タスキメシ

  • 356人登録
  • 3.63評価
    • (17)
    • (85)
    • (55)
    • (9)
    • (2)
  • 87レビュー
著者 : 額賀澪
  • 小学館 (2015年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864282

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

タスキメシの感想・レビュー・書評

  • すんごく面白いかったけど、何かが足りなくて、とても惜しい気がした。ところどころ誰のセリフなのか、誰の気持ちなのかわかりにくくって、そこはちょっと読むのに苦労した。帯に「熱涙間違いなし!」と、書いてあったけど泣かなかったな…。


    眞家早馬(兄)、眞家春馬(弟)。(←服部兄弟か!と、一人ツッコミを…)、助川亮介、藤宮藤一郎、井坂都、稔先生。


    「去る者」と「追う者」の二部構成。視点が面白い。あと駅伝プラス料理も新鮮でした。兄と弟って兄弟であってもライバル。私にも妹がいるからわかる。下がどんどん自分に迫ってくるこわさはたまらないものがるだろう。同じ競技をしているならなおさら。男は血を分けた兄弟でも戦いなんだなぁ。アツいわ。


    一番共感したのは助川かな。あと都にも。怪我で戦線離脱した早馬が復帰したのもうれしかった。力も持つ者だけが上がっていける容赦のない世界。早馬…うじうじしている中に自分を感じた。


    先日読んだ『やがて海へと届く』のテーマが「歩く」なら、この『タスキメシ』のテーマは『走る』だ。


    259ページの「なあ春馬、走るのって孤独だよな」の一言が腑に落ちた。私は走者じゃないけど、やっぱり人生は歩くとか走るとか登山に似ていて、そして結局自分と向き合って孤独だよね…と。
     

    みんなカッコよく、そして何だかちょっと妬けて萌えた。早馬、都、助川の三人がその後がとても気になった。終りの見返しの部分に「GOAL!←」「…and START!!」とデザインされているので続くと信じたい。シリーズ化してほしいな。スピンオフでもいいから書いてほしいです。面白くって一日で読んでしまった。予約者多数なので早く返却しないといけない。

  • 高校陸上部の話で青春しすぎて読むのが辛いか? と思ったけれど、家族との関係、食事を作ることで解消されていく心のしこり、そして大学卒業までと素晴らしく濃縮された物語だった。
    食べたもので作られる、カラダもこころも
    と思うと、これからも一食一食をさらに大切に丁寧に作りたいものだ。

  • 兄弟、駅伝、料理の話。
    兄弟っていつまでも兄弟なのですねぇ。兄は弟の前を走り、弟は兄の背中を追いかける。追いかけてきた弟が、もう、すぐ後にきていたら兄としては複雑でしょうね。
    故障した兄はひょんなことから料理に興味を持ち、偏食の弟のために料理を習います。料理を教えてくれるのは同級生の女の子。その女の子も事情を抱えているのですが、それは徐々に明かされます。
     兄にはずっと走っていて欲しいと思う弟と、足の故障を抱えて走ることの不安と弟に負けてしまうかもしれないという怖れから陸上を辞めようと思う兄。
    兄弟の他に同じ陸上部のライバルも登場します。そしてそのライバルは料理の女の子とは幼馴染です。

     箱根駅伝のシーンと過去の回想シーンが交互にきて、ちょっとめまぐるしい印象はありますが、兄弟の葛藤や走ることへの情熱等、青春を大いに感じさせてくれる話でした。
    そして出てくる料理の美味しそうなこと、身体は食べ物から作られていくのだなぁと思いました。食事を疎かにしてはいけませんね^^;

  • 久しぶりの駅伝物語。早馬の料理はどれも気持ちがこもっていて美味しそうでした。元々は都のレシピなんだけど、色々抱え込み、考えながら作る時点でそれはもう彼のレシピなんだろうと思います。作中出てくるメインの人物に嫌な人が誰もいない。春馬も助川もそれぞれに苦しみ、悩み、正に駆け抜ける青春。清々しいったらありゃしない。早馬の箱根はそれで良かったのでしょう。彼が選ぶ道に幸あれ、と思います。都とはどうなるんだろう。今は早馬なのかな。助川の気持ちは今はどこにあるのか。そんなことも気になる読後でした。

  • 「俺の分まで、お前は走れ」

    兄弟陸上選手の物語。
    兄・早馬は膝の故障から競技を退き、超偏食の弟・春馬を食の面からサポートする事に。そして舞台は箱根駅伝へ―。

    早馬には走る事を辞めるという事に対しての葛藤が、春馬にはずっと追いかけて来た兄の背中が見れなくなるという不安が、チームメイトにはいつも一緒に走ってきたライバルがいなくなるという寂しさが、それぞれにある。
    彼らは様々な感情を抱え、思い悩みながらも前へと進んで行く。

