ブクログ大賞

その手をにぎりたい

  • 1317人登録
  • 3.59評価
    • (74)
    • (202)
    • (198)
    • (41)
    • (2)
  • 219レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 小学館 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863735

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

その手をにぎりたいの感想・レビュー・書評

  • 中学二年生のときに読みましたが、ああ、こんな恋もあるんだ、ととても驚いた記憶があります。読んだあとに思わずため息が出てしまいます。あと、すごくお寿司が食べたくなります。

  • 職人の手に惹かれるのはよく分かる。職人に限らず働く男の手はかっこいい。
    私はバブルは知らない。作者もバブル世代じゃない。バブル期設定だからか、鮨屋もホステスも30代独身女性も一人鮨も今と違うだろうからなんかしっくりこない。

  • バブルのことはよくわかないけど、こんな感じなのかと
    女性の生き方について考えさせられる
    なにが幸せか、なにをつかむことができるのか

  • 生魚ダメだけど、お鮨が食べたくなる……上質なご飯を食べたくなる一冊

  • 地方出身のOLが、とある鮨職人の作る鮨に魅せられ、仕事を頑張りながら高級店に通う姿が描かれる。
    核は恋愛小説だが、鮨を握り、食す描写が際立って印象に残る。そしてバブル期の不動産会社で働くお仕事小説としても楽しめる。
    それでいて、最後はキッチリと恋愛小説の切なさと艶っぽさを醸し出す。やられた感(いい意味で!)が残る小説だった。

  • これはかなり好き。とらばーゆしよっかなって。

  • バブル期の情勢や登場人物の考え方はいかにも当時という感じがする。鮨の描写は文章による飯テロ級。タイトルに繋がるラストの雰囲気も良かった

  • 仕事を辞め、田舎に帰ろうとしていたOL青子が高級鮨屋で若い職人さんと出会う。自分の稼いだ金でまたあの鮨を食べたい。青子はそのまま東京に残り、バブルのど真ん中を走り始める。

    恋愛物の小説はほとんど読まない。でもこの本は恋愛だけがテーマじゃない。
    とても感動したし、素敵な小説だった。特にラストはたまらない!

    この作家の小説はこれで三冊目。本当に良質な小説を書く作家だなって思った。

  • こういう食べ物系に弱い。読んでは食べたくなる。影響され過ぎでしょ、と自分に突っ込む。

  • 『座っただけで三万』の銀座の「すし静」。職人・一之瀬の鮨を握る手と、すし静の鮨に魅了された青子は、その店に通うために転職する。私も美味しい料理がないと人生つまらないと思うタイプだけど、流石に青子には負けます。時代が丁度バブルの頃というのも大きかったのだろう。たとえ、後には残らない泡のように消えてしまうものでも、彼女にとって「すし静」での時間は必要なものだった。他人から見たら無駄なように思えるものでも、大切なもの、自分の中で揺るぎないものを見つける過程に必要なものって確かにあると思えた。

  • 柚木さんこういうの書くんだぁって新しい発見だった

    アッコちゃんシリーズを描ききったら、男と女のドロドロした恋愛ものを描くんだろうな

    青子は幸せになるのかな
    ずっと一人なのかな

  • 柚木麻子さん、「ランチのアッコちゃん」「3時のアッコちゃん」が出会いだったのでw、ついアッコちゃんのキャラを期待してしまいます(^-^) 「その手をにぎりたい」(2014.1)は寿司屋の職人に惚れた本木青子(もときせいこ)24歳が、一回5万円以上の店に10年通い続けるという物語。その間、何人かの男性とだらしのない関係を続け・・・。この作品の構成自体は面白いと思いますが、展開は好きになれませんでした。何よりも、青子の思い込みや独りよがり、贅沢指向のキャラが~w。柚木麻子さんの作品の幅の広さを感じました。

  • 東京の会社を退職するときに、
    上司に連れて行ったもらったお寿司屋さん「すし静」。

    その上質な味と、職人の一ノ瀬さんに、青子は一目惚れをした。

    決して手軽とはいえないすし静に通うために
    故郷に戻らず東京でがむしゃらに働く日々。

    バブルという時代、
    女が一人の社員として正々堂々と働くことの息苦しさ
    寄り添い、すれ違っていった男たち
    すし静の一ノ瀬さんにたいする気持ち。

