東京帝大叡古教授

  • 299人登録
  • 3.17評価
    • (4)
    • (35)
    • (61)
    • (19)
    • (2)
  • 58レビュー
著者 : 門井慶喜
  • 小学館 (2015年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864084

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京帝大叡古教授の感想・レビュー・書評

  • 面白かったです。

    近代日本史が苦手で全くわからず、
    ウンベルト・エーコのことはもっと知らなくても、です。
    (よく御存じな方にはたまらないんでしょうね…。)

    帝大の教授、宇野辺叡古と
    そこに縁あって居候することになる阿蘇藤太が
    殺人事件に巻き込まれていく話。

    登場人物が実在した名前そのままで出てきたり、
    本当にあった史実が出てきたり、
    本を片手に検索検索でした。

    叡古先生と藤太のやりとりが軽妙なので
    最初ちょっとふざけたミステリーなのかと思いきや
    どんどん重厚になっていき、
    その時代の雰囲気にどっぷりつかりました。

    日比谷公園ってそういうつくりなんだとか
    帝国ホテルってそうだったんだとか。
    赤門もそういうことだったんですね。

    ミステリーとしても面白かったのですが、
    叡古先生が藤太に諭す言葉。重みがありました。
    叡古先生の言葉が、打てばすぐに響く藤太。
    なんだか羨ましかったです。(私も響かせられるかな)
    近代日本史に興味が湧いた一冊です。

    最後の方に明かされる藤太の本名。
    えーーーーーって感じですよ☆

    門井慶喜さん、他の作品も読んでみたいです。

  • 直木賞候補なんですね~(予約いっぱいになる前に読むことができて良かったです)

    面白くて、勉強になりました。というのが正直な感想です。
    普段、まず使わない難しい言葉が多くて、辞書が手放せませんでした。
    実在の人物がたくさん登場して、気分はタイムスクープハンター♪
    叡古教授と藤太のゆるぎない信頼関係も、とても良かったです。

    そして、藤太の本名は?と持てる知識を振り絞って想像したけどわからず。
    (もしかしてアナグラム?とか…)
    最後にやっと、あの方か…。

    以下、ネタバレです。
    あの方について触れています。(名前は書いていません)



    かつて、お名前を読み間違えて覚えていた私が語るには、とてもおこがましいんですが…

    日本の外交の歴史において、不世出の方だと思っています。
    戦犯とされてはいても、あの時代において誰より戦争反対を訴え続けた方だと。

    あの日、どれほどの決意であの場に立たれたのか…
    どれほどの想いであの歌を詠まれたのか…
    今再び、同じ轍を踏むかのような危うい日本をご覧になったとしたら、どのように思われるのかと…
    ふと、考えずにはいられませんでした。

    そして、
    ミステリーのレビューで、このようにネタバレのようなことを書いていいのか迷いましたが、
    門井さんが藤太の本名として”今”あの人物の名前を書かれた…ということの、私なりの受け止め方として書くことにしました。

  • さて、何処までが実在して何処がフィクションなのか。
    彼が誰なのかそれが最大の謎。

    熊本から帝大の叡古教授に会うために上京してきた五高の学生の私。
    待ち合わせの図書館で教授らしき男性に声をかけるが、彼は床に崩れ落ちる。

    いろんなことが盛りだくさん過ぎる印象。
    漱石を出す必要があったのかな。
    連続殺人の動機も弱い気がするし、現実味がないので盛り上がらない。
    叡古教授ももう少し頑張ってほしかった。
    「私」と変わらないくらいに振り回されてる印象。
    そして、さくら子との関係が意味深な割りに酷い展開で、漱石出したのもコレが書きたかったからなのか。いらないかも。
    この時代の歴史を思い出しながら、なるほどなーと読む楽しみはあるけど、うーん。
    青春物語ということなのかな。

    人が学ぶのは、よい学位を得るためではない。よい職業に就くためでもない。道徳の涵養のためでもなく、人類の知の発展のためでもなく、学問そのものの愉楽のためですらない。人が学ぶのは、藤太よ、自分でものを考えるためだ。

    誰もがノーと言う日にイエスと言う。誰もが感情に身をまかせる日に冷静になる。それは口で言うは易しいが、おこなうは絶望的にむつかしいことなのだ。勇気がいるし、闘志がいるし、何より高い識見がいる。

