祝言島

  • 116人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (8)
    • (27)
    • (6)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 真梨幸子
  • 小学館 (2017年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864756

祝言島の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真梨さんで楽しみにして読んだけれど、う~ん、イマイチでした。
    一気読みしたけど、よく分からない・・・というか、もう一度読み返せばきっといろいろ気がつくところもあるんだろうけれど、
    もう一度読み返すほどの内容か?というと、そこまでして読まなくてもいいか・・・という程度でした。

  • いつも通り、たくさんの登場人物が複雑に絡み合って登場するというパターンの本で、途中頭がこんがらがった。
    でも、一気読みしたせいか、いつもよりは内容が理解できて人物相関図が頭で出来上がった。

    タイトルの「祝言島」は東京の小笠原諸島にあったとされる都市伝説的な島。
    その島をもとに作られたドキュメンタリー映画「祝言島」。
    映画監督は嘉納明義。
    それと、以前、演劇界のカリスマと言われた男性、他二人の女性が殺された事件「十二月一日連続殺人事件」。
    その二つを踏まえた上で始まる本文。

    登場人物は皐月、珠里、紅玉、百合という女性、そしてその周囲の人間たち。
    皐月は芸大に通う女子大生。
    彼女は母親と二人暮らしで、幼い頃から突然どこかにいなくなる母親に依存している、いわゆるマザコンな女性。
    母親に依存している彼女は母親の言うままに芸大に入り、今回も母親に紹介されたバイトをする事に。
    そしてある契約書にサインをする。

    珠里はそこそこ売れている女優。
    彼女にはつきあっている男性がいるが、彼は彼女に暴力をふるうし、金を無心するヒモ男。
    そんな彼女に彼女の生い立ちを追うテレビ番組「ファミリー・ポートレイト」に出演する話が持ち上がる。

    紅玉は珠里の友人の売れない女優。
    実は彼女は3つの殺人事件どの人物とも関係があった。
    彼女はある日、珠里のつき合う男と関係をもち、それをブログにさらしてしまう。

    百合は紅玉の母親。
    彼女は元ポルノ女優で、実は紅玉の父親は「祝言島」の監督である嘉納。

    これに、サラ・ノナというオネエのスタイリスト。
    イボやんという「祝言島」の映画の中で虐殺された女性。
    などなど。
    様々な人が登場する。
    こうやって書き出していってもどうだったっけ?となるし、ストーリーの把握がとても難しい話。
    どこまで書いていいんだっけ?となるし、読み終わった後、何となく分かったような分からないような、ごまかされたようが気になる。
    というのはいつもこの作者の他の本を読んでも思う。

    殺人事件の真相のキーワードは登場人物の瞼のあざにある。
    それが「祝言島」はどんな島だったのか、という事につながるし、殺人事件の原因そのものになり、一つの真相に結びつく。
    そういう事って本当にあるんだろうか?と思った。
    以前見た「時計じかけのオレンジ」をふと思い出す話だった。

  • 真梨幸子の新作ってことで楽しみにしてたけど、イマイチだった。結局2重人格がオチかいってとこ。でもロボトミーを受けての2重人格ってとこがキモか。ロボトミー。一応心理学専攻だった者として知ってはいたけど、やっぱ恐ろしく感じる人は多いよなぁ。でも薬漬けにしたり長期入院させたりするのと、どっちが人道的かとも思う。祝言島救護院の恐ろしさをもっと書いて欲しかったなー。あと母親の呪縛と。いくら何でもオネエのおばあちゃんをママと思って生きるかいなぁ。ロボトミーでそんなにお馬鹿になるの??

