サラバ! 上

  • 6026人登録
  • 3.86評価
    • (436)
    • (653)
    • (461)
    • (73)
    • (17)
  • 502レビュー
著者 : 西加奈子
  • 小学館 (2014年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863926

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サラバ! 上の感想・レビュー・書評

  • 本を開いて読み始めると思うこと。

    うわー。テンション高っ!
    (力技で物語に)ずりずり引きずり込まれる、
    ぐわんぐわん巻き込まれる。
    アイデンティティーとは。
    自分を形作るものとはと考え込む。

    活きのいい魚を急に持たされたように、
    どうしていいのかわからなくなる。
    …結果やっぱり読書って体力いるわ、とぐったり。

    それでも面白くて目が離せない。
    圷家の息子、歩くん目線の物語。

    受け入れ、諦めること。
    それに抗いまくる母と貴子。抗わない父と歩。
    どちらかというと抗って納得しない私。
    歩が家族との生活の反動で惹かれる芯がある人々に、
    私も憧れを抱いてしまいます。

    母国ではない国で生活すること。
    初めての国での母の「嘘やろ」「阿呆か」
    帰ってきた日本での「嘘やろ」「阿呆か」
    これだけは譲れないってものがいかに脆いものなのか。

    価値観がそうなのであれば、
    人間の素の部分なんてもっとですよね。
    脆いから揺れるから人間なんでしょうけど、
    どうしたら芯が通っていくのかを、
    歩と一緒に探しています。

    歩の「諦観」がどのようになるのか。
    自ら引きずり込まれて下巻に進みたいと思います。

  • 直木賞受賞作。
    第152回、2014年下期。
    エネルギッシュで、溢れんばかりの勢いがあります。
    海外生活については、自伝的要素があるらしいですね。

    語り手は、圷歩(あくつ あゆむ)という少年。
    (両親の離婚後は今橋)
    父の海外赴任にともなって、イランで生まれた。
    イランに革命が起こったので急に帰国することになり、大阪へ。
    穏やかな父、身奇麗で女らしい母。にぎやかなご近所や親戚達。
    だが何よりも、姉・貴子が強烈なのだ‥
    わがままで、扱いにくく、いつでもどこでも大声で泣き喚く。
    人の注目を集めたがり、皆と同じでは気がすまないらしい。
    そんな子にくたびれ果てた妻と娘の間で振り回され、やはり疲れていったのだろう父。
    歩は、どちらにも関わらずにいようと決め、外でも目立たないように生きていく。

    この姉はADHDとしか思えませんが。だからといって、どうなるわけでもなく、それぞれ個性があるわけですからね。
    これほど迷惑かけて平気な子は好きになれないけど、まあ小さいうちだしねぇ。成長すると共に、意外な面も見せていきます。
    小顔で美人な母に似ず、父に似た長い顔でごつごつと痩せていて、ある時期「ご神木」とあだ名されてしまうのは気の毒。
    そりゃ、名づけるほうが性格悪い。
    ある男の子とラブラブで有名になった時期もあるのだが‥

    歩が小学校1年、姉が5年のときに、父の赴任でエジプトのカイロへ。
    二人は、日本人学校に通うようになり、友達が出来ます。
    海外赴任では経済的に余裕が出来るので、母は着飾って出かけるようになった。
    歩には輝いて見えた母だったが、実は辛いことも起きていた。
    歩は、ヤコブというエジプト人の少年に出会い、ほかの誰とも違う大人びた雰囲気にひかれ、親しくなる。
    言葉も通じないのに表情や身振りで心を通わせていく。このくだりは美しいです。
    ヤコブが気に入った日本語の挨拶が「サラバ!」だった。

    歩にも友達が出来、ガールフレンドも出来るし、はっきり物を言うこともあって、自分でわざわざ露呈してるほどには自分を抑えてるだけの生活でもないですよね。
    いろいろな要素が次々に出てきて、飽きずにどんどん読み進められます。

    ただ、感情移入できるかというと、どの登場人物にもちょっと、しにくい。
    そのへんが低い評価も出る理由かな?
    もう少しだけ書き方を変えればたぶんもっと感情移入は出来るようになるんだけど、作者の狙いはどこか違う点にあるのかも。
    どういう理由でこういう構成になっているのか‥?
    下巻を読んでのお楽しみですね☆