    彼のことは「安物の万年筆」のエピソードしか知らなかったけど、かなり波乱万丈ー。

  • 門井さんの作品を初めて読んだけど、面白かったなぁ。
    ミステリーとしてより、歴史エンタテインメントとして爆笑してしまった。いろんな人物が登場するたびに「おいおい」とツッコミながら読了。一番の楽しみは語り手の阿蘇藤太が何者であるかなんだろうね。20世紀初頭の日本政治史に詳しい人ほど楽しめることうけ合い。

  • 日露講和条約締結の前後を時代背景に、大学教授が連続して殺されるという事件と、それに絡む熊本の五高生阿蘇藤太くん(仮名)及び帝大の叡古教授のお話。

    発端であり柱となる殺人事件の犯人捜しと、仮名の主人公の謎があるのでミステリ、それも歴史ミステリにカテゴライズされるかもしれない。
    ただ、そんなミステリの部分はあまりに取って付けた感じ否めず、そちらがサイドストーリーのように感じる。おそらく主題は叡古教授が主人公藤太に伝える言葉の端々にあるのだろうし、その言葉を得た藤太が誰であるかがキモであるように思う。

    とにかくガジェットが多すぎて漠とした印象が否めない。明治中後期から昭和前期頃までの日本の政治史や外交史を頭の隅に置いて読むと分かりやすいかも。

  • 最高学府で起こった事件から始まる連続殺人を巡るミステリ。……なのだけれど。本質はこれ、歴史ミステリかも。残念ながら私、この時代の歴史にはまーったく詳しくなかったので。あの人の正体が判明しても「?」だったのですが。そのあたりをよく知っている人なら衝撃なのかしら。
    でも個々の謎解きの部分は十分楽しめました。当時には考えも及ばなかったハイテクが駆使されるのも楽しく。なんといっても叡古教授の稚気が楽しいなあ。わざわざあんな暗号にしなくても(笑)。

  • 五高から東京帝大に進学希望の阿蘇藤太クンの出会う殺人事件の様々・・・といった意趣のミステリーなのですが、一筋縄ではいかない日露戦争~の日本の歴史の中で浮沈する華族や庶民の暮らしまで。何より歴史上の人物が次々と現れてくれるのはうれしい。藤太クンもただそれだけじゃないだろうなと思ったら、やっぱり・・・

  • まあ、歴史の中の近代を舞台にしながらきな臭い話しとミステリを展開しながらですが、なかなかミステリとしては好きな部類の展開でしたね。

  • 連続殺人事件を解決するのは、ウンベルト・エーコならぬ宇野辺叡古教授。舞台は明治後期の最高学府・東京帝大。また題材も、日露戦争後の講和条約締結に関する、きな臭い政治的なオハナシ。
    というわけで、『薔薇の名前』的な世界を想像していたのが、残念ながら(?)シンプルでわかりやすかった。タイトルや帯から、博覧強記な教授探偵がズバズバ謎を解く話を想像していたので、ちょっと期待はずれだったのかも...。
    教科書で習うような歴史上の人物が次々と登場し興味深いが、何より主人公の素性が一番のミステリーになっている。

  • 日露戦争終結前後が舞台で、連作ミステリでもあるが、それよりも歴史小説として興味深く読んだ。
    熊本から上京してきた政治家志望の学生の”私”は、叡古教授との待ち合わせのために行った帝大図書館で死体を発見してしまう。犯人と疑われた教授の無実を晴らすために、彼は新聞記者といっしょに被害者について調べることに…
    ミステリとしてはどうなの、と思う点もあるが、学生の目から見た当時の世相や、叡古教授の大局を見通す視点が面白い。
    なお、藤木直人主演の「叡古教授の事件簿」というドラマスペシャルを見て原作に興味を持って読んでみたのだが、内容はまったく別物である。

  • 主人公の正体が私がもっと近代日本史を知っていればわかったのになぁというやつ。今までの門井作品よりは軽い読み物な気がした。

  • 日露戦争時代の話。この時代の歴史は、授業でほとんど教えてもらってないや。

  • ウンベルト・エーコ…?と思いつつ読み始めたけど、時々わかりづらい…実在の人物と絡めて展開していて、後半は面白くなって一気に読めたが、肝心の藤太の正体が明かされたけどわからなくて自分の知識不足に残念…ラストはよかった!