    走る事が好きで、でも同時に怖くもあり、才能のある弟の存在も早馬を苦しめていく。
    それでも自分なりに陸上と関わっていこうとする早馬の、決意と彼の選んだ道。
    決して楽な道のりではないけれど、それを乗り越えていける彼の強さを見た気がした。

    あとなんだかんだで、みんな早馬のこと大好きだよね。
    兄としてライバルとして、そして一人の選手として、周りから愛されて、信頼されているのを感じた。

    出てくる料理もなかなか美味しそう。
    アスパラと里芋と豚肉の照り焼き炒めとか、カブと手羽元の煮物だとか。あとお茶漬けも。
    でも一番印象的だったのは、やっぱりハンバーグかな。

  • 最近立て続けに駅伝小説を読んできたのですが、こういう切り口があったのか!と目からウロコ。
    けど、考えてみたらアスリートと食べ物って切っても切れない深い関係があるわけで、なぜここをフューチャーした小説が今までなかったのかと、今更ながら思ったりして。
    陸上の長距離という孤独な戦いを続けるなかで、誰よりも早く、誰よりも先を走って来た選手にとって、怪我や手術は致命的なブランクとなる。リハビリをして「治った」として、またその孤独な戦いの中に戻って行けるのか、と、その気力は持ち続けられるのか。このまま怪我を言い訳に逃げ出したくなるんじゃないか、しかもずっと自分の後ろを走っていたはずの弟に追い抜かされている状況の中では。
    高校駅伝を舞台に、家族、兄弟、友情、といういろんな物語を巻き込んで、額賀小説はまっすぐに突き進んでいく。いろんな挫折や怒り、そして苦しみの中で10代の彼らの涙が光る。額賀さんが描く高校生たちはいつも自分の弱さを誰にも見せないように強がっている。孤独な自分の心を、今回埋めてくれるのは料理。あぁそうだ。人を作っているのは心を込めて作った料理たちなんだ。誰かのために、自分のために、彼らが作る料理の数々。おいしそうだ。食べることを楽しみにしていられる間は大丈夫。生きていける、まっすぐに。強くなれ!君たちの未来はまだまだこれから拓けるんだ!そう思いながらページを閉じました。

  • 永遠のライバル兄と弟。
    兄側の思いも弟側の思いも、納得。
    そういうものよね。近くて遠い。

    そして共に走る仲間。
    さらに、恋愛では無い男女の友情。
    思っていたよりずっと、厚みのある内容だった。

    駅伝にかける青春に、料理が絡まるところは意外。
    蛇足なのでは?と思ったりもしたけれど、
    食とスポーツは切り離せないもの。
    作る側も食べる側も、料理にはまっていく様が、なんともわくわくしてしまう。

    本人よりも周りに必要とされる存在って素敵だ。
    そして、本人も全てを理解した上で貫く意地というか衝動。
    ラストシーンは感動的だ。

  • ランものも小説は好き。シンプルだからかな。
    走ることと食べること。シンプルで良いところが、ちょっとごちゃっとしていて読みにくかったかな。
    2017/8/31読了

  • 額賀澪さんの作品は全部読んでるつもりでいましたが、これだけ抜けてました。
    スポーツや料理を題材にした作品は珍しくないけど、その2つを組み合わせた小説は珍しいかも。

    何かもっとシンプルに「料理のパワー」にフォーカスしても良かったんじゃないかと思いました。
    少し時系列も飛び飛びで、不完全燃焼なカンジは否めません。

    でも料理するシーンは好きでした。
    実際にこの本読んでたとある日の夜ご飯に鯵のなめろう作りましたし笑

  • 年子の兄弟はライバル心が強いのかしら。
    担任の先生が兄を陸上に向かわそうとするのではなく、前を向かそうとするのがいい。

  • 陸上部に所属する、足を怪我した兄と、兄の背を追っている弟の話。兄弟というのはなかなかに難しく、けれどよいなと思った。あと、美味しいごはんというのは、それだけで力がでる。
    2017/5/10

  • 「一瞬の~」「風が強く~」「バッテリー」…有名どころのスポーツ物はそれなりに読んできたし、課題図書はつまんないのがお約束って偏見もあったので相当期待値低く読み始めた。最初は突然投入されるガッツリとした調理エンタ系話(これまた有名どころは大概読んだ)に予想通りとげんなりしたけど、早馬とその周りの葛藤具合はやり過ぎじゃなくて「そういう事あるだろうな」と自然に入り込んでくる加減で、結末の感じもなかなかよかった。

  • 駅伝と料理との絡み

  • 大切なものをなくしてしまった時、自分はどうするだろう?
    考えたくないテーマです
    この小説のように空白の部分に何かを詰め込むとか
    仲間が後押しをしてくれるとか
    自分にも何とか乗り切れることを信じよう