  • 冒頭───
     僕はこの世界に、左足から登場した。
     母の体外にそっと、本当にそっと左氏を突き出して、ついでおずおずと、右足を出したそうだ。両足を出してから速やかに全身を現すことはなかった。しばらくその状態でいたのは、おそらく、新しい空気との距離を、測っていたのだろう。医師が、僕の腹をしっかり掴んでから初めて、安心したように全身を現したのだそうだ。それから、ひくひくと体を震わせ、皆が心配する頃になってやっと、僕は泣き出したのだった。
     とても僕らしい登場の仕方だと思う。
    ──────

    僕の中学生時代、12クラス一学年600人もいた生徒の中で堂々と手を繋いで帰宅していたカップルは、覚えている限りたった一組だった。
    告白したくてもできない、男同士でつるみながら「お前、誰が好きなんだ」とからかっているだけで楽しいと信じ込んでいる、勇気のない“ガキ”がほとんどだったのだ。
    もちろん、向こう側のまだ経験したことのない“男女交際”という世界への願望が全くなかったと言えば嘘になる。
    それでも、男同士の付き合いのほうが、皆の注目など浴びずに、気楽で楽しいと思っていたのは事実だったろう。

    イランで産まれ、日本、エジプト、再び日本へ。
    子供時代の歩は様々な環境の下で人生の航海を始める。
    家族には、常人とはかけ離れた行動をし続ける姉。
    いつまでも子供のようで、自己中心的な母。
    その母に抗わず、ひっそりとおとなしい父親。
    歩は姉を嫌い、何処にいても、どんな時でも、“自分を消す”という処世術の下で、上手く生きていこうとする。
    幼稚園、小学校、中学校と大きくなってもその考えは変わらない。
    その間、両親の離婚をも経て、歩は少しずつ成長していく。
    ご神木と呼ばれ、引きこもり、サトラコヲモンサマにすがりつく姉。
    エジプトでのヤコブとの出会い。
    帰国し、高校生になり、須玖との出会い。
    大学に入り、鴻上との出会い。
    歩の人生に大きな影響を与える友たちとの出会いと別れを繰り返し、物語は進んでいく。

  • 誤って
    24色入りクレヨンの箱を落としてしまった様な読後感。

    西加奈さんの作品は
    私のなかでとても色彩が豊か。

    あくの強い女達に囲まれ
    (静観)という処世術を身につけ
    要領良く生きている主人公の歩が(白)だとしたら
    存在感のない父親はグレー。
    多彩な色を持つ煌びやかな母親に
    ヒステリックな姉は黒、だが
    同じ黒でも黒曜石の様に光を秘め持つ親友ヤコブもいる。

    まだ上巻なので
    散らばったクレヨンらが
    一体どこに転がっていったのか。
    拾い集めた時点で
    24色だったクレヨンがどんな色に変化するのか。

    まるで予想もつかないが
    とにかく心はやる。
    広範囲に転がっていった
    クレヨンを
    ひとつ、またひとつと発見してみれば
    それは
    ほのかに発光し始めているような…

    あぁ~、下巻が楽しみ!

  • 話題の本。上巻と下巻いっきに読みました。とても読みやすい物語ですが、最後の終わり方はちょっと哲学的。自分を信じること。言葉でいうと簡単に聞こえるが、人生で何を信じるかを見出すのは難しいテーマ。その時に最終的には自分でどう考えて、どう行動するか。
    モノ語りは一人の主人公の37年間の人生を通して、人生の尊さを描いている壮大なある意味冒険ストーリー。登場するキャラクターがどれもしっかり個性があり、強烈な印象が残る。特にキーパーソンのお姉さんはそのキャラクターがとにかくユニークで面白い。両親の離婚の裏に隠されたストーリーはなんとなく予想は出来るが、やはり人を好きになることで人生は大きく変わる。誰を大切にするか。
    色々考えさせられる一冊でもあった。

  • 歩の生まれた時から高校時代までが描かれている。
    イランで生まれ、エジプトでも生活した事があるっていうだけで物語が出来上がってる。
    それに家族も変わり者。唯一お父さんはいい人かなって思うけど、なんか訳ありで離婚しちゃうし・・・
    お母さんとお姉ちゃんは強烈かな。特にお姉ちゃんは凄い。

    家族のおかげで自分をうまい事コントロールしながら成長していってるのよね。なかなか人気者のようだし。
    下巻はどんな人生が待ちうけているのだろう。楽しみだ。

  • 自叙伝的な物語なのかな?
    子供の頃の海外生活はとても刺激的だったに違いない。誰でもが体験できることではないので、羨ましいな。
    後の人生に何かしら影響を与えるのだろう。考え方とかね〜。
    姉弟のあり方とかおもしろい。
    相手のことを見ながら行動しているものなんか〜。
    あたしは、妹の出方とか全然気にしてなかった。
    きょうだいの下がよく観察しているということ!?

