夏の雷音

  • 155人登録
  • 2.89評価
    • (1)
    • (8)
    • (41)
    • (13)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 小学館 (2015年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864145

夏の雷音の感想・レビュー・書評

  • 神保町が舞台って事で読んでみました。
    音楽もそこそこ好きだし、古書店はもっと好き。でもって神保町の美味しいお店屋さんもどんどん出てくるし。
    って事でストーリーより神保町がよくわかったって感じです。

  • なるほど、そう来ましたか。明央大学=神保町だから明治大学の准教授吾妻が主人公。僕は明治出身ではないが、学生街だったり、楽器屋や古本屋が並ぶ雰囲気は十分に伝わる。作中の喫茶店や洋食屋が実名なのか仮名なのかまでがわからないのが明治出身じゃない限界なのだけど、街の描写が丁寧だと登場人物まで活き活きしてくる。
    高田馬場で雀荘を経営している友人がいるのだが、彼を主人公にミステリーというのはどうだろう。早稲田出身のせめてもの反撃。といっても堂場氏は青学だから神保町は作家になってから、出版社で打合せするようになって、詳しくなったのだろうか。

  • 堂場瞬一「夏の雷音」
    いままでの堂場瞬一の小説とは作風が違う?
    最初のうちは堂場らしくない作品だな~と思いながら読んでいましたが、読んでいくうちにどんどん引き込まれていきました。結果、★★★★★!!

    舞台は東京神田。名央大学法学部准教授の吾妻は生まれてからずっと神田で過ごしている。
    ある日、吾妻は高校の後輩でギターショップを経営する安田からギターを盗まれたので探してほしいと頼まれる。
    盗まれたギターは幻のギター「58」。アメリカのオークションで1億円で競り落としたものだという。好奇心旺盛な吾妻は、依頼を受ける。
    ところが、数日後、安田は早朝、店で殺されてしまう。
    ギターを探し、安田を殺した犯人を捜す吾妻は、学生の杏子に情報をもらいながら捜査する。
    神田署の刑事、敦賀は吾妻の大学の先輩で事件の捜査を行っている。吾妻は敦賀に素人が首を突っ込むなと忠告されるが、安田の店で働いていた水嶋から情報得て、バイヤーの和田に近づき、不動産会社の2代目社長である本沢がビンテージギターを蒐集していることを聞き出す。
    調べるうちに「58」にはレプリカ品があることがわかる。
    本沢はトンネル会社を作り、会社の金を自分のものにしてギターを集めていた。
    本物の「58」はどこにあるのか?
    安田がオークションで手に入れた「58」はレプリカ?
    1億円の出所は?
    盗まれた「58」はどこにあるのか?
    安田を殺しは犯人は誰なのか?

  • 世界に一つしか無いギターをオークションで落札した人間が殺された。
    神保町という町を中心にかなり狭い地域で展開されるストーリー。
    警察とこんな関係で動けるって現実にはなさそうですが、なかなかおもしろい展開。
    実在のミュージシャンの名前が出てきて、ギターをかじったことのある人なら、なんとなく共感しながら読めるかも。

  • 明央大学教授の吾妻が(場所的名前的にも明治大学がモデルでしょうが)高校の後輩安田からギターを盗まれたと相談される。なんと値段が1億2千万。

    しかし、その安田が殺されてしまう。
    なぜ殺されなければならなかったのか。
    ギターを巡るミステリー。




    主人公に感情移入できなかった・・・

  • 神保町に住む、大学の准教授、吾妻幹。
    かわいい後輩、楽器屋を営んでいる安田。

    安田がある日1億2000万円もするギターをアメリカのオークションで落札する。
    その値段は、アメリカの有名ミュージシャンの間を渡り歩いてきたヴィンテージもの。
    しかし、数日後、ギターは忽然と姿を消してしまう。

    高額のため保険がかけられるか検討している最中に起こった事件。

    その後殺人もおき、次から次へと話の展開がすすんでいく。

    神保町が目に浮かび行ってみたくなった。また、堂場さんはギターのことも勉強されていてかなり多彩!素晴らしい~

  • 楽器店からオークションで1億円で落札されたギターが盗まれた。続けて楽器店主が殺された。明央大学教授が捜査に乗り出す。

  • 神保町界隈はいくつかの顔を持つ。
    古書店の町は、神保町交差点から専大前交差点の間、靖国通りの南側。そのまま小川町の交差点にむかうとスポーツ用品店が立ち並ぶ。駿河台下交差点から御茶ノ水駅方面に向かうとそこは楽器店街。そして、そのなかにカレー屋さんはじめ多くの飲食店が立ち並ぶ。

