末ながく、お幸せに

  • 207人登録
  • 3.49評価
    • (3)
    • (17)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
  • 20レビュー
  • 小学館 (2017年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864763

末ながく、お幸せにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結婚って、人生の中でも一番か二番目の大きな変化でありドラマであり。誰でも結婚にまつわるあれこれで一冊本が書ける、って誰かが言ってたような。
    七月のとある日に結婚式を挙げている幸せ絶頂の2人を祝う8人の人々の、それぞれの思い。
    単純に「おめでとう」というだけでない複雑な思いがスピーチで、またはモノローグで語られる。
    ひとりひとりの言葉から、彼らと主役たちの間にある年月の重みと複雑な関係が見えてくる。
    誰もが一点の曇りもなく単純な「幸せ」だけで結ばれていくわけではない。それだけど、いや、それだからこそ、結婚というひとつの区切りから始まる新しい人生がより幸せであることを祈りたくなる。読み終わって、自分の結婚について誰かに語りたくなってしまいました。

  • 蔵書なし

  • ある結婚式を舞台に各々の家族の想いが祝辞として語られていく。母娘や夫婦や姉妹やいろんな形で対になって生きている様が自然に描かれていていい。素敵な結婚小説だった。主演は黒木華でWOWOWで映像化してほしい。

  • こんな結婚披露宴に出たことはないな。
    新郎新婦のレストランに行ってみたいものだ

  • 友だちや上司、親戚から語られる花嫁の姿。
    それぞれが花嫁の萌恵に関わったことで
    様々な想いを抱えている。
    それぞれの語りからなんとなく萌恵の姿が見えてくる感じ。
    誰からみるか、どういう関わり方をしたかによって
    人の見え方は変わるんだなぁと感じました。
    ただ、この話では基本的にはどの人から語られても
    ちょっと過去に何かを抱えつつも
    良い相手に巡りあえて、
    今からきっと幸せになるであろう花嫁の姿が見えるようでした。
    結婚が幸せとは限らないけど
    幸せに迎えそうな結婚、そして結婚式であることがすごくいいな、と思いました。
    そういう結婚式がしたいなぁと思いました(*´∀`)

  • 涙が出そうになった。ろれなのに、何だろう、何かが足りない。うわっぺらな感じがする。そんな印象の作品。
    ところで、新郎は昔、なぜ”やんちゃ”していたのかな? 新郎の印象が薄すぎる。もう少しページ数があればいいのにと思った。

  • 結婚式でドラマがあるのは新郎新婦だけではない。
    スピーチをする人も、そうでない人も。
    新婦の萌絵は、最初、ただいい子ちゃんなのかと思ったら、彼女も辛い過去を抱えている。
    でも、萌絵の姿勢がいろんな人に前を向く力を与えている。
    最後の萌絵の言葉も温かい。

  • とある結婚式での友人や親族たちのおはなし。
    きれいな連作だった。

  • 相手に幸せにしてもらうのではなく、相手を幸せにするのではなく、自分の幸せを自分で作り上げる。それができる者同士が結び合うこと。それが結婚というものだろう。私たち、本物の夫婦になれるかな?もらい泣き必至の結婚式小説!

全20件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

末ながく、お幸せにを本棚に登録しているひと

末ながく、お幸せにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

末ながく、お幸せにを本棚に「積読」で登録しているひと

末ながく、お幸せにの作品紹介

もらい泣き必至の結婚式小説!

お祝いを一言、お願いします。
8人のお祝いスピーチで、何が語られたのか!?

シリーズ1000万部ベストセラー
『バッテリー』完結から12年!
ついに辿り着いた
あさの文学の最高到達点!

謹啓 光がきらめきを増し、本格的な夏の到来を感じるころとなりました。
この眩しい季節に、わたしたちは結婚いたします。
つきましては、わたしたちの結婚の宴にぜひとも
ご臨席をお願いしたく、 招待状をお送りさせていただきます。
わたしたちが、わたしたちの新たな旅立ちを
祝っていただきたいと思う方々だけを
ご招待した、ささやかな宴です。
ご多用中とは存じますが、どうか、よろしくお願い申し上げます。
謹白
日時 七月一日 午前十一時より
場所 やまべリラホテル 二階 インディゴ
九江 泰樹 瀬戸田 萌恵

あたし、生まれてきてよかった。

【編集担当からのおすすめ情報】
近頃初めて「ゼクシィ」を買った女性と、そのお母さんにぜひ読んでほしい物語です。ここに描かれているのは、母娘の紛れもない真実の愛です。
――担当編集者

末ながく、お幸せにはこんな本です

末ながく、お幸せにのKindle版

ツイートする