  •  変わった個性的な家族の中で、如何に「僕」が苦労したのかー。
    母の自由さと強さ、姉の奇行の数々、厄介事をすべて引き受ける父、うまくいかない母と姉の間で空気のようにうまくやり過ごす「僕」、といった日々が綿々と綴られている。
    下巻を読むと、上巻が壮大な序章というか大掛かりな前フリのように思えてくる。
    少々読み進め辛かった第一章を過ぎると、サクサク読めた。
    特に第二章は、エジプトで暮らす一家の日々を通じて向こうの習慣やしきたり、文化などが知れて面白かった。

  • 直木賞受賞作品ということで、お手並み拝見的な要素で読み始めた本。
    最初は姉の傍若無人ぶりに辟易気味だった。このままずっと振り回されるのかと心配をよそに段々と物語の世界観に入っていけた。エジプトでの生活は淡々と描かれていたけれど、主人公の心模様の描写は丁寧に掘り下げられていてとても良かった。教祖になったおばあちゃんであったり興味深い人がいっぱい。下巻も期待したい。

  • イランで生まれエジプトで幼少期を過ごした少年を取り巻く家族の物語。マイノリティーであることで皆の注目を浴びようとする姉とその姉を疎ましく思い、気配を消すことで無難に生きてきた弟。物静かで家族の犠牲になることをすすんで受け入れようとする父親と、幸せになるために毎日をきらびやかに過ごす母親。姉は一種の精神的な病気を持っているようだが、それはこの後の弟の生活にどう及ぼすのか。成長していくにつれて世あたりのうまくなった弟がこのままうまく世の中に受け入れられるのか。自由奔放で前を突き進む母親は、この先も恋愛をし続けることができるのか。日に日に影の薄くなった父親はこの後も父親でいられるのか。弟の細やかな心情を丁寧に描くことで周りの情景が浮かびあがりどんどん先を読みたいと思えた。

  • 「母親は出産時に苦しめられたらその分を取り返そうとする。」

    難産を越えて産んだにもかかわらず、まったく思い通りにならない子供。
    この子供に対する母親の様子を表現したフレーズですが妙に頭に残ってる一文です。
    この一言で、もしも自分が妊娠した時は、無痛分娩でもいいかなって価値観が変わりました。

    あんなに苦労して産んでやったんだから、あなたが私を支えるのは当然。

    とか言われたり、思われてたりするのって、私が子供だったらしんどい。

    西加奈子さんの著作を読むのは初めてでしたが、人の感情ってそんなシンプルじゃないよなって思わせるのが上手だなと思いました。そして人の個性って感情の暗い部分から大部分が出来てるのかもって思いました。

    今回は、作品の内容について事前情報を何も得ないまま読み始めました。
    てっきりサラバ!というタイトル通り、スピード感のある人生活劇かと思ったのですが、なんとも緩やかでテンポの良い家族劇でした。

    似た作品だと奥田英朗のサウスバウンドか、桜庭一樹のファミリーポートレイトですね。でもそのどれよりもサラバ!は展開が緩やかです。

    奇想天外な姉を持つ、美少年な弟の目線で物語が語られていきますが、姉の奇抜な行動のたびにこちらはクスクスしてしまいます。

    イランやエジプトでの描写がリアルだなーと思ったらやはり作者自身がテヘラン生まれなのですね。

    自信の体験も描いてるのでしょうか。

    まだまだ下巻が残ってますので物語全体の感想は下巻で!

  • 圷(今橋)歩の誕生から高校生の頃までの物語。最初は、歩の母と姉の物語かと思うほど、彼らの個性が強力な物語だったが、イラン→日本→エジプト→日本といった生活圏の移動や、家族・友人・同級生たちとの関わり、そして月日の積み重ねの中、少しずつ彼自身が形成されていくところが、丁寧に描かれているところがいいなと思った。

    大きな感想は2つある。

    1つめ。主人公である歩が感じ考えたことが、子どものころに自分が考えていたことと結構重なる部分があり、とても懐かしかった(特に中学・高校時代の頃)。

    2つめ。歩が暮らしていたイラン、エジプトの描写がとても良かった。特にエジプト。肉屋の軒先に羽をむしり取られて並ぶ鶏、バスを叩くエジプシャンの子どもたち、空き地にやって来るヤギの群れ、地下にあるヤコブの家・・・等。自分はイランにもエジプトにも行ったことはないが、行間から異国の香りを強く感じた。

