物語を生きる―今は昔、昔は今

  • 42人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河合隼雄
  • 小学館 (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093873727

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
河合 隼雄
サン=テグジュペ...
ヴィクトール・E...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

物語を生きる―今は昔、昔は今の感想・レビュー・書評

  • 〈未読〉
    〈所在:図書館(060200701703)〉

  • (内容)
    近代科学は「物語」の価値を著しく低下させた。しかし人間が生きていくには、それぞれの「物語」が必要である。「物語」は過去と結びつき、土地と結びつき、人間相互の結びつきを強め、各人の全体的な統合を保つ役割を果たしている。そして時には人間に「死」すら受け容れさせる力をもっている。 本書は、日本の王朝物語を現代の目で読むことによって、われわれが見失っている自分自身の「物語」をつくりあげていく知恵を学ぼうとするものである。『創造の世界』で連載したものに大幅加筆、修正したもので河合隼雄ファン待望の1冊といえる。
    (amazon.comより)

    (感想)
    "物語を生きる"は、心理学者の河合隼雄さんの作品です。
    ここで言う"物語"というのは、日本の王朝物語・・つまり、平安〜室町時代頃に作られた話のうち、貴族文化の風俗や美意識をベースに作られた物語を指します。
    大まかな章立てとしては、まず第一章で、心理学者としての観点から、「何故、日本の王朝物語を研究しようと思ったか?」が述べられ、二章〜十章で、具体的な考察が行われています。
    感想というよりも、要約になってしまいますが、以下に各章で述べられている話題を簡単に書きます。

    第一章:何故物語か?
    結論:日本の王朝物語における知恵を現代の視点から見ることは、我々が自身の物語を紡いでいく参考になると思われる。

    心理学において、「事例研究」の重要性が取り沙汰されている。
    これは従来重視されていた「科学的方法」による研究が、「研究者自身が研究対象から切り離される」ことで、普遍性を追求するのに対し、「事例研究」は、「研究者自身も研究対象との関係を維持している」からである。
    「人間関係」が重要な要素となる心理学においては、研究者とクライアントの話し合いや関係を抜きにして語れない。
    では、事例研究の本質とは何か?それは、物語を作る・・すなわち、クライアントが自分の経験したことを、自らが納得のいく形で心に収める・・納得の出来る物語にすることである。
    十人十色とはいえ、こうした物語にはある程度のパターンが存在する。
    つまり、色々な物語やそのパターンというものを知っておくことが、心理療法家として役に立つのでは・・という発想から、物語を研究対象とする。
    ただし、対象となる物語の特性として、「偶発性を持つ」ということを条件とする。
    何故なら、心理療法としてクライアントを救う契機には、偶然としか言えないような出来事が、現実起こるものだからである。
    つまり、偶発性を完全に排除した場合、それはむしろリアリティーを失ってしまい、事例としても不的確となるからである。
    以上の観点より、筆者が日本人ということもあり、(偶発性を伴う)日本の王朝物語を研究対象とする。

    第二章:消え去る美
    結論:日本人には、「この世において美と永続性は両立しないもの」という美意識がある。また外的な美しさは内面に潜む醜さも伴ったものである。

    竹取物語におけるかぐや姫は、求婚者を悉く退け、中には死に到ったものもある。
    これは、結婚という永遠を願って行われる行為を受け入れることにより、限りある美が両立出来なくなるからである。
    永遠の美を達成するためには、この世から出る必要があり、それは竹取物語においてかぐや姫が月に帰ったことや、現代の思春期における自殺(死による逃避)の一因としても見て取れる。
    また、男性の醜い関心(外面への欲望)を惹きつけるのは、美しさの内面に醜さが潜んでいるから・・と考えることも出来る。
    例えば、神話におけるイザナミ、イザナギの話は、そうした醜さを見られたことへの怒りの発露とも取れる。
    以上より、結論に到る。

    第三章:殺人なき争... 続きを読む

全2件中 1 - 2件を表示

物語を生きる―今は昔、昔は今はこんな本です

ツイートする