    駅伝と料理、違うようなことも一緒にストーリーに組み込めてます
    時間が行ったり来たりして技巧的だけど不自然さは感じなかったです

  • 長距離走で怪我をした兄と伸び盛りの弟。箱根駅伝と料理を絡めつつ話が進んでいく青春小説。周囲の人間たちにも様々な事情があるのですが、主人公である兄との関係がみんな曖昧なまま終わるのでなんとなく消化不良。はっきりさせてしまうと逆に単純な話で終わってつまらんのかも、とは思うけど…

  • 箱根駅伝。天才型の弟と故障してしまった兄。ここに料理をからめたお話。実際は高校時代の話が中心なのだが、大学で兄は陸上を続けたのか、箱根駅伝を兄弟で走ることができたのか、その答えは最終章まで分からない。きれいごとではない終わり方がリアルだなぁと思ったけれど、非リアルに箱根駅伝を描いた三浦しをんの「風が強く吹いている」のほうが爽快感はあるかも、です。

  • 言葉にならない兄の複雑な気持ちがたくさん出てきて、それは本当に言葉にしづらい感情なのに、読んでいて文章の雰囲気から感じることができた。時間軸や視点が絶えず入れ替わるので、人によっては読みにくく感じるかもしれない。
    出てくる料理も体に良くておいしそうで、レシピ本も一緒に欲しくなる!
    全体的に疾走感があり、読み終えた頃いい感じにお腹が空く。友情と兄弟愛に胸が熱くなり、主人公の陸上への熱い想いにこちらも涙が出る。箱根駅伝の往路から復路の間に読むのにオススメな1冊。

  • 想像してた話と全然違うかったけど、数十ページを読んで
    「ああ、これ、好きな話やわ・・・」
    と、なりました。

    駅伝、故障、料理、ライバル・・・。

    あー、うん、私が好きな要素がてんこもり・・・。


    早馬と都は、当人たちもいうてたけど、正反対すぎてベクトルが一致したのかも。
    似すぎてると、相手が何を気に病んでいて、相手が何を気遣ってくれてるのかもわかるから、それが余計に重く感じるんよね。

    ほんで、都は
    「勝手に同情される」
    と、いうことがどれほどみじめかを知っている。

    早馬は
    「みじめな努力なんてしたくない」
    と、いう気持ちが強すぎて陸上から逃げようとしていた。

    この二人のコントラストが、切なくなるのよー。
    それは私が、みじめという気持ちにみょうに敏感やからかもしれへん。

    早馬がまた大学で陸上を再開したというのは
    「えっ?」
    って具合やし、まさか箱根の二区で
    「早馬が待ってる」
    と、助川たちがいうのは、じつはちょっとガックリきたのよね。えー、ここでご都合主義なの? みたいな。

    それは、そんなことなかったねー!!


    常にトップを走っていた人が、故障して再起不能かと言われた。
    そこから泥臭い努力をして這い上がってきたけれど、結局一流にはなれなかった。

    それを格好悪いといわれても、いいじゃないか。そういってしめくくられた終盤に、うっかり泣きそうになったよ。

    「いいじゃないか」
    と、自分で納得できるようになるまでどれだけの時間がかかったか。

    私にも、努力をした結果叶わなくても、努力をした過程が大事なんだなんて簡単にいう人は、努力なんてしたことないんじゃないっていいたい時期があった。

    挫折なんてしたことないでしょう。やっても、やっても敵わなかったみじめさなんて知らないだろうと。

    努力せずに敵わなかったってまだどこか安心できるよ。
    「だって精一杯やらなかったもんな。だから、敗けてもしょうがないよな」
    って自分に言えるもの。

    精一杯やっても敵わなかったら、じゃあどうすればいいの。目の前の相手との差を見せつけられて、無様に膝をついている自分はどうすればいいの。
    それでも、「がんばった過程があるからいい」なんて、いえるわけがない。

    そして、物事というのは、努力して敵わない人のほうが圧倒的に多いのだ。
    だから、早馬のように、泣きながらどこかで自分に区切りをつけないとあかんねやろうと思う。
    現実は、きっとのそのくらい、シビアだ。
    だけど泣いてつけた区切りには、未来が生まれる。そこでようやく、頑張ったという過程が評価されるんやろうな。それは、自分が、自分を、認めてあげられるんやろうな。


    都は家庭環境がシビアやったので、「ふつうの家庭でふつうに過ごす」と、いうことから満足にできない小学生やったのだ。
    だからって可哀想がられるのは彼女のプライドが許さず、ふつうのことをふつうにやるために、彼女はふつうでない努力をしている。

    そんな彼女から見たら早馬なんてほんと甘ったれで情けなくて、助川が心配するような「好き」は、おろか、「嫌い」にすらならん相手やったやろうなあ。
    だからこそ、都も早馬に救われた部分があるんやね。