  •  オードリーのオールナイトニッポンで作者の西さんが出ていた回がめちゃくちゃおもしろくて、その時から読もうと思っていて、やっと読んだ。その際プロレスに関心があるのだが、人生で殴り合いの喧嘩をしたことがないことを悔いているというような事を話していたのが印象的だった。オレも実はずっとそう考えていた。格闘技がテーマで漫画を描こうとした時に友達に殴ってくれないかと頼んだら、断られたことがある。

     主人公のお姉さんが変わり者であることをアピールすることをとても厳しく見ているので、自分を振り返って目立とうとしたり、ひけらかしたりするのがとても恥ずかしくなる。このような目線で常にチェックしている人がいるのだと心しておかねばならない。恐ろしい。

     作者の自伝的な作品なのかと思ったら、主人公は男で、女性が描いているのにすごく自然に描かれている。ただちょっとBLっぽいことを意識しすぎているような気はするのだが、それはオレが無頓着すぎるだけで、本当はみんなこのくらい意識していたのだろうか。

  • 自伝の体裁でかかれた小説に、私は弱い。
    イランで産まれ、強力な個性を表明する姉と母(弟の視点ではいささか歪んで描かれるけど)、逃げているように見える父との主に海外での生活。
    少年期まで。

  • 読んでいて時々感じる、出会うべくして出会う感じ。
    この、サラバ!もそんな小説です。

    20歳と16歳の娘息子を持つ母として、
    毎日何かしら心に引っかかる出来事があり、
    子どもたちの「進路」「将来」「未来」に
    思いを至し、
    母の私に何が出来るのか考える日々。

    幸せって何だろう…と下巻に読み進みます。

  • あらすじを全く読まずに手にとったこの本、上巻を読んだだけでは物語のテーマがいまひとつ分からず。精神病かと疑うほどの姉の奇行。将来自分に子供ができるとして、こんな子供ができたらと思うと恐ろしい。エジプシャンとの距離感に戸惑いつつもできたヤコブという最高の友達。ただその中でも色々な葛藤があって、別れのシーンにはグッとくるものがありました。まさかの矢田のおばちゃんのサトラコオモンサマにはびっくりしたけど、姉の心の拠り所ができてホッとした。笑 最後に登場した須玖くんには私ももちろん惚れました。文化祭でのDJクラブとか羨ましさしかない。ただ物語の端々から臭うホモセクシャルの匂いは一体何を意味してるのか…。

    これからどうなるか、下巻が楽しみです。

  • イランで生まれ、日本へ。そして今度はエジプトへ。そして再び日本へ。

    主人公の圷歩(あくつあゆむ)が出会う人物や見る景色は本の中の文字を追うだけで頭にありありと浮かんできます。

    強いクセのある姉、お手伝いさん、日本語学校の友達、おしゃれな母と少し気弱な父。そんな中で歩は自分の立ち位置を上手く見つけて成長していく。タイトルにもなっている「サラバ!」という言葉で歩と深く通じあったヤコブは圧倒的な存在感を読み手の心に残します。

    面白いわぁこの本。下巻を読むのが待ちきれない。

  • 僕はこの世界に、左足から登場した。

    ひかえめな歩と目立ちたがり屋のははと姉。

    イランやエジプトをへてだんだんと世界が広がる。

    サラバ、サラバ。

  • 「あんたは生まれる前からもう愛されてるって思った。」

    第152回直木賞受賞作。

    圷歩(あくつ あゆむ)少年を通して西加奈子の半生が描かれているような物語。

    イラン、大阪、エジプト、大阪。
    男の子が主人公のためか、西加奈子の独特なジュクジュク感はそこまで発揮されておらず、読みやすい。

    メイドのバツール
    大阪のドン・コルレオーネ 矢田のおばちゃん
    独身の夏枝おばさん
    たはらえいじ
    牧田さん
    向井さん
    ヤコブ
    須玖…
    どの人物の物語も欠かすことができないが、特に印象的な人物たち。

    「今俺がおる世界以外にも、世界があるって思える。」

  • 姉の幼少期の奇行は発達障害によるものだったんじゃないかな。自分で制御できることではないことと、母親の気の強い性格もあり、二人はぶつかり合い続ける。ただ、この物語の主人公は歩で、家族や環境をうまくかわして、更に容姿に恵まれていたこともあり、内的に満たされていたかどうかは別として、まあまあ楽しく過ごしていたように思われる。
    ヤコブとの繋がりは、異国人、同性、友達、恋人、家族、どのような関係性とも違う、人と人との深い結びつきを感じた。

  • 主人公男の子の半生(生まれて高校生まで)
    上だけでなんともいえないけど
    波乱万丈な男の子の自伝ってかんじで
    つまらなくはない(おもしろい)けど
    そこまでなにか感じるものがあるわけではなく
    後半どうなるのかな?