    その、神保町が舞台となった、推理小説。
    殺されるのは楽器店店主、犯人を追いつめるのは、神保町で生まれ育ち神田駿河台の大学に務める准教授。
    冒頭のシーン、キッチン南海のカツカレーから始まり、舞台は神保町のあちこちの風景を織り込みながら展開する。というより、むしろ、話は神保町からほとんど出ていかない。
    その神保町の雰囲気のなか、極めて神保町らしい殺人事件とその捜査は、徹頭徹尾、実に神保町。
    その雰囲気は、神保町の街角で、酒屋のおやじに話を聞くレベルの地元感。
    私は10年以上神保町で働いているので、どっぷり神保町感を楽しんだのですが、神保町に詳しくない方が読んで、どう思うかはわかりません。
    とりあえず、神保町関係者のかたにはおすすめ。

  • 世代が合うなら面白いかもしれないけど・・・
    あと、主人公がイマイチ

  • 動機としては物語中にある通り馬鹿馬鹿しい。
    警察の捜査が難航するほどの事件なのか、、、
    タイトルの雷音はギターのサウンドをなぞってるのかもしれないが、内容は激しくはない。

  • う〜ん…。
    物語に入り込めない…。
    無駄に長い。

  • +++
    神保町の楽器店から消えた1億2000万円のヴィンテージギター。それはアメリカの伝説のミュージシャンが所有していたものだった。オークションで落札した楽器店主は謎の死を遂げるが…。生まれも育ちも神保町の大学准教授・吾妻幹は事件を追い始めるが、愛する街で起きた殺人事件は思いも寄らぬ展開を見せ始めていく。実在する食の名店も多数登場。一気読み必至の神保町ミステリー。
    +++

    ギターのことはまったく判らないが、オークションで1億2000万円で競り落としたのが、後輩の楽器店店主・安田で、しかもそれが盗まれたと知って、明央大学准教授の吾妻幹(あずま かん)は、ギター探しに協力することになる。そんな矢先に安田が殺され、吾妻はヴィンテージギターにまつわる裏の動きを調べる羽目になるのである。神保町とギターに馴染みのある人にとっては、はらはらどきどきにわくわくも加わって何倍も愉しめそうだが、どちらにも親しんでいないわたしとしては、個人的にはさほどのめり込めはしなかったというのが正直なところである。吾妻先生と父親との今後の関係には興味があるので、吾妻先生のこれからは少し見てみたいと思わされる一冊だった。

  • ギター盗難からの音楽の話が多めだったけれど、ミステリとしてはどうだろ₍₍ ◝( ˙ ꒳ ˙ )◟ ⁾⁾でもギターの話は面白かった

  • 神保町ミステリ

  • ギターに興味ないので

  • 話は安定の面白さ。淡々と事件が明らかになっていく。盛り上がりにはちょっと欠けるのだけど、自分的にこの作者さんの嫌いな言い回しがずいぶん少なくてその意味では読みやすかった。 #読書

  • ギターに興味ない。
    神保町に思い入れもない。
    主人公に魅力もない。。。

    で、謎解きも面白くない。

  • オークションで競り落とした1億2千万円のギターを巡る事件。神田神保町が舞台になっていたので、読んでみたが、堂場瞬一の単発ものとしては、そこそこ面白かった。
    でも、別に神田神保町が舞台であることをそこまで強調しなくてもいいかなぁ。

  • ヴィンテージギターが話の中心にあったので興味を持って読めたが、真相に行きつくまでちょっとだらだらした感じがある。普通なら騙されてレプリカをつかまされた本沢社長がさらに一億を出して騙した相手を通じて本物を手に入れようと考えはしないだろうし、ちょっと安易な場面設定が目についた。

  • 大学の先生が探偵役で事件を解決していく。神田の町の事がよくわかる。カレーが食べたくなった。 2015.6.18

  • 堂場さんの新しいシリーズ。う~ん、微妙・・・
    神田神保町が分からないとどうでもいいのでは???

  • 神保町に住む大学准教授の吾妻は、高校の後輩の楽器店主から、盗まれた1億2千万のギターの捜索を依頼される。
    しかし、楽器店主が何者かに殺される。
    神保町の良さは伝わって来たが、ミステリーの展開は退屈だった。

  • 面白かった。シリーズ化するかな。わくわく。

全30件中 1 - 25件を表示

夏の雷音に関連する談話室の質問

夏の雷音を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏の雷音の作品紹介

著者渾身!史上初の神保町ミステリー登場

神保町のギターショップから消えた1億2000万円のエレキギター。それはアメリカのオークションで落札されたギブソン58という幻の名器だった。盗難にあった店のオーナーはその後謎の死を遂げる……。神保町にある明央大学法学部准教授の吾妻幹は生まれも育ちも神保町。愛する街で起こった謎の殺人事件を追跡することに。教え子の女子大生を助手にして調べていくうちに億単位の値がつくヴィンテージギター業界の内情、オークションの世界のからくりを知る。そんな吾妻の前に地元神田署の刑事が立ちはだかるが……。
実在の神保町名店の数々も登場。史上初の神保町ミステリー、一気読み必至の一冊。

夏の雷音のKindle版

ツイートする