  • 「未解決の連続殺人事件と、消された島の血塗られた歴史」
    これだけでも絶対面白いのに、プラス真梨さんでこれは読まずにいられようか。

    こ、これは・・・・最初はえ?え?え?と謎に包まれながら読み進めて、2回目はペンとチラシ(書き殴るから)を準備して、相関図を書きながら読むとこれまた面白いな、きっと。
    複雑だ。登場人物も濃ゆいのがたくさん。名前も特殊。
    もしかして、こうか?
    と思ったその上の上を狙われたような気がいたします。読んで損なし。

  • いや~!またまたきました!イヤミスの女王・真梨幸子!!ww

    湊かなえさんの方がイヤミスの女王としては知名度が高いかもですが、ブレないという意味ではやはり真梨幸子さんに軍配をあげたいtantanですw

    小笠原諸島にあった「祝言島」。
    しかし後年、祝言島は”なかったこと”にされ、ネット上でも都市伝説になった。
    一方、祝言島を撮ったドキュメンタリー映画が存在し、ノーカット版には恐ろしい映像が・・・。

    メイ、珠里、ルビィ、百合――
    4人の女たちを軸に進む、世にも恐ろしい「未解決事件スペシャル」の、はじまり、はじまり~~!

    ・・・あ、毎度のことながら、頭ん中こんがらがりますんで、そこんとこひとつよろしくー!www

  • う〜ん…
    それほどイヤミスでもなかったかな。

  • 読後感が良いわけがない。

    でも、他にやろうと思っていた用事を全て投げ打って一気読みしてしまう。
    (飛ばし読みして先を知りたい衝動に駆られるけれど、それは我慢)

    てんてん「、、、」の箇所はいつも通り要注意。

    読了後、登場人物の名前に1〜9まで全部入っているということに気づいたと思っていいのか、それともそれは深読みなのかを真梨さんに聞きたいところ。

    そしてやっぱり、もう一度(ざっとではあるけれど)最初から読み直す…というお決まりのパターンと相成る。

    【追記】「し」と「に」の付く人物も?と考えたのは深読みし過ぎだった。
    読み返したら、(漢)数字が使われているとのことだったので。

  • え、どうなってるの?
    二重人格の人が複数いると混乱してしまうなぁ。それぞれが他人だと思って行動しているのだから、これまたわかりにくくなる原因かも。
    思い込みが激しいとろくなことにはならないということかしら。

  • 2017/10/2 読了

  • 東京オリンピック前夜の1964(昭和39)年、小笠原諸島にあった「祝言島」なかったことにされた島に纏わる謎に満ちたミステリー。 登場人物だけが多くて混乱(相対図付き)なんとなく読んでて、きっと 同一人物なんだろうなぁ~と先が読めたwグロさもなく不満いっぱい。

全27件中 1 - 10件を表示

真梨幸子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
村田 沙耶香
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
真梨 幸子
真梨 幸子
真梨 幸子
柚木 麻子
湊 かなえ
塩田 武士
湊 かなえ
東野 圭吾
湊 かなえ
東野 圭吾
奥田 英朗
真梨 幸子
湊 かなえ
辻村 深月
真梨 幸子
柚月 裕子
三浦 しをん
角田光代
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

祝言島を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

祝言島を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

祝言島の作品紹介

「消された島」をめぐる超弩級イヤミス!

東京オリンピック前夜の1964(昭和39)年、小笠原諸島にあった「祝言島」が噴火し、生き残った島民は青山の仮設住宅に避難した。しかし後年、祝言島は”なかったこと”にされ、ネット上でも都市伝説になった。一方で、祝言島を撮ったドキュメンタリー映画が存在し、ノーカット版には恐ろしい映像が含まれていた。
2006年12月1日、東京で3人の人物が連続して殺され、未解決となっている「十二月一日連続殺人事件」。無関係と思われる3人の共通点が「祝言島」だった。半世紀を経て、”消された島”の禍々しい歴史が暴かれる――!!!





【編集担当からのおすすめ情報】
メイ、珠里、ルビィ、百合――
4人の女たちを軸に進む、世にも恐ろしい「未解決事件スペシャル」の、はじまり、はじまり。
著者が「私史上最高のラストに着地した」と太鼓判を押す、イヤミスの新境地。
物語に呑み込まれぬよう、人物相関図を書きながらお読みください。

祝言島はこんな本です

祝言島のKindle版

ツイートする