    「物分かりのいい子」と、して色々なことをまず受け止めるということも、やっぱり大事やから。

    傷をなめ合うばかりの同情でもなくて、突き放すばかりのお節介でもなくて、ただいっしょにいて、何かをするというだけの心地の良さ。
    自分に爆弾を抱えてるときほど、そんな空間って大事やと思います。でも、「ただいっしょにいるだけ」やから、そこには何も生まれないけども。(それがいいとか悪いとかではなしに)


    後半は... 続きを読む

  • 著者初読み。青春さ全開で、爽やかな読後である。兄弟で陸上をやっていた早馬が陸上では弟に引き離されてしまうと感じ、そして、都に出会い、料理を一緒に作っていく中で、栄養面で弟をサポートしていくうちに、栄養士を志す。兄弟と陸上に対する心理描写と料理の美味しそうな描写が相まっていて良かった。極度の偏食だった春馬が早馬の料理を食べ、偏食も減っていくのが良かった。結果的に陸上の成績向上にも繋がったと思った。登場人物皆様々な思い、葛藤、迷いがあり、互いに力を合わせて乗り越えていく姿、決めた道を自分を信じ進む姿が良い。

  • 怪我で部活を陸上部を休部状態の兄が新たに見つけた居場所は、料理研究部だった。それもたったひとりの女生徒だけが部員の…。復帰を願う弟は複雑な心情を抱く、が…

    駅伝がテーマの、兄弟ふたりと同級生たちを中心に描く青春小説。兄の怪我による苦悩と、料理でなんとか立ち直っていこうとするどこか痛々しさを感じるふるまいがなんだか哀し気で、始終明るいトーンなんですが、早く元気になって…と言いたくなるもやもやさを彼にはずっと感じました。弟のすっぱりしたところを分けてあげたいというような…。

    美味しい料理は舌を満たす栄養を与えるだけではなくて、心をも満たしてくれる。作中に登場する料理は身近な食材で作れそう!と思えるようなものばかりで、等身大に悩みを抱えている高校生たちにある意味ぴったりで、先を先をと走りゆく彼らに力を与えてくれそうな、そんな名脇役として引き立っていると感じました。

    泣けて笑えて、最後は切ない。自分の道を信じて進むたくましさとひたむきさ、一緒に過ごしていく仲間たちとの振り返れば短い大切な日々。そういったきらきらとしたものがちりばめられた、澄んだ印象の物語でした。

  • とてもさわやかな良い話。額賀澪さんの作品はとてもさわやかで、最近の若手の中ではいいなぁと思う。

  • 青春の栄光と挫折。
    結局は将来に何を見据えるかです。

  • 請求記号:913.6/Nuk
    資料ID:50084043
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 傷ついたゆえに、強くなった若者たちの話。傷を抱えた彼らを支えたのは、まっすぐに育った友と弟。大切なのは、挫折からどう立ち直るかだということがよくわかる。

全87件中 1 - 25件を表示

タスキメシに関連する談話室の質問

タスキメシに関連するまとめ

タスキメシを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タスキメシの作品紹介

駅伝×料理男子。熱涙間違いなしの青春小説

陸上の名門高校で長距離選手として将来を期待されていた眞家早馬(まいえそうま・高3)は、右膝の骨折という大けがを負いリハビリ中。そんな折、調理実習部の都と出会い料理に没頭する。一学年下で同じ陸上部員の弟春馬、陸上部部長の親友助川、ライバル校の藤宮らは早馬が戻ってくることを切実に待っている。しかし、そんな彼らの気持ちを裏切って、心に傷を抱えた早馬は競技からの引退を宣言する。それぞれの熱い思いが交錯する駅伝大会がスタートする。 そのゴールの先に待っているものとは……。
高校駅伝、箱根駅伝の臨場感溢れる描写とともに、箱根駅伝を夢見て長距離走に青春を捧げる陸上青年それぞれの思いと生き様が熱く描かれる。青年達の挫折、友情、兄弟愛・・・。熱い涙、しょっぱい涙、苦い涙、甘い涙が読む者の心を満たします。
読後は爽快感と希望に溢れる熱血スポーツ小説です。


【編集担当からのおすすめ情報】
誰よりも何よりも駅伝が大好きな著者が心を込めて紡いだ青春小説です。息詰まる駅伝シーン。スポーツ小説の枠だけにとどまらない人間ドラマ。料理を通して感じる人の温もり。そして・・・・。
現在青春まっただ中の世代にも、かつて青春だった世代にも、誰かのために料理を作っている世代にも、スポーツ観戦が大好きな方々にも、多くの方の心に感動を呼ぶこと間違いなし!
2作同時デビュー作で話題を呼び、早くも青春小説の旗手と歌われる著者のすべてが詰まった、青春小説の傑作誕生です。

タスキメシのKindle版

ツイートする