本を守ろうとする猫の話

  • 1030人登録
  • 3.33評価
    • (27)
    • (76)
    • (118)
    • (34)
    • (5)
  • 125レビュー
著者 : 夏川草介
  • 小学館 (2017年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864633

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木 司
辻村 深月
恩田 陸
三浦 しをん
宮下 奈都
東野 圭吾
エラ・フランシス...
夏川 草介
有川 浩
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

本を守ろうとする猫の話の感想・レビュー・書評

  • 私にはなかなか難しい、本に関するファンタジー小説だった。

    読みたい本が沢山ありすぎて、どこまで1冊の本に真剣に取り組めてるのか、なんとなく後ろめたい気持ちに。

  • 祖父を亡くした少年の前に現れた、人間の言葉を喋る猫。
    この猫に導かれ、少年は本を救うために迷宮へと足を踏み入れていきます…

    期待していたよりも、ライトな内容だったので☆2つ。
    著者が本に抱いている想いは伝わってきたけれど、その部分を強調するがゆえに描かれた本の力が限定的になっているようにも感じてしまいました。
    登場する文学作品も海外のものばかりで、日本の文学も入れてほしかったな…、と少し物足りない読後感。
    でも、本書をきっかけにして、中高生が文豪の作品にも挑戦してみよう、と思ってくれるのであればうれしいです。

  • 喋るトラネコ、店の奥にあるはずの無い通路、そこを抜けた先に広がる奇妙な世界。どこかにありそうな話ではある。しかし、物語の中では、現代の本離れ、本を取り巻く現状をどこかユーモラスに、かつ丁寧に描かれている。林太郎は3人と対話し、本を救い出すことに成功する。ここで終わりではなくて、その後を書いているところがよかった。各々やり方を変え、地位を失ってしまった3人。
    思いだけではどうにもならない。“世界で一番読まれた本”は、林太郎にそう告げる。それでも林太郎は言う。本は、人を思いやる心を教えてくれるものではないかと。
    よく言った少年、と一人目は言う。自信を持ちなさい、と二人目がいう。三人目は、思いだけでは変わらないと意見され、こう返す。「それでも、やってみようとは思わないかね?」
    私たちが今も本を読めるのは、こんな人たちがいるからなのだ。現実にいるたくさんの人たちが、こんなに大変な世の中でも、それでもやってみようと思いを繋いで、ここまで本を届けてくれている。私はちっぽけな一読者に過ぎないけれど、本を大事に読む人間でありたいと改めて思った。

  • 【図書館】これは…素敵な本でもあり、考えさせられる本でもありました。そして心に響く言葉がたくさんあり、付箋がいっぱいになりました。本が好きな方にはぜひとも読んでほしいし、本を読むこととはどういうことなのか…考えてほしいと思いました。これは手元に置いておきたいな。

  • 本は・・・好きに読めばいいんじゃないかな?w
    なんでもそうだけど、バランスが大事なわけで。

    愛し方って人それぞれだからね。
    全部を同じように愛するのは無理だし、熱烈に愛し合って蜜月を過ごすのもいいし、あちこち浮気して歩いた末に穏やかな関係にたどり着くのもいいし、深入りせずとも友好的な関係を持続させるのもいいし、みんな素敵で選べなくてどれもこれも追っかけちゃう!ってのもいいしw

    好きな時に好きなだけ、必要な時に必要なだけ、手に取りさえすればいつでもスッと寄り添ってくれるのが本だもんねぇ?

    ただし、基本的には紙の本を推奨しますがww

  • 私にとって読書とは、登場人物と自分を重ね、うまく表現できない自分の気持ちを言葉にしてもらい共感すること。だから難しい本は避けたり、途中で読むのをやめてしまったりと、自分に合う本しか受け付けなくなっていた。
    読んで難しい本は、自分にとって新しいことが書いてあるから理解に時間がかかる、ということに目から鱗。もっといろんな本と向き合ってみようと思った。

