教場0: 刑事指導官・風間公親

  • 148人登録
  • 3.57評価
    • (6)
    • (20)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 長岡弘樹
  • 小学館 (2017年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864787

教場0: 刑事指導官・風間公親の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現場百回

  • 教場シリーズの最新刊は、風間教官が警察学校の教諭になる以前に警官時代に風間道場という若手刑事育成担当をしていた時代のエピソード短編6編構成でしたが、どの話も風間の慧眼が凄かったですね!風間相手であれば、どんな難事件もあっという間に解決してしまうのではないか?と思ってしまうのでした。また、どうして風間の片目が潰れてしまったのか?という謎も解き明かされましたが、その後のエピソードも気になりました。

  • 刑事経験3ヶ月の新人が風間道場に入門、鍛えられていく。巧妙な伏線と登場人物の心の機微を描く筆力は相変わらず。ただし、それとぐいぐい引き込まれる作品の力とはちょっと違うんだよなあ。自分が読んでいるというより付き合わせられている感が強い。

  • ある事件に関連する犯人はわかっていて、犯人の特徴などを基に犯人像を明らかにさせ、追い詰めていく。後輩刑事が刑事として一人前になれるように、風間が刑事に厳しく接していく姿が印象的だった。交番は警察の基礎で、全てが詰まっていることは、交番は地域住民の安全を守るためにあらゆる仕事をこなしていく大変さからも、治安を守る要だと感じる。被害者と犯人との接点等を洗い出していく刑事の洞察力をフルに働かせ、風間も犯人と動機を見抜くのだが、隙を見せてしまったのは以外で何か引っかかるものがあると勘ぐったのが謎である。

  • 【収録作品】第一話 仮面の軌跡/第二話 三枚の画廊の絵/第三話 ブロンズの墓穴/第四話 第四の終章/第五話 指輪のレクイエム/第六話 毒のある骸
     倒叙+教育。 

  • 6話構成。
    ラストはドキッと。

    風間さんにそばにいられたら委縮して何も言えないだろうな。

  • 2017/11/2

    教官になる前の、刑事•風間。
    警察学校のエピソードの方が人間の嫌らしさがより出てたと思う。
    ラストはここかー!!とゾワっとした。

  • 警察学校を舞台とした『教場』シリーズ第3弾は、風間が警察学校の教官になる前を描いているわけなんだけども・・・
    風間教官、ターミネーターかも?www

    選ばれし新米刑事を風間の下に送り込む「風間道場」なるシステム・・・コワイわー!w ちびりそうwww

    そして、風間教官の義眼の秘密が明らかに!

    いやー、この人がいたら迷宮入りの事件とかなくなっちゃうでしょ!ww 人間離れしすぎだわさwwwww

  • 楽しく読んだ。が、自分の名前の画数を即答した件はワロタ。フツーしらないだろ。警官は当たり前なのだろうか? ちなみに俺は指でなぞって数えた結果、29画だった。

  • 風間教官の刑事時代を描く教場シリーズ第3弾。

    第一話 仮面の軌跡
    第二話 三枚の画廊の絵
    第三話 ブロンズの墓穴
    第四話 第四の終章
    第五話 指輪のレクイエム
    第六話 毒のある骸
    の六編が収録された連作短編集であり、シリーズの原点にもなっています。
    風間が刑事課に配属されて3ヶ月経った新人をマンツーマンで鍛えるというのは、教官になる原点とも言えるし、毎回担当する若手刑事が変わってその性格が異なるので飽きないようになっていました。
    しかも、自分の好きな倒叙ミステリーで、各話のタイトルにコロンボの初期作品のタイトルがもじられているのはうれしかったです。
    ですが、短編すぎて犯人のミスがこじつけっぽいものもあり、大満足とは言えませんでしたが、第5話と第6話は大変良かったです。
    この前の風間道場を始める話とか、この後の前線を退いて教官になる話とかは、また別の機会かな。

全21件中 1 - 10件を表示

長岡弘樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

教場0: 刑事指導官・風間公親を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教場0: 刑事指導官・風間公親を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教場0: 刑事指導官・風間公親の作品紹介

あの鬼教官が、殺人現場に臨場!

第一話 仮面の軌跡
日中弓は、借金の肩代わりに芦沢健太郎と交際を続けてきた。大企業の御曹司から見初められ別れを告げるが、芦沢に二人の秘密を暴露すると言われる。
第二話 三枚の画廊の絵
画廊を営む向坂善紀は四年前に離婚し、息子匠吾の親権を手放した。高校二年生の匠吾には、抜群の芸術的センスがある。本人も芸大進学を希望しているが、その夢を阻む者が現れた。
第三話 ブロンズの墓穴
佐柄亜津佐の息子である小学三年生の研人は、学校でいじめに遭い、登校拒否になってしまった。だが担任の諸田伸枝は、いじめの存在を認めない。面会を拒否する諸田に、佐柄は業を煮やしていた。
第四話 第四の終章
派遣社員の佐久田肇は、隣室に住む女優筧麻由佳の美しさに惹かれていた。その佐久田のもとへ、麻由佳が助けを求めてやってくる。彼女の部屋にで俳優の元木伊知朗が、自殺しようとしているというのだ。
第五話 指輪のレクイエム
自宅でデザイン事務所を営む仁谷継秀は、認知症の症状が進む妻・清香の介護に疲れ果てていた。仁谷は五十歳、清香は七十歳。こんな日が来ることを覚悟はしていたが、予想よりも早かった。
第六話 毒のある骸
国立S大学の法医学教授である椎垣久仁臣は、服毒自殺した遺体を司法解剖する際、事故を起こし、助教の宇部祥宏に大けがを負わせてしまった。事が公になれば、自らの昇進が流れてしまう。

【編集担当からのおすすめ情報】
各話に施された恐るべき仕掛けの数々と、
驚天動地のラスト!
トリックメーカー長岡弘樹の面目躍如!
「刑事コロンボ」「古畑任三郎」に連なる
倒叙ミステリーのニューヒーロー!
――各話タイトルの元ネタが分かった方は、
かなりの「刑事コロンボ」通です!

教場0: 刑事指導官・風間公親のKindle版

ツイートする