  • 物語が進んでいく日付や登場人物の出身地などが、妙に親近感が湧く設定であった。

    謎解きミステリーとして読んでしまうと、その中身は薄い。
    1章と最終章がもう少し良ければ、4点つけたのになぁ。

    「人はなぜ、学問をするのか」
    「人が学ぶのは、よい学位をえるためではない。よい職業につくためでもない。道徳の涵養のためでもなく、人類の知の発展のためでもなく、学問そのものの愉楽のためですらない。人が学ぶのは、藤太よ、自分でものを考えるためだ」
    本文より

    3+

  • ミステリーとしてはかなり大雑把な作りなんで実在の人物や史実とのリンクを主に楽しみながら読む本なんだと思うんだけど、いかんせんそっち方面の知識が浅すぎて楽しみ切れなかった。でも知識無くても軽く読める本ではある。

  • 日露戦争直後のミステリー。

    かなり史実には忠実で好感が持てますが小説としての魅力は感じられませんでした。
    連続殺人ミステリーとして史実をいじらざるを得ず、ちょっと無理がありましたしミステリーとしてはいまいちでした。
    ただ、最後のミステリーとしての主人公の正体は歴史オタクとしてはほくそ笑んでしまいました。
    歴史ミステリーとしては中途半端な感じでしたので、宇野辺教授も実在の人物にして、歴史小説とした方が良かったように思います。

  • 最初は万城目学みたいのを想像していたけど、ちょっと違った。

  • 明治の学生と教授の交流の話。
    もっと面白いかと思ってたけど、いまひとつ…
    ラストはまぁまぁかな。ラストだけは。
    とにかく読むのに時間がかかった。

  • 請求記号: 913.6/Kad
    資料 I D : 50080786
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • ミステリーというか歴史小説というか。いまいち楽しみ方がわからず。近代史に詳しい人なら政治家とかが出てきて楽しかったのかもしれません。残念ながら歴史に疎い私。主人公の本名が物語の最後に明かされるのですが、え、だれ?てなりました。サクサク読めました。

  • 題名が堅いので難しい本かと思いきや、そうではなかった。明治という自分から見たら堅苦しい時代の話ながら、ちょっとコミカルな感じで話が展開する。テンポもいいのでとても読みやすい。

    ジャンルとしては犯人捜しをする推理小説なのだと思うが、あまり謎解きの部分は重要視されていないようにも感じる。いきなり殺人が発生し、たいした捜査や推理もないまま犯人が明らかにされるのには驚いたが、それも事件の黒幕が背後にいることを示唆する伏線である。ある意味小さな時間がいくつか発生し、小さな犯人があっけなく捕まるのだが、だんだんと黒幕に近づくにつれて面白くなってくる。

    本格ミステリーを期待して読むとがっかりするだろう。読み方としては、明治時代の日本が置かれている立場を踏まえながら、当時の人の考え方や文化・風俗を楽しみ、さらに面白くするスパイスとしてのミステリーを楽しめばいいと思う。普通小説として読むのがいいのかもしれない。

  • ウンベルト・エーコのもじりのような教授が出てきて,事件の謎解きをする,ポーツマス条約に絡む政治のあれこれや「三四郎」のモデル?と匂わせるような主人公の扱い,いろいろと意味深だったが,単純に日露戦争時の帝都の騒がしい狂態を描いたものと見た.重光葵の外交官志望のきっかけとなったというのも面白かった.

全58件中 1 - 25件を表示

東京帝大叡古教授に関連するまとめ

東京帝大叡古教授を本棚に登録しているひと

東京帝大叡古教授を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京帝大叡古教授を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京帝大叡古教授を本棚に「積読」で登録しているひと

東京帝大叡古教授の作品紹介

日本初! 文系の天才博士が事件を解決!

それでも地球は動いている。――こう語ったイタリアの科学者の名前を冠した大ヒットシリーズがある。ミステリーの主人公には、かように天才物理学者や、天才数学者がしばしば登場する。たしかに、理系の天才は見えやすい。
しかしながら、天才は文系にも存在している。
中世の修道院を舞台にしたミステリー『薔薇の名前』で知られる哲学者ウンベルト・エーコなど、その一人であろう。
この物語は、そんな文系の天才が登場するミステリーである。
物語の主人公・宇野辺叡古(うのべえーこ)は、東京帝国大学法科大学の教授である。大著『日本政治史之研究』で知られる彼は、法律・政治などの社会科学にとどまらず、語学・文学・史学など人文科学にも通じる”知の巨人”である。
その知の巨人が、連続殺人事件に遭遇する。
時代は明治。殺されたのは帝大の教授たち。事件の背景には、生まれたばかりの近代国家「日本」が抱えた悩ましい政治の火種があった。

東京帝大叡古教授のKindle版

ツイートする