「二人の天使」がいのちをくれた―白血病からの生還、臍帯血移植闘病記

  • 12人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉田寿哉
  • 小学館 (2005年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093875967

「二人の天使」がいのちをくれた―白血病からの生還、臍帯血移植闘病記の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

「二人の天使」がいのちをくれた―白血病からの生還、臍帯血移植闘病記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「二人の天使」がいのちをくれた―白血病からの生還、臍帯血移植闘病記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「二人の天使」がいのちをくれた―白血病からの生還、臍帯血移植闘病記の作品紹介

化学療法を続けるか、骨髄移植をするか。「いのちの選択」に悩むなかで知った、第三の治療法「臍帯血移植」。そして僕は、名も知らぬ赤ちゃんからいのちを分けてもらった!いま注目されている新たな治療法「臍帯血移植」初の闘病記。白血病と闘った大手広告会社営業部長、472日間のドキュメント。

「二人の天使」がいのちをくれた―白血病からの生還、臍帯血移植闘病記はこんな本です

ツイートする