日本一の女

  • 105人登録
  • 3.48評価
    • (6)
    • (16)
    • (24)
    • (4)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 斉木香津
  • 小学館 (2014年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863773

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本一の女の感想・レビュー・書評

  • 自分の思った事を貫いて生きた女性サダ。
    でも自分の子供達にあんなに嫌われちゃ~悲しくなっちゃうな。
    長男が母の事を、人として何かが欠けていると表現した場面が凄く印象に残った。
    サダはちょっと強すぎたね。

  • サダは自分に似ていて感情移入してしまった。
    そっけない言葉しか言えないので、疎まれ薄情だと勘違いされてしまう、自分だけを信じて戦時をストイックに生き抜いたる姿に涙がでてしまった。
    終始、認めてもらいたい!と強く思っていた気持ちは、誰よりも愛されたいのに愛情表現ができなかっただけ
    だったと思う。
    戦死した息子に似ている坊主さんのお寺の掃除に30年通い続けたエピソードには、泣かされた。
    読めてよかった。

  • 図書館で。
    う~ん、なんかモヤっとする読後感。昭和の時代であの性格で、さらに女性じゃ生きにくかっただろうなぁというのはよくわかるんだけど… でもサダさんが日本一…かなぁ?まあ大負けに負けて九州一か熊本(だったか大分だったか?)一ぐらいならワカルけど… 

    狂言回し的に出てきた曾孫のエピソードは必要なかったような気もする。なんて言うのか家族に恵まれなかった情の強い女性…と言ったらなんか違う気がするし。色々掛け違えたボタンのような感じもするけれどもそこまで時間がたっても良くも悪くも執着が消えない辺りが親子とか家族って縁は強いのか、というのか…

    それなりに良い話…というか壮大な話にもなりそうなのになんだか駆け足で、登場人物が皆独りよがりな感じなのでちょっと読んでいて疲れました。誰が間違っていて誰が正しいって話ではないんだよな、きっと。でもそこに終始こだわっているサダさんが少し滑稽なような哀れなような。息子たちもそんなに母を否定することもない気もするけど… まあ否定したい気もわからなくはないけど。戦後、彼女が更なる事業を起こさなかったのはちょっと残念。

    後これ、表紙サギ(笑)だと思う。この表紙を見たら中心でカカと笑ってる剛毅な女性が主役だと思うじゃん。いや、豪胆で剛毅はそうなんだけど…こんなあけっぴろげに笑う女性では無いよね、サダさんは…

  • 勢いのある小説でした。戦前から戦後にかけて強烈な個性で生き抜いた曽祖母の回顧録から、その生き様を描いている。垣間見える子への思いはあるが、周りとの関係で後味の悪さは少し残った。

  • 大分弁がなかなか心地よく、読後感もなかなか良かったです。

    野津に嫁入りしてきたサダは、顔は猿に似ているし、美人の妹と恵まれた兄に囲まれて育ったため屈折した性格をしている。でも人一倍向上心があるので、嫁ぎ先に行って「あんたみたいな嫁は欲しくなかった」と言われれば「じゃぁ老後の面倒は見ません」と言い返すし、立派な精米所も作って、男の子をバンバン産む。

    でも、いくら「自分は正しい」と思っていても、柔軟性がないので他の人とうまくやることが出来ないし、口は悪いので、村人や果ては家族にまで嫌われてしまう。

    「こういう人いるよなぁ」と思いながらちょっとやるせない気持ちになったのも事実です。人生って難しい。

  •  サル顔のせいで片田舎に嫁がされ、軽んじられて生きてきたと感じるサダは、家族や社会の間違いを許さず、常に「正しさ」を求め、相手に勝つことにこだわる。

     美人だけれど男の子の跡継ぎに恵まれない妹に対しては、男子ばかりを産むことで。
     苦労なく家を継いだ兄に対しては、自らの発案で立ち上げた精米所を成功させることで。
     自らが正しいのだということを証明する。
     
     しかし、それは人に憎まれ、疎まれる道でもある。息子たちでさえ、次第に距離を置くようになる。加えて、日本が暗い戦争ムードに染められていくのと平行して、サダの人生も翳ってゆく。

     サダにももちろん心はあって、葛藤を感じることもあった。しかし、それを認めることはサダにとっては「間違っていること」を容認するのに等しい。それゆえ一層「正しさ」を証明しようとして周りと衝突するという悪循環。

     「家」が何より重んじられる時代でなければ。戦争が起こらなければ。時代や生まれが違っていれば、サダの人生ももう少し明るいものだったかもしれない。
     
     最後、息子たちにも嫌われたサダは、夫の通夜の席で笑いながら言う。
     
     「私は誰にも負けちょらせんけんな」

     そしてその後、息子たちには何も遺さず、自分の全財産を使い果たして死ぬ。

     確かに彼女は「最強」だけど、やりきれない気持ちになる。
     戦争で死んだ息子のことを思ったり、男子ばかりを産むことにこだわったがゆえに捨てた娘が生きていると知って、お手玉を渡してほしいと頼んだり。強さの裏で、サダが垣間見せた弱さ=愛情が印象に残っている。

