神様のカルテ0

  • 1636人登録
  • 4.09評価
    • (223)
    • (295)
    • (136)
    • (12)
    • (1)
  • 265レビュー
著者 : 夏川草介
  • 小学館 (2015年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864046

神様のカルテ0の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 0だから1以前という設定なのね。
    人間には神様のカルテというものがあるのか。
    うん、そうかもしれない。
    病気にかぎらず日常で起こることはある程度決まっているのかも。そう考えると気が楽だ。
    後悔しないように毎日を過ごしたいものだ。

  • 『神様のカルテ3』を読まぬうちに『0』を読みました。
    『神様のカルテ』にまつわる人々の前日譚である『0』
    4編の短編集ですが、一止が本庄病院の研修医となったばかりの頃の表題作「神様のカルテ」が一番良かった。
    心に残る言葉が多数。

    一止が担当した患者國枝さんとのやりとり。
    「本は良いが答えを教えてくれない」と言う一止。
    國枝の答えは、「たくさんの小説を読めばたくさんの人生を体験できる。そうするとたくさんの人の気持ちもわかるようになる」 「優しい人間になれる」
    一止の「優しいことが良いことばかりではないように思います」に國枝は「それは、優しいということと、弱いということを混同しているからです。優しさは弱さではない。相手が何を考えているのか、考える力を「優しさ」「 優しさというのはね、想像力のことですよ」
    一止を優しい人だと言い、「しかし、優しい人は苦労します」と。

    悩む一止に大狸先生の言葉。
    「神様がそれぞれの人間に書いたカルテってものがある。俺たち医者はそのカルテをなぞってるだけの存在なんだ」

    『神様のカルテ3』を読みたくなった。

  • 神カル1の前日譚的な小話が4つ。
    医大生時代の栗原先生と進藤先生と仲間たち。
    進藤先生と千夏さんの馴れ初めが素敵なので、その後のすれ違いを想うと切ないね。

    あとは本庄病院が「24時間365日」を始めた頃の乾先生と大狸先生のおはなし。
    栗原先生研修医時代のお話。表題だけあってこの物語の根幹となるべきエピソードな気がする。
    そして榛名ちゃんの冬登山。

    医療の話としてだけでなく、長野の美しい自然を感じられるのが素敵です。

  • 神様のカルテ、泣いた。本はよいですな、先生。優しい人間になれる。優しい人間になりたい。人間には神様のカルテがある、神様がそれぞれの人間に書いたカルテってもんが。

  • シリーズの元になるエピソード短編集
    やっぱり泣いた。

  • ハルさんにまた会えたのは良かったけど…
    この本は蛇足だったと思う。ハルさんの過去は本編での暗示くらいで十分だった。描きすぎて世界観が薄くなってしまった気がする。(世界観しっかりっていう作品ではないけど…)

  • 図書館にて。
    ずっと読みたいと思っていたが、期待以上の1冊。
    一止が医者になる前の学生時代の物語が、その後出てくる登場人物たちも合わせて嬉しかった。
    そんな歴史があったんですね・・・。
    神様のカルテという言葉についても描かれていて、ぐっときた。
    もう一度シリーズを最初から読み直したくなった。
    将来、きちんと新品を定価で全冊ハードカバーで買って本棚に並べ、娘にも読ませたい。

  • どれもこれも学びのある内容ですが、一番印象に残ったのは、最後の榛名のストーリーでした。無茶なことをした経験があるからこその強さ、みたいなものも共感できるのですが、やはり待っている人がいるからという動機も強さに代えられる、と、改めて考えさせられました。ぜひ4、5と読みたいなと思います!

  • 0とうたっているので、当然一止とハルさんの出会いの話かなと思っていたら、学生時代から始まり、最初一止は主人公ですらない、このまま学生時代の物語が始まるのかと思えば、突然本庄病院での書き残したようなエピソードになり、最後はハルさんの山岳写真家としての優秀さの話である、ちょっと期待した物語でないのでがっかりしたが、シリーズの最終で大学に戻ってしまった一止であるため、これ以上話は進めようないのかもしれない。しかし最近の医者は偏差値が高いから医者のなったと言うサラリーマン医者が多いからこう言う医者は実際はいない。

  • 一止たちが医大生の頃の話。神様のカルテは一止が夏目漱石愛好家で話し方も古風だったりどこか浮世離れしてるかと思いきや、医療の現実にしっかり向き合う作品になっているところが魅力だと思う。今回は医大に入ってもみんながみんな国家試験に受かって医師になれるわけではない現実などが描かれる。娘の結婚式に出るために治療を延期し、癌のことを隠し通すことを決めた國枝さんの娘が、実は母に聞かされ、父の病気を知っているのに命懸けの嘘を守ろうとするシーンは涙が止まらなかった。いくら医療が進化したって、人の生き死にを医師が自由に決めるわけじゃないってブラックジャックの本間先生も言ってたけど、その中で何ができるかが重要なんだと考えさせられた。

全265件中 1 - 10件を表示

夏川草介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
三浦 しをん
夏川 草介
夏川 草介
有川 浩
夏川 草介
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

神様のカルテ0を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様のカルテ0を本棚に「積読」で登録しているひと

神様のカルテ0の作品紹介

新たな『神様のカルテ』はここから始まる。

シリーズ300万部突破のベストセラー『神様のカルテ』にまつわる人々の前日譚であり、かつ珠玉の短編集です。栗原一止は、信州にある24時間365日営業の本庄病院で働く内科医です。本作では、医師国家試験直前の一止とその仲間たちの友情、本庄病院の内科部長・板垣(大狸)先生と敵対する事務長・金山弁二の不思議な交流、研修医となり本庄病院で働くことになった一止の医師としての葛藤と、山岳写真家である一止の妻・榛名の信念が描かれます。ますます深度を増す「神カル」ワールドをお楽しみください。

【編集担当からのおすすめ情報】
二度映画化され、日本中を温かい心に包み込んだ
大ベストセラー、待望の続編!

ツイートする