ソニー 厚木スピリット

  • 23人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 立石泰則
  • 小学館 (2007年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093877213

ソニー 厚木スピリットの感想・レビュー・書評

  • ソニーがすごかった頃の話。

    今は自社内でお互いの市場を潰し合い、統率の取れていない社内抗争の影響を社外に漏らしまくっている残念な会社ではあるが、昔はすごかった。

  • 面白かった。ソニーの中の異端分野と言うか、ノンコンシューマ分野でのソニー本。その興隆も面白かったし、HDとかデジタル化ってすごく最近のことだったんだなーと。この10年間の進化ってなんだっけ?と思ったけど、ちゃんと進化してた。多分この5年も、そして今も、きっといろいろ変わってるんだけど最近アンテナが鈍って良くない。。。こうして苔生して硬化していくのかしら。。。

    そして、組織の話として面白かったけど、もう少し中央の話とからめて組織論とかとして読みたかったような気もする。ソニー本はいくつもでてるよなーということで他のも読んでみようかしら。

  • 僕は厚木に住んでるので、興味本位で読んでみました・・・。
    地元の有力企業なのでどのような考え方で製品を開発してるのか?
    成功のためには何が必要か・・・。
    色々考えさせられる部分があります。

  • HDを続けることで強みにしているのが良く分かる。向井さんが宇宙にカメラを持っていったり、ハリウッドで使ったり夢のある仕事がモチベーションを上げていると思う。最後に中国との関係も書いてあり、内部の話が分かりやすくまとまっている。

全4件中 1 - 4件を表示

ソニー 厚木スピリットの作品紹介

"スターウォーズ"も、"HD(ハイビジョン)"も。そこには「ソニーの世界制覇」を成し遂げるDNAが息づいている。放送・業務用機器のエンジニアたちによる、もうひとつの「技術のソニー」物語。

ソニー 厚木スピリットはこんな本です

ソニー 厚木スピリットのKindle版

ツイートする