    バブル時代のように
    駆け抜けるようなテンポの良い話だった。

    著者が世代的にほんとうのバブルを経験した人じゃないから(?)
    見聞きして書いた感があったような。、、
    そんな私は、、、ゆとり世代ですけど)^o^(

  • 柚木さんにしては今回はもうひとつかな・・・と思って読み進めていたけど、途中から涙を浮かべながら読む始末。私もヒロイン同様バブル期を駆け抜けた一人だ。自我を持たず、結婚前の腰掛のつもりで入社したのに、結局婚期を逃してしまい図らずも根性と言う名の筋肉がついた。いつのまにか高校時代に片思いだったY君とすれ違っても挨拶を交わさなくなった。私がジュンコシマダのスーツを着ていたからか、Y君が無精ひげに作業着だったからか・・・。そんな胸を締め付けられる瞬間を思い起こさせてくれた。バブルは多くのものを与え多くのものを奪った。そんな過渡期を過ごしたアラフィフの女性たちに是非読んでもらいたいと思う。

  • 純な女の子がこうも逞しくなるかー東京って怖い(^-^;なんて
    なんか切ない話よね。

  • なんだろう。主人公の青子さんを全く好きになれないし
    最後のは浮気に入る気がするな。

  • 古本市で購入。

  • 20160917
    バブルの時代の東京で過ごす女の人の話。
    おもしろかった。

  • 姉がバブル期・・・・
    くらいの年代の私からすると
    なんだか
    違和感のある「バブル期」の描写である

    本木青子氏といい
    黒川敦子氏(ランチのアッコちゃん)といい
    ちょっと、ちょっと”違う”んだよな~

    なるほど
    柚木麻子氏は大分若い方であった

  • 柚木さんの本は本当においしそうなものばかりですね。

    この本の舞台は高級寿司店。
    田舎から出てきた平凡な会社員が入れるようなお店じゃないのにこのお店の味が忘れられず通い詰める。

    バブル時代を駆け抜けた青子。
    そして10年間思い続けながらも叶わなかった恋。
    ラストの「この手をずっとにぎりたかった」が切ない。

  • 1980年代、バブル期に不動産業に転職したOLが主人公。
    自分で働いたお給料で銀座にある高級鮨店に通い、常連となっていきます。通い続けるうちに鮨店の職人へ恋愛感情をもつようになります。

    お鮨を通しての様々な人間関係の面白さがあり、また、美味しそうなお鮨の描写が絶妙でした。読んでいるだけで、お鮨が食べたくなるそんな小説です。

    バブル全盛期から衰退、不況の時代への移り変わりが上手く描かれています。バブル期真っ只中、華やかでありながら、仕事、恋愛に悩み、葛藤しながら生きている主人公の姿がリアルで共感できました。

    お寿司の描写など設定が細かく、とても面白く読める作品でした。

    図書館スタッフ(東生駒):iku

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=1100394600

  • お寿司が、なんとおいしそうに描かれていることか。
    そのお寿司を食べるためだけに、それを握る彼に会うためだけに。

    最後のシーンのやりとりが好き。
    おいしいものを食べ終わるのが惜しいと思うように、永遠にその一瞬が続けばいいと願ってしまうような、ひとことでも言葉を発したら終わってしまうような、そんなとき。

全219件中 1 - 25件を表示

その手をにぎりたいに関連する談話室の質問

その手をにぎりたいを本棚に登録しているひと

その手をにぎりたいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その手をにぎりたいを本棚に「積読」で登録しているひと

その手をにぎりたいの作品紹介

「ランチのアッコちゃん」作者最新作!

80年代。都内のOL・青子は、偶然入った鮨店で衝撃を受けた。そのお店「すし静」では、職人が握った鮨を掌から貰い受けて食べる。
青子は、その味に次第にのめり込み、決して安くはないお店に自分が稼いだお金で通い続けたい、と一念発起する。
お店の職人・一ノ瀬への秘めた思いも抱きながら、転職先を不動産会社に決めた青子だったが、到来したバブルの時代の波に翻弄されていく。一ノ瀬との恋は成就するのか?

ツイートする