい懐かしい小技を効かせてきて驚く。

    バブル時の派手な軽さと青子の中にある真っ直ぐな気持ちがぐちゃぐちゃになったり平行して進んで行き、
    バブル崩壊後は見栄も外聞も捨てて一ノ瀬さんのお寿司を、手を求め・・・。

    そしてあのラスト。
    良かったなー。
    泣いちゃったよ。

    それから、表紙にびっくり。
    眩しいよ?
    すごくいい。

全232件中 1 - 25件を表示

その手をにぎりたいに関連する談話室の質問

その手をにぎりたいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その手をにぎりたいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その手をにぎりたいの作品紹介

「ランチのアッコちゃん」作者最新作!

80年代。都内のOL・青子は、偶然入った鮨店で衝撃を受けた。そのお店「すし静」では、職人が握った鮨を掌から貰い受けて食べる。
青子は、その味に次第にのめり込み、決して安くはないお店に自分が稼いだお金で通い続けたい、と一念発起する。
お店の職人・一ノ瀬への秘めた思いも抱きながら、転職先を不動産会社に決めた青子だったが、到来したバブルの時代の波に翻弄されていく。一ノ瀬との恋は成就するのか?

ツイートする