教場2

  • 569人登録
  • 3.38評価
    • (9)
    • (106)
    • (137)
    • (16)
    • (3)
  • 116レビュー
著者 : 長岡弘樹
  • 小学館 (2016年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864350

教場2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 6月-3。3.5点。
    警察官学校の連作短編、第二弾。隻眼の講師が主人公。
    色んなクセのある生徒たち、教官たち。
    すぐに読めて、面白い。

  • シリーズ二作目。今回も教場内で巻き起こる事件と、張り巡らされた罠。それに挫折して学校を去る者と、それをばねにしてより一層成長する者。それぞれの物語の主人公が辿るのは果たしてどちらの道なのか。どの物語も主人公に感情移入するほどにどきどきさせられました。
    本当に、警官への道は険しく厳しいものです。でもだからこそ、そこで戦う彼らはカッコいいと思えました。風間教官もカッコいいなあ。もちろん鬼のような厳しさもあるけれど、そこはかとない優しさも感じられるところが素敵です。そりゃあ女子学生にモテるわ(笑)。

  • 警察学校が舞台。卓越した洞察力を持つ白髪隻眼の鬼教官・風間が、「教場」編入者たちの心の闇や驕りや妬みなどをつまびらかにしつつ、彼らを成長あるいは「退場」へと導いていくストーリー。相変わらず無駄のない運びに容赦ない結末、教場1と同じくお見事でした!ただ、読後感は少々重めです。そこも含めての人気なのかも。

  • 何もかもを見通す観察力。
    警察官としての優れた実力。
    隙のない教官・風間と、その生徒たちを、オムニバスで描く。
    変わらず厳しい風間だが、冷酷なのではない。
    前作よりも優しく、マイルドになった印象。
    教場の雰囲気も、悪意は変わらずあるものの、ぴりぴりした怖さが弱まったような。
    ミステリというより、人間模様を描く物語。

  • 警察学校の風間教場での風間教諭と生徒との間での事件エピソード短編集の続編ですが、今回の6編ともに風間教諭の刑事としての実績に基づいた鋭い観察眼が生徒間のトラブルを見事に解決していく様が面白かった!ですね。
    でも今回の作品のほうが、モヤモヤとしたオチになるのではなく、ハッピーエンド的なオチになる話が多かったような気がします。
    それにしても風間教諭と作者は違いますが、ジョーカーゲームの結城中佐のキャラがダブってみえるのは私だけでしょうか?

  • 警察学校小説第二弾。

    前編から続いて、風間教官が現れると自分が生徒になったかのごとく緊張する。
    指されませんように~名前呼ばれませんように~。
    今回は推理物としても楽しめた。

  • わざわざ続編を作るほどか?とか思いながら読んだけどどれも面白くあっという間に読み終えてしまいました。他の方の感想にある通り、1よりマイルドになっている印象。
    6つの中では広告塔の女の話がスカッとして一番お気に入りでした。

  • 鬼のように厳しく、全てを見抜く警察学校教官が与える試練。”半引導”として渡される退校届の先にある教官の教えが生徒たちを成長させる。

  • 警察学校の風間教場を舞台にしたミステリー短編集の第2弾。
    警察学校や警察組織のことを垣間見ることができるという面白さもあるし、警察学校における青春群像劇という意味でも楽しめる。ただ、個々のミステリー短編としては、読後感すっきりという感覚はあまり得られなかった(前作もそのような印象)。6本の中では、「心眼」「敬慕」が比較的面白かった。登場人物では、「創傷」の主人公で、前職が医者の異色の警察学校生である桐沢篤が、なかなか良いキャラクターだと思った。

  • 同じく短編集。
    1の次の期。
    1より文章が洗練され読みやすい。内容はドロドロではない感じ。

全116件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

教場2に関連する談話室の質問

教場2を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教場2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教場2を本棚に「積読」で登録しているひと

教場2の作品紹介

大ヒット警察学校小説、待望の続編!

●第一話 創傷(そうしょう)
初任科第百期短期課程の桐沢篤は、風間教場に編入された不運を呪っていた。医師から警察官に転職した桐沢は、ゴールデンウイーク明けに最初の洗礼を受ける。
●第二話 心眼
風間教場では、備品の盗難が相次いでいた。盗まれたのは、PCのマウス、ファーストミット、マレット(木琴を叩く枹)。単独では使い道のないものばかりだ。
●第三話 罰則
津木田卓は、プールでの救助訓練が嫌でたまらなかった。教官の貞方は屈強な体格のスパルタ教師で、特に潜水の練習はきつい。本気で殺されると思ってしまうほどだ。
●第四話 敬慕
菱沼羽津希は、自分のことを初任科第百期短期課程のなかでも特別な存在だと思っている。広告塔として白羽の矢が立つのは、容姿に秀でている自分なのだ。
●第五話 机上
仁志川鴻は、将来の配属先として刑事課強行犯係を強く希望している。元刑事だという教官の風間には、殺人捜査の模擬実習を提案しているところだ。
●第六話 奉職
警察学校時代の成績は、昇進や昇級、人事異動等ことあるごとに参照される。美浦亮真は、同期で親友の桐沢篤が総代候補と目されるなか、大きな試練に直面していた。



【編集担当からのおすすめ情報】
週刊文春「2013年ミステリー部門」第一位に輝き、
2014年本屋大賞にもノミネートされ、
警察小説に新機軸を打ち出したベストセラー、いよいよ続編登場!
もちろん、白髪隻眼の教官・風間公親は健在!

教場2のKindle版

ツイートする