メシマズ狂想曲

  • 97人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (9)
    • (14)
    • (4)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 秋川滝美
  • 小学館 (2016年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864596

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
秋川 滝美
宮下 奈都
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

メシマズ狂想曲の感想・レビュー・書評

  • 著者の他の作品と同工異曲の恋愛もの。

  • 読みやすさ バツグン!! でも、もう少し あま~~い感が 欲しかったな(^^;;

  • 居酒屋ぼったくりシリーズが好評な秋川滝美さんの「メシマズ狂想曲」、2016.11発行です。著者得意の料理の世界を扱ったラブストーリー。建具会社に同期入社、営業職の男女、34歳の友達なのか恋人なのか、言いたいことをいいあって仲の良い二人です。当事者は、「恋」に気づいているのか、気づいていないのか~(^-^) 料理は二人とも下手です(^-^)

  • 滝田和紗、34歳。
    独身。
    彼氏の作り方も料理の作り方もさっぱりわからないまま、キャリアを重ねて、気がつけば係長に。
    出世は早いけど、このままでは、仕事と心中してしまう!?
    女性としての幸せって何!?
    仕事と外食ばかりでは、体も心も疲れるばかり。
    ゼロから料理を始めたい!
    恋にだっておおいに興味がある!
    (アマゾンより引用)

    この作家さんの話の展開は分かりやすい( ´ー`)
    面白くはあるんだけど、私的にはもうちょっとひねりが欲しい( ´ー`)
    そして、私は断然課長のほうが好きだ(笑)

  • お仕事.恋愛.料理の小説。こんな話し方する社会人なかなかいないよ。すごい読みやすかったのは良かった。

  • 滝田和紗、34歳。独身。
    彼氏の作り方も料理の作り方もさっぱりわからないまま、
    キャリアを重ねて、気がつけば係長に。
    このままでは一生仕事漬け!?
    働く女性への応援歌。お手軽レシピも満載。

  • 老舗の総合建具会社のナンバーツー?営業マン、和紗。同期の村越はダントツの営業ナンバーワンで、和紗にいろいろ絡んでくるけれど。
    アラサー、彼氏無し。女子力もなく、村越には営業成績に差をつけられ、ため息の日々。

    いつも美味しそうな料理が楽しみなんだけど、今回はカンベンーっと思うほどメシマズな主人公。
    レンジに卵は入れるし、増えるワカメでお味噌汁がワカメの味噌煮に。
    悩ましいお年頃でメタボ予備軍の健診結果に、自炊を目指すけれど。

    主人公が明るくたくましいのに、自信のない鈍感オンナ、といういつもの!
    もちろん、相手は外見も能力もダントツなイケメン。
    いつもの王道なんだけど、憧れの柿本課長の魅力や村越の魅力がイマイチ伝わってこない。
    ただバタバタして終了ー。
    貝の砂抜きとか鶏肉を柔らかく仕上げるとか、ちょびちょび、料理の豆知識が挟まるのは楽しいんだけども。
    もう少し谷ありでも良かったかも。

  • 鈍感ぶりと料理べたぶりが最高です。
    ここまで!って感じて読んていて楽しかったです。

    また二人のテンポのいい会話が爽快ですk

  • 出来の悪い少女マンガみたいだ。

    ぼったくりファンですが、この本はイマイチ。

    一言でいうと、夢見る女子の妄想をそのまま文字に起こしたラノベって感じ。

    30過ぎた男女のクソみたいな恋愛小説です。

    著者の「ぼったくり」は料理の話が良かっただけなのね…と思うほど、リアリティのない甘々小説でした。

    読む価値のない本でした。

    まー、恋愛小説好きならどうぞ。

  • 料理云々より、すぐ結果がわかるのはどうなのか?

  • 営業職の1、2位を争う同期である二人が料理が下手なところから始まる。女性の方は、同じ課の課長が好きであったのだが、男の方はその女性が好きであり、最初の方はすれ違っていた。料理を通じてだんだんお互いが意識をしだし付き合うようになる。しかし、2人の作る料理がどれだけまずそうなのかがよくわかるwww
    今後、シリーズ化されるのであろうか?

  • 秋川さんお得意の、仕事はかなりできるけど
    プライベートでは超絶鈍感なオトナ女子が
    主人公のお話。でも、今までに多い料理上手な
    女性ではなく真逆な、料理が全くできない系
    (無駄に挑戦して撃沈するタイプ)の女性。
    とにかく王道。さや当て系相手はいるものの
    サラッとしているので、妬み嫉み陥れ諸々が無くて
    読みやすくて安心する感じでした。

  • 「メシマズ」からスタートしてるので、
    いくらでも話を広げる(料理が上手になる)ことができる。

    これもシリーズ化するんだろうか・・・?
    出たら読むけど・・・

  • 恋愛漫画を読んでいるようだった。

    34歳、独身、誕生日も残業。
    料理もしたことない、でも高給取り、女では出世している方だ。
    仕事でのライバル、村越と同じレベルの料理バトルをしたり、後輩からの相談を受けたり。からの恋へ発展。

全15件中 1 - 15件を表示

メシマズ狂想曲を本棚に登録しているひと

メシマズ狂想曲を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メシマズ狂想曲を本棚に「積読」で登録しているひと

メシマズ狂想曲の作品紹介

メシがマズい和紗のお料理奮闘記!

累計40万部を突破した『居酒屋ぼったくり』の著者・秋川滝美の最新作。この本を一冊読み終わるころには、出汁の取り方から、ちょっとしておつまみまで作れるようになっているかも。30代、ちょっぴりさみしい女子必読の一冊。

滝田和紗、34歳、独身。彼氏の作り方も料理の作り方もさっぱりわからないまま、この年を迎えてしまった。株式会社カジワラで女性で係長と言えば、かなり出世は早いけど、このままでは女性としての幸せを掴み損ねる。そろそろメタボも気になるお年頃。外食ばかりでは、体も心も疲れてしまう。
ゼロから料理を始めたい!メシマズを脱したい!そんな時に利害が一致した同期の村越が和紗と一緒に料理研究を始めることに。営業のライバルだった村越が、料理の同士に。そこに村越に思いを寄せる後輩女子やその後輩に思いを寄せる同僚などが加わって、てんやわんやの料理研究が始まる。

メシマズ狂想曲のKindle版

ツイートする