美人になりたい―うさぎ的整形日記

  • 46人登録
  • 3.15評価
    • (2)
    • (2)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 中村うさぎ
  • 小学館 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093874151

美人になりたい―うさぎ的整形日記の感想・レビュー・書評

  • 軽い気持ちで読み始めたが、プチ整形のはずが、メスを入れるほどの整形になっちゃってるよ!しかも施術をした先生が人としてどうなのかという疑問も残り。整形って後々までメンテナスが必要なんですね。実際、私の友達が一重まぶただったのに、ある日突然バッチリ二重になって登場した時は「はっ!!」としたけど、誰もそれについて触れることが出来なかった。彼女もメンテナンス続けながら生きているんだろうか。何かがないとその状態が維持できないというのは極力避けたい。私が持病の薬を飲まないと健康が維持できないのと同じと思えばいいのか?

  • 目次:プチ整形に挑戦編,プチ整形って面白い!,美容の女神様、奥菜恵に変身編,自分の顔が嫌いだった!,うさぎ整形秘話、メスを入れた整形編,とうとう顔を切っちゃった!,顔という物語

  •  美容整形にまつわる、中村うさぎの体験記。

     こんなに顔が変わるのかーと思いつつ、タイトルの「美人になりたい」は違うのかも。中村うさぎ氏は「美人」ではなくて「自分を代表すると言われてる顔」を変えたかっただけなんじゃないかなぁ。

     安野モヨコの「美人画報」などとは全く違う方向性だ。
    (これはこれでとても面白い)

     美容整形にまつわる本なのに、美しくなった!と喜ぶとか「ここをもう少しこうしたい」というような、美にまつわる話が少ない。
     自分が顔を変えたいという意識とか、整形した結果を見た人々のリアクションとか、非常に理性的な目で見ている。
     しかし、ここまで自己分析できても自分が嫌いって……自分の理想の高い人なんだろうなぁ。

  • 2009/03/01
    2011/11/30

  • プチ整形から本気整形へ。やったからこそ言える感じた言葉。それにしても凄いなぁ。そのパワーというか、なんというか。でも、若い頃から可愛くてもててるのに、整形かぁ。贅沢な、と思うけど、コンプレックスは人それぞれなのね。はぁ。

  • もともと自分と正反対の顔立ちなので、少し羨ましい。でも、この人はそこが我慢ならない。無い物を欲しがるんだね、どうしても。

全9件中 1 - 9件を表示

美人になりたい―うさぎ的整形日記を本棚に登録しているひと

美人になりたい―うさぎ的整形日記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美人になりたい―うさぎ的整形日記はこんな本です

ツイートする