ハガキ職人タカギ!

  • 61人登録
  • 3.04評価
    • (1)
    • (5)
    • (16)
    • (6)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 風カオル
  • 小学館 (2014年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863964

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハガキ職人タカギ!の感想・レビュー・書評

  • 2016/11/14
    移動中

    瑞々しいハナシ。面白いことも表し方で響きが語る。その先鋒を行くのは、今も昔も素人であると思う。

  • ハガキ職人と言う言葉も初めて聞きましたが、ラジオなどに面白い投稿をする常連さんをそういうんですね。

    ハガキ職人のペンネーム「ガルウィング骨折」さんは、リアルの大喜利に参加したことから、「ハガキ職人」の存在意義について考え、また、クラスの女の子に凄腕のハガキ職人がいる事にも気づき、成長していく。

    ハガキ職人ってお笑い芸人のシナリオを書くのとそんなに変わりはないですよね。奥の深い世界だけど、いままでそんな世界がある事は知りませんでした。

    でも確かに主人公の言う通り、ハガキ職人って昔でいう「オタク」というか暗そうな人のイメージありますよね。実際には分かりませんが。

  • 「ハガキ職人カタギ」だと思って面白いタイトル!と読み始めたけど、タカギだった。
    とても軽くて読みやすくて、でも情景描写はリアル。面白かった。
    章のタイトルが曲名になってて、親近感。

  • 広島県在住・高木政弘(高2)、ラジオネーム・ガルウィング骨折。

    受験勉強のかたわら聞き出したラジオ。
    深夜1時から3時まで、「大公民館」という番組の金曜日。お笑い芸人かんかんノーがパーソナリティをつとめる大喜利コーナーに、ハガキを送る(本当を言えば、今はほとんどメール)職人だ。

    学校では、後ろの席の白井(声優オタク)くらいとしか話しをしない。彼女なし。
    だけど、かんかんノー「民館」の大喜利では、常連。

    そんな高木の所に、同じハガキ職人の湯葉さんからメールがあった。夏休みに東京に来ないかい?そして、ラジオ番組のトークライブに出てみないかい?・・・と。

    そして高木の世界は、思いもかけない広がりをみせはじめるのだ!

    青春小説。

  • 面白かった〜。

  • ハガキ職人、「ガルウィング骨折」面白かったです

全6件中 1 - 6件を表示

ハガキ職人タカギ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハガキ職人タカギ!の作品紹介

抱腹絶倒!新感覚青春ユーモア小説誕生!

第15回小学館文庫賞小説賞受賞作。2014年注目の大型新人鮮烈デビュー!イマドキの若者の生態にスポットを当てた、新感覚青春ユーモア小説。
広島県在住の高校二年生、高木正広は、筋金入りのハガキ投稿オタク。そんな高木は、今日もネタ帳とにらめっこ。クラスの女子は気味悪がって近寄ってこない。でも、そんなことは全く(全くでもないが・・・)気にならない。厳選したネタを、深夜のラジオ番組「大公民館」に投稿することが、高木の使命なのだから。昼間は、うだつの上がらない高木だが、深夜ラジオでは、ちょっと名の知れたハガキ職人。ラジオネーム・ガルウイング骨折として、全国のラジオリスナーにその名を轟かせている。このまま、好きなことだけをして、広島の片隅でひっそり暮らしていたい、そんな高木の願いもむなしく、東京で開催されるハガキ職人ライブにゲスト出演することに。高木の運命の歯車が少しだけ狂い始める・・・。

【編集担当からのおすすめ情報】
既存の小説とは違うにおいがしました。主人公・高木はオタク、友達はたった一人、彼女はいない・・・なのに、なんでこの主人公は、幸せそうなんだろう?みずみずしい感性がなくては書けない、イマドキの新しい青春小説が出てきました。笑いをこらえるのに必死になりながら読了。とにかくハッピーな気分にしてくれる1冊です!

ハガキ職人タカギ!はこんな本です

ハガキ職人タカギ!のKindle版

ツイートする