  • 本を愛する大切さを伝える本。ただファンタジーは、そこへどれだけ読み手を熱中させるかが1つのポイントになると思う。そういう意味で、不思議な世界に入り込むワクワク、ドキドキ感があまり感じられなかったのと、林太郎の言葉が浅いものに感じられてしまったことが残念。これは、猫に「戻れないかもしれない」と言われながらも、その場であっさり(ではないのだろうが)解決→元の世界へ戻ることが、なんとなくわかるからかもしれない。ちょっと惜しい作品。

  • 本を愛する著者が出版業界の現状を憂う作品ですね。
    ホントに本が好きなのが伝わってくる。
    この青臭い感じは、中高生に読んでもらいたい。
    そして本を好きになって欲しい。

  • まさに本を守ろうとする猫の話でした。
    神様のカルテとは違うけれど、文体は通ずるものがあり、何か底辺にあるものは同じあたたかいもののような気がする。
    本を読む事が好きだと思っていたけれど、耳が痛いところもチラホラ。特に最近は読みやすい本ばかり読んでしまって…。昔みたいに何度も読み返す事もへったなぁ。難解な本は登山と同じなのですね。難しいと思うのは知らない事だから、というのは新たな視点。
    確かに本を読む人は減っていて重厚な本は減っている現実。自分にとっては大切な事なので、まずは読み続けていきたい。

  • 「本が好き」にも様々なかたちがあること。
    そのかたちが必ずしも
    正しいかたちばかりではないこと。

    でも、「本が好き」という気持ちは
    必ずその人自身に
    何かもたらしてくれること。

    人から見た幸せや充実が
    その人の幸せや充実になるとは限らないし
    幸せや充実の中に
    気付かなかった本当の「大切なこと」が
    隠れてるかもしれないこと。

    林太郎くんがおじいちゃんから教えてもらったことが
    本だけでなく人の心を動かしたことに
    とてもじんわりあったかい気持ちになりました。
    肩の力が入りすぎない
    林太郎くんのキャラクターも
    とても好きでした。

  • 本好きの高校生の話
    本について読む側と売る側、そして本についての熱い気持ちを綴った作品
    本について色んな考えかたがあるんだと思った
    作者の気持ちを伝えるにはボリュームが足りない気がする

  • 作者の本に対する思いを、ファンタジー仕立てのようにして語られている印象。
    私は子供の頃から本ばかり読んで育ってきた、いわゆる“本好き”ですが、何だかこの本を読むと、読書を特別なものにしすぎて、違和感というか、ザワザワしました。
    本来読書は娯楽であり、癒しであるので、もっと自由に気楽に、楽しんで読めばよいだけなのになー。なんて。

  • 「神様のカルテ」程、感情を揺さぶられたわけではなく、ただじんわりと言葉がしみていきます。
    本好きの人は好きかなぁ? 逆に物足りないんじゃないかなぁ…?
    結論:図書館には猫が似合うけど、古書店にも猫が似合う(笑)

  • 個人的にだけどもうちょいボリューム欲しい。
    でも名言は確かにある。過去、出会った何人かに時を遡って突きつけてやりたい言葉もある。
    でも殆ど心の栄養です(^^)

  • いい時間を過ごさせてくれた。この本を読んでの率直な感想だ。

    きっとこの作品に出てくる人々のように、たくさんの本を読むことがいいことだと思っている人も少なからずいると思う。私だって、短い人生なのだからできるだけたくさんの本に触れてから死んでゆきたいと思っている。でも、だからと言って1冊1冊の本との出会いを損材に扱ってはならないと改めて感じさせてくれた。
    本を読むペースなんて人それぞれでいいと思う。ただこの本に出てきた例がたまたまそれだっただけ。本当に言いたいことは、本の持っている心1つひとつにしっかりと向き合って味わっていくべきだということなのではないだろうか。
    作中にはたくさんの名言が詰まっていて、きっと近いうちに再読するためにこの本を開くのだろうなということが容易に想像できる。

    「お金の話はやめて、今日読んだ本の話をしよう」全ての本好きの方におすすめしたい一冊でした。

  • 毎朝きいているラジオのパーソナリティーが、水曜日、本の紹介をするんです。でも、それは、とても、つまらなくて、虚無感ばかり募っていく。なんでだろう?と思っていたら、
    この本に全部書いていました。
    彼は、迷宮にいる人たちとおなじなのです。