  • サダの生き方はすべて正しい訳ではない。正義の人ではないが、自分の思い通り、曲げずに貫き通す生き方に、爽快感も、いらだちも感じながら、いっきに読んだ。
    爽やかな読後感があった。

  • 菩提寺の住職が、私に語ってくれた曾祖母の生涯とは。
    強烈な生き様で、強く引き込まれた。
    家族に愛されなくとも、悪口に負けることなく、たくましく生きる若きサダは、清々しい。
    後半のサダは、共感しかねる部分が多かった。
    それでも最後まで目が離せない、力強さのある物語。

  • 図書館の係の方に勧められて読んでみた。
    あんなに自分の思う事を言えたら気持ちが良いだろうな。
    しかも口だけの女ではない。
    子供の人生まで自分の思うようにさせようというのはどうなのだろうかとは思うが、最期まで自分の生き方を貫いた強い女性だ。

  • 小さな農村に嫁ぎ戦争を生き抜いた「最強女」の一代記。
    一気読みしました。止められなかった。あと、泣けた。

    他の方のレビューを拝見すると、主人公・サダに感情移入「出来た派」の人と「出来なかった派」の人がいらっしゃいますけど、私は恐らく後者です。
    いや、したいんですよ!でも、出来ないんですよ!だってサダ強すぎるんだもの!

    出来の良い兄と美しい妹に挟まれて育ち、サル顔の自分ひとりだけ片田舎に嫁がされて、姑には露骨にイヤな顔されるし亭主も何だかぼんやりしてるし……。初っ端からこれでもかこれでもかと不景気なステータスを背負い込まされるサダ。
    しかし、サダは嘆かない。嘆いたままで終わらない。運命を切り開くのは自分自身に他ならない、と知っているから、とにかく動く、黙って働く。徹底的な合理主義。
    この行動力!この頭の回転の速さ!そして気持ちの強さ!

    サダの人生の全部が全部を真似したいわけでは勿論ないんですけど、それでも彼女の生き様には羨望を感じずにはいられません。
    私が持っていないもの、常々「持ちたい」と思っているものを見せつけられて、夢中でページをめくりました(そういう意味で、感情移入「出来なかった派」)。

    1個だけ欲を言わせてもらっていいですか。
    こんなにマンガっぽい表紙にするのなら、ちゃんと本編のどこかのシーンに則って欲しかったなあ(「新聞に載った匹田精米所の写真」とか)。そういう細けえ事で幸せになれたりもするので……。

  • 悲しくて強い女

    決して彼女を認めない周りもなぁ…

  • サダ。
    猿顔・低い声・合理主義・嫌われ者・口が悪い・負けず嫌い・女性。
    舞台は昭和初期の大分臼杵、猿顔の嫌われ者・サダの一代記。
    この人とは友達にも家族にもなれそうにない・・・

  • ある女性の一代記
    女傑とか女丈夫とか言っても間違いではないと思う。
    ただ、心持には難があって周囲から孤立しがち。
    実際に居たら付き合いにくいし傷つくと思うけど、
    物語としては面白い。

  • こういう性格の人って世の中生きにくいよな(--;)今と違って、昔は自分を殺して生きていく時代だし(._.)それに負けず自分の道を貫くサダさんは凄い!でも気持ちを解ってくれる人と出会えて良かった(^^)他人だけでなく、身内にまで疎まれているけれど、サダさんの弔い上げはきっと素敵な場になりそう(*´-`)

  • 仕事も夫との仲もうまくいかない私が実家に帰ったときに、地元の僧侶から会ったことのない曽祖母についての話を聞く。曽祖母は相当の変わり者であったが、芯を持った人であった。周りからは煙たがられていたが最後まで自分を通していた。もちろん内面では色々と考えるところはあったろうが。僧侶に話をしたのは戦死した長男と年齢が同じでどことなく似ていたからだろう。

  • 両親の故郷、野津町が舞台の小説
    主人公のサダの方言のせいかリアリティがあって、終盤の妹が死んでからの展開に号泣…一気読み。

  • サダ。

    いいのか、悪いのか。
    たぶん近くにいたら嫌だろうなと思う。
    自分の思うままに生きる。
    それがダメだというわけではないけど。

    まぁ面白かったです。

  • 読みにくくはないが、タイトルと内容にギャップを感じる。なぜ”日本一”としたのか、いまひとつしっくりこない。主人公の描き方に違和感はないが、「それで何?」という読後感。読まなくても良かった。

