もういっかい彼女

  • 253人登録
  • 3.58評価
    • (8)
    • (22)
    • (28)
    • (1)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 松久淳
  • 小学館 (2016年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864411

もういっかい彼女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これ好きだな。なんていうか世界観が凄く好き。不倫なんだけどな…それが霞んでしまうぐらい気に入ってしまった。不思議な世界に迷いこんだみたいにフワフワした感じがたまらなかった。にゃにゃこの存在がいい味出してる。

  • タイムスリップ物のSF系恋愛小説でしかも純愛で号泣って・・・w
    基本的に全然そそられないんだけど、いただいたので読んでみましたw

    最初からまわりくどい説明っぽくて好かんな~、と思いつつも、波に乗ったら続きが気になり一気読みww

    結末がすごい!とか、感動と衝撃が同時に!とか、帯に書いてあったけど、こういう帯やめて欲しいーw
    先が読めちゃったので、想定内の展開で坦々と読了~。

    あ~、私ってつくづく可愛げのない女だわねwwwww

  • 面白かった…けど、なんだか今ひとつ感情移入ができなかった。

    購入したきっかけは、
    ブクログのレビューか何かで、
    こんなタイムリープもありか、というようなコメントを見たからだったと思う。
    確かに、タイムリープのアイデアは面白い。
    そして、40歳の佐々田からするとタイムリープだけど、
    実際に語ったと思われる”今の”佐々田からすると
    タイムリープではないところも。

    彼にとってみれば自分を語る幽霊みたいなものが現れたようなもので、
    ただ、信じるに足る何がしかがあったから相手にしたので、
    ちゃんと聞き入れて信じる若い佐々田も
    未来の自分を馬鹿にしてはいるけどロマンチストなのは同じだと思う。

    老若の佐々田のやり取りが面白い。

    あと、広田さんのキャラが面白すぎるのだが、
    一瞬で登場が終わってしまうのがもったいない。
    どうしてもあのしゃべりが頭の中で再生できない
    けど、こんな人居そうだな、っていう微妙な差異が面白い。

    映像化したらどうなるんだろうーーーしてほしい。
    主に広田さんの興味だけど。

  • 誰もが一度は思ったことがある「過去に戻りたい」
    けど、佐々田が望んでいたのは、自分の過去をやり直すことではなく、愛した人が生きて来た人生を見守る事。現実の自分が過去の彼女に係ることでその後の人生を変える事が出来るかもしれない。そんな可能性を前にした苦悩。そしてそこにある種の恐怖もあったはず。
    初めて過去の彼女に会った時からもしかすると既に運命は変わっていたのかも。その都度分かれて行ったであろういくつかの人生。
    結末の切なさとともに、もしかすると私にもあったかもしれない別の人生を思い、いまここで生きている不思議を思う。

  • 仕事でお会いしたことがあったので、拝読。

    老いた小説家の思い出話に付き合わされる若手ライター。彼が話し始めた、昔の恋人にまつわるファンタジックなお話でした。

    私にはロマンチックすぎてついていけなかった。

  • とっても好きでした。
    不思議で切なくてあたたかい!!
    図書館で4か月待った甲斐が
    ありました\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/

  • 謎は謎のままだったが、切なくてグッとくる話だった。

  • こんな風なタイムリープものは初めてで、面白かった。
    完全に感情移入できたわけではないけれど、結末が楽しみであり、なんとなく分かった気がして、結局違った(笑)

  • なんでこれが高評価なのか全くわからない。

  • オチは途中で分かっちゃった。全てが好きな人一色になっちゃったことがまだ私にはない。でも、なんだか共感できた。

全25件中 1 - 10件を表示

松久淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

もういっかい彼女を本棚に登録しているひと

もういっかい彼女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もういっかい彼女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もういっかい彼女の作品紹介

大人切ないタイムスリップ号泣ストーリー

私は、何度か過去に戻ったことがある--。雑誌のインタビューで出会った初老の官能小説家が話し始めた内容は、想像を絶するものだった。
これは、夢か、現実か、それとも彼の戯言なのか?

雑誌のライター・富谷啓太(通称・タニケー)は、自分が担当する「オールド・タレント」というインタビュー連載に、なんとなく訳ありのある人物を取材するよう依頼される。取材相手は、佐々田順という官能小説家で、20年前に9作の小説を世に出した後は、すっかり鳴りを潜めていた。
カメラマンの野田奈々と、その初老男性の取材を終えたタニケーは、ひょんなことから佐々田のとんでもなく長い話を聞くことになる。

もういっかい彼女のKindle版

ツイートする