    私にとって、本は友人です。力の源です。知識の宝庫です。哲学の指針です。
    何度も読み返し、己の血肉にする。それが読書です。
    もやっと自分のなかにあった概念が、文字になり、ストーリーになって、具現化したもの。そんな作品です。
    どうか、この本を読んだあかつきには、本とは何か、本を読むことはどういうことなのか、考えるきっかけになりますように……

  • 古本屋、祖父を亡す、引きこもり気味、おとなしい少年、本を守る、活発な女子高生(クラスメート、音楽部)
    登場人物
     夏木林太郎:引きこもる少年、本が好き、古本屋を続ける
     トラ:トラネコ、言葉を喋る、本を守るため林太郎を引き込む
     柚木沙夜:クラスメート、明るい、林太郎を心配で顔を出す。気があるかな
     その他:祖父(冒頭で亡くなる。古書店の元店主)、叔母:一人になった林太郎を支える、気の良い、太っちょ
    短編
     1.閉じ込める者
     2.切りきざむ者
     3.売りさばく者
     4.最後の迷宮

  • とても良い本だということはわかるのだけど、児童書のようなせいか既視感があるというか、あーなんだかこーゆーお話あったなと感じてしまう。

  • 本と猫ってなんでこんなに相性がいいんだろうね。しかも古本屋ときた日にゃぁ、もう完全無欠のコンビ。
    天涯孤独の引きこもり高校生と言葉をしゃべる猫、そして活発なクラスメイト女子。2人と一匹の冒険は本を愛するすべての人の心に届けたいファンタジ。
    夏川さんらしい優しさに満ちた物語。

  • 日々たくさんの本が消化されている現代の状況とひたすら読破数を重ねる読み方に一石を投じた?内容。
    と、そんな難しい内容ではなく、自分と本の関わりを考えさせてくれる本。
    好きな本を再読したくなる一冊。

  • 皆んな本が好きで本が消えてなくならないように必死に戦っているんだなーと感じ感銘を受けた。本を大切に読んで行かなければ本も所詮はただの紙切れになってしまうのは、あまりにも悲しすぎる本が擦り切れるまで大切に読んでて行こうと感じた作品です。

  • 物知りになるために読書をするのではない

  • 2017.10.13読了
    付箋をいっぱいつけるほど素敵な文章があるんだけど、なんだろう、ちょっと上滑りな感が。泣けた、良かった、という評価がたくさんあったので期待しすぎたのかな。

  • ファンタジーのような、児童書のような、ライトな感じ。でも本好きに時々チクッと刺さるようなこともあり。

    古典が売れず、安っぽい要約した本やあらすじ本ばかりが売れるという言葉はちょっとドキッとしましたが、そういうとっかかりから気になるジャンルを見つけていくのもまた一興だと思ってみたり。

    人物描写がイマイチで、あんまり感情移入できなかったけど、サラッと読むにはいいかも。

  • 「君は、本が好きですか?」この問いかけに、どのように答えられるだろう。ワシは「もちろん」と即答できるが、本を取り巻く人々には、考え方も、接し方も色んな人がいるのも確か。

    そんな中でも本に苛烈な人たちと、主人公&喋る猫が対決していく。状況なり設定なりは唐突で、好意的に見れば宮沢賢治的寓話世界と言えるかもしれないけど、ワシはどうにも釈然としないまま物語は進んでいき、終わってしまった。

    主人公が対峙するのは、ある意味「如何にも」な本の悪人だが、改心の理由やら主人公の選ばれた理由が弱く、フワッと読み終えてしまった。

全125件中 1 - 25件を表示

本を守ろうとする猫の話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本を守ろうとする猫の話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本を守ろうとする猫の話を本棚に「積読」で登録しているひと

本を守ろうとする猫の話の作品紹介

『神様のカルテ』シリーズ外、初の長編!

「お前は、ただの物知りになりたいのか?」
夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られることになり本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を守るため林太郎の力を借りたいのだという。
痛烈痛快! センス・オブ・ワンダーに満ちた夏川版『銀河鉄道の夜』!

【編集担当からのおすすめ情報】
300万部超のベストセラー『神様のカルテ』著者、
初のファンタジー長編!

ツイートする