    インドでの親友ヤコブがかっこいい
    高校での親友の子もかっこいい
    主人公がちょっとホモっぽい(わけではないけど)のがおもしろい^^


    男の子目線だけど、いろいろ観察眼というか内面描写や周りの人の心理状態も推測ではあるけど丁寧で、(そりゃ作家が書いてるフィクションだからそりゃそうなんだけど)
    自分の自分なりに波乱万丈(でもないか)なこれまでの人生をこういう風に小説にできたら面白いのにな、って思った。

    自分の人生って親や兄弟やともだちが場面場面ではいっしょにすごしたりしてるけど
    本当にほんとに自分の経験してきたことや感じたことは自分しかわからないわけで
    それが本になったらおもしろいな~~って思った

    でも実際書こうとしてもなんにも覚えてないからかけないんだけど><

    後半に期待

  • 読書日数10日

    一人の少年の半生記。生まれた時から高校2年生までのことが綴られている。

    イランで生まれた主人公(歩)が姉の貴子と母に翻弄されながらも「いかに自分が目立たなくいい人でいられるか」ということ、そして「自分という気配を殺して生きる」ということに執念を燃やすような行動をとり続けることで、様々なことに巻き込まれながらも、それなりに懸命に生きていく姿が、描かれている。

    日本では破天荒な姉だったが、エジプトでの初恋をきっかけに母親とも反りがあい、しばらくはうまく時が流れていたが、父親の浮気(だと思うが)がもとで、離婚をすることになっていく。

    そんな中で、主人公が出会った一人のエジプト人「ヤコプ」と交わす「サラバ」という言葉。

    この言葉を心で唱えていれば、つながっていられるという、小学生ではなかなかそう言った感情にならないのではと思うことを主人公は、この壮絶な環境に必死で適応しようとしてそうなったのだと思う。

    そんななかでの姉の「宗教家」としての活動、母の色恋沙汰、そして高校生になった自分がどう言ったことを思い青春時代を過ごしていくのか。

    楽しみに読みたい

  • 上巻を読む限り、何が面白いのかようわからん。ある人のコメントを読んでみたら、まず上巻を読んでみて判断してほしい的なことがかいてあったので、上巻を読んでみたが、上巻だけではなぜ直木賞なのか、ほめる人がたくさんいるのか全くわからない。
    自分を押し出し過ぎて(極度のKY)の姉、空気を読み過ぎて自分がない弟。主人公である歩は空気をよんでうまく立ち回る。長身で二枚目、かつ出しゃばらない。男からも女からもモテモテである。そんな歩は、非常識でどこに対してもぶつかり続ける姉を嫌い続ける。家族を避けて東京に出てくる歩は、ライターとしても成功して、美人の彼女もいて、モテモテで、最高の人生のスタートって感じである。不幸のどん底の姉と比べて、幸福の絶頂の弟。
    下巻で何が起こるのか、楽しみな感じを残して上巻は終わるのである。

  • 下巻の途中くらいから面白くなってきた。歪な家族とアイデンティティ形成の物語。

  • 主人公の歩君の誕生から高校時代までの出来事のお話。語り手は歩君。家庭環境は複雑で、こういう環境で形成された歩君の性格に不穏さを感じる。
    でも、主人公の考えの中に、自分を見せられているようで、微妙な気持ちが残った。
    そして、何年かぶりに日本に帰国し、町中の親切な案内を見た母親の「これでは自分で考える暇がない。日本人は退化してしまうんじゃないか」と
    言う言葉にドキッとした。生きていく上での何かを引き替えにしているのかも知れないと思うと怖くなる。まぁ、便利な方を選択しちゃうと思うけど(^_^;)
    下巻は劇的な変化がありそうなので、期待して読みたい。

全502件中 1 - 25件を表示

サラバ! 上に関連するまとめ

サラバ! 上を本棚に登録しているひと

サラバ! 上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サラバ! 上を本棚に「積読」で登録しているひと

サラバ! 上の作品紹介

西加奈子さんの「サラバ!」は筆者の半生を元に書かれた長編小説です。
第152回直木賞を受賞した本作は、主人公である歩(あゆむ)が家族が抱える問題や人間関係に揺さぶられ、他者との関係のなかで揺らぎ、喜怒哀楽を重ねながら自分というものの存在を作るために歩んでいく、誰にとっても共感でき、そしてともに歩んでいく道標となる作品です。

ツイートする