彫千代: Emperor of the Tattoo

  • 53人登録
  • 3.57評価
    • (4)
    • (6)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 平山瑞穂
  • 小学館 (2014年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863827

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

彫千代: Emperor of the Tattooの感想・レビュー・書評

  • 表紙の絵がかっこよかったので手に取ったが、気付いたら一気に読んでた。こういう結び方好き。

  • 明治初期に実在したらしい刺青師「彫千代」の波瀾万丈な人生が描かれる、伝記風エンタテインメント。時系列が前後する構成は苦手なのですが、なんとか着いて行けました。主人公のメンタルにやや共感できない部分はあるのですが、物語としては面白く読めました。

  • 明治大正、主として異人から「刺青の皇帝」と称えられた実在の彫師を描いた小説。平山瑞穂さんはデビュー作から作風は毎回違うけれど、一種の混沌を描く描写が必ずある。この作品は、章ごとに時代や語り手が変わる、斬新な構成だが、今までのように夢や街並みの混沌描写はないなと思っていた。が、残り二割程度まで読んだとき、ああ、今回は一時の風景ではなく、人生自体の混沌を描いたのかと気づいた。綺麗な描写だけがあるわけじゃない。皆が幸せになるわけじゃない。人気の、口当たりのいい小説達から、著者は一歩先に踏み出したのかもしれない。

  • 360ページ一気読み。
    歴史物も刺青も、この表紙のテイストも(笑)ぜーんぶ苦手なのに一気読み。
    すごく面白かったです。
    平山瑞穂さん作品、個人的に肌に合います。
    明治時代を中心に、日米英でこんなことがあったなんて、恥ずかしながら知りませんでした。
    刺青否定派でしたが、別の角度からの視点を教えてもらえて、勉強になりました。

全4件中 1 - 4件を表示

彫千代: Emperor of the Tattooを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彫千代: Emperor of the Tattooを本棚に「積読」で登録しているひと

彫千代: Emperor of the Tattooの作品紹介

「刺青のエンペラー」とよばれた男の一生!

1913年、ニューヨーク。ハドソン川で若い女性の死体が発見され、ニューヨーク市警は女の肩にヘビの絵柄とともに彫られていた「H・C」のイニシャルをもつ刺青家の捜索を開始する――
時は遡って1859年。駿河の下級武士の家に生まれた宮崎匡(のちの彫千代)は運命的に出会った刺青に心を奪われ、放浪の末、彫り師を志す。欧米人には「刺青のエンペラー」と称賛され世界にその名を轟かすまでになるが、遊女・お蓮との初恋は悲しく砕け散った。古風な実兄との確執、師匠からのいじめ、右目の失明……数々の苦難を乗り越えて、新しい時代の”美”を追求した彫千代を待ち受けていたのは、さらなる悲劇だった。
自由奔放でわがまま、しかし繊細で常に”小さき命”への慈しみを忘れなかった男、彫千代。かつてないほど人間臭い英雄が、守るべきもののために下した衝撃の決断とは――!?
いま最注目の実力派作家が実在の伝説的彫り師の生き様を描いた、感動の歴史エンタテインメント!!

【編集担当からのおすすめ情報】
『忘れないと誓ったぼくがいた』(2015年映画公開)、ロングセラー『あの日の僕らにさよなら』などで注目を集める著者の、初の歴史小説です。

彫千代: Emperor of the Tattooはこんな本です

ツイートする