  • サダさんが自分に似ていました。
    そうだよね〜。

  • どこまでこの調子で書かれていくのかと思ったら、終戦の辺りで突然尻切れトンボになってしまった。

  • 確かに主人公の強烈さは日本一かも知れない。けど嫌な女すぎてどうにもこうにも感情移入できないし!
    夫は妻を我慢して我慢して我慢してたんだろうなあ。

  • 後悔したことはただ一人の人に話し、あとは正しいと思った道を進んだ。ここまでいける女はいないかもしれない。

  • サダという器量の悪い女の結婚してからの一生の話。
    器量が悪く、妬み嫉み僻み精神から性格もよくない。
    でも人を見返してやろうと、男ばかり9人も産み
    精米所を開いて成功させて冨をつかむ。

    そのサダの話をサダが死んだ翌日に産まれたひ孫が
    仕事や家庭がうまくいかず、サダの法要で実家に戻って
    和尚様から聞くという物語になっている。

    物語といしてはとても面白い。
    この憎らしいサダがどういう人生を送ったのか
    知りたくてあっという間に読んだ。
    憎らしさにも理由があるんだけれど、言葉数が少ないので
    誤解されたまま、誤解を解くのはプライドが許さず
    そのまま誰とも人間関係は悪いままで死んだ。

    こんな人もいるかもしれないけど、読後感は
    いまいちだった。とにかく性格悪すぎだろうって。
    息子たちも一人も母親の死を悲しまず悪口言って
    笑っているってなんかひどすぎるなって思った。
    今でいう毒親みたいな扱いにされている感じ。

  • 『すずらん本屋堂』で宮崎美子さんが まるで『ごちそうさん』のかずえちゃんみたいと言っていたので 興味をもって読んでみました。サダさんはかずえちゃんより強烈でした(笑) でも面白くて一気に読んでしまいました。

  • 姑にしたくない女コンテスト、があったら間違いなくbest3には入りますね。嫁にしたくない女コンテストでも、きっと。
    友だちにしたくない女コンテストも、そうかも…
    って、これだけ書くと、どんなに嫌な女だろう、と思ってしまいますけど、そうならないのがサダさんの人間味というか、魅力というか、なんというか。
    一歩も二歩も三歩も離れて見ている分にはわかりやすくて爽快で面白いのだけど、いざ自分の生活圏にいたらそりゃもう困ってしまう人で。それなのに、なぜでしょう、嫌いになれないのは。
    人が人とのつながりのなかで生きていくには、嘘やら見栄やら建前やらを駆使して、嫌われないように、目立たぬように、穏便に平和に、と心を砕かなきゃならなくて。
    そういう毎日に疲れた心に効くんですね、サダさんの言葉と行動が。
    自分じゃできないから、きっと。
    でも、サダさんの人生って、どうだったんでしょうね。百歩譲って近所から村八分にされてしまったとしても家族が守ってくれれば大丈夫だと思うのですよ、でもそれすらない。
    子どもたちにまで忌み嫌われ、責められ見下され…最後の最後に、ちょっと救いはありましたが、本人には届くはずもなく。
    そんな人生、どうだったんでしょうか。
    いやいや、そんなことさえサダさんにはわかってたんでしょうね。というか、歯牙にもかけないのかも。
    自分の信じる道を、自分の思うように生きた人生ですから。そこに外野の入るスキなんぞないんでしょう。
    まさに、あっぱれ!ですよね。あっぱれサダさん!
    色んな人間関係に悩んでうじうじ考え込んでいる人に、こんな生き方もあるのだよ、と見せてあげましょう。
    ただ注意書きに「危険なので絶対に真似はしないでください」と書いて。

全25件中 1 - 25件を表示

日本一の女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本一の女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本一の女の作品紹介

ブスでも鼻つまみでも超魅力的&パワフル!

三十二年前の七月九日に曾祖母・匹田サダは亡くなり、その翌日に私が生まれた。なんだか私は曾祖母の生まれ変わりみたいだ--。
サダは昭和二年、大分の片田舎に嫁いできて、村初めての精米所をつくり、大きな富を得た。さらに男の子を九人も産んだ。
家族を飢えさせることもなくよく働いたが、歯に衣着せぬ物言いのせいか、誰にも好かれなかった。息子たちにまでくそババアとののしられたが、それでも彼女は日本一の女太閤様だった。
「私にはな、金剛様がついちょるんじゃ。じゃあけん、精米所をやれば成功するし、子どもを産めば、みな男の子じゃ。金剛様にかぎらず神様も仏様も、自分の足でしっかり立っちょる者の味方じゃけんな」

【編集担当からのおすすめ情報】
●家族も隣人も卒倒! 歯に衣着せぬサダ語録
「そしたらお義母さん、体には気をつけんと。私は自分を悪く言う人の面倒は見られんけん、お義母さんは起きられんようになったら、それきりじゃと思ってください」
「私は二人産んでできやすくなっちょるけんな。一、二度ちゃっちゃとやりゃあ、すぐに腹が膨らむじゃろう」

日本一の女はこんな本です

ツイートする