ポッピンQ

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 東堂いづみ
  • 小学館 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864640

ポッピンQの感想・レビュー・書評

  • 黒星紅白さんがキャラクター原案で、気になったので。
    中学3年生の卒業というとありふれた感もあるけど、たぶん色々悩むのはいつの時代も誰でも変わらないんだろう。
    ダンスとかは映画の方が面白いんだろうとは思うけど、これは仕方ないですね。

  • 黒星さんの表紙は良い。カバーの紙質はとてもよくツルツルではなく高級感のある仕上がり。5人の表情や仕草は言うまでもなく、背景の書き込みが時の谷の幻想と立体感を表していてとても好き。

    以上が特に褒める点ではないでしょうか。
    シュリンク掛けられて棚差しされていたので内容を確認できず買ったのですが、思ったよりも文字が大きく、小学校高学年向けでしょうか。
    物語を進める事を目的とした、皆の内面が見える3人称で、映画を忠実に追います。追加はジンバットに関する言及と、グロスなど名称を説明するセリフでしょうか。映画の良さである3Dモデルのダンスが小説ではあっさりしてしまうため、心情描写の追加で読みごたえを補強、していただきたかった。
    映画のセリフから読み取れた以上の心情は感じませんでした。中3の感じる「みんな、同じなんだね、私たち」という感情は、こんなに単純であったのか。

    映画に忠実なノベライズであるため、企画全体を見つめて、どうすればもっと面白くなるのか考えて遊びながら、続編を待ちましょう。

    小学館ジュニア文庫のポッピン・ドロップを読んだ。映画の後に必ず読むべきはあちらである。その後、もう一度見返すためにこの本へ戻ってくればいいと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

ポッピンQを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポッピンQを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポッピンQを本棚に「積読」で登録しているひと

ポッピンQの作品紹介

この冬、No.1のアニメ映画ノベライズ

卒業式の日、異世界の「時の谷」に迷いこんでしまった中学3年生の少女たち。
5人の少女たちは、それぞれ誰にも話せない迷いを抱えていた。
そんな彼女たちに、不思議な生命体「ポッピン族」が、世界を救って欲しいと言ってきて…。



【編集担当からのおすすめ情報】
映画のシナリオを忠実にノベライズ。より一層、映画の魅力を楽しめる1冊です。

ポッピンQはこんな本です

ツイートする