小さな恋の万葉集

  • 50人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (6)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 小学館 (2005年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093875943

小さな恋の万葉集の感想・レビュー・書評

  • 万葉集に載っている恋の歌がいくつかピックアップされて載っている本。
    歌の情景に合わせて写真も載っていて素敵です。
    大伴家持の歌が圧倒的に多いけど、やっぱり額田王が好き。

    君待つと あが恋おれば 我がやどの
    すだれ動かし 秋の風吹く

    ありきたりだけど、待つ女の心情を歌った歌が素敵です。

  • 時代が変わっても人の恋心は変わらないのねと、共感のため息。
    万葉人達のおおらかに豊かに、時に明け透けに恋心を歌う素直さに、羨望のため息。
    現代風意訳は文字数がかなり必要で、三十一文字に凝縮された歌の美しさに、三度のため息でした。

  • 万葉集を、現代の口語調に訳した本です。昔の人も恋をしてたんだなーと思うと、なんだかほっとします。
    http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_4093875944

  • 万葉集歌を今風に。発行年2005年なんだけど、訳した人が1960年生まれ。…正直、訳した言葉自体がふるっ!て感じもあったり。でも教科書に載ってるような訳より分かりやすいかな。情感としては本歌に勝るものはないし。爽やかな本です。

全5件中 1 - 5件を表示

小さな恋の万葉集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さな恋の万葉集はこんな本です

ツイートする