『求めない』 加島祥造

  • 933人登録
  • 3.76評価
    • (127)
    • (108)
    • (178)
    • (17)
    • (7)
  • 173レビュー
著者 : 加島祥造
  • 小学館 (2007年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093877220

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
有川 浩
石田 衣良
湊 かなえ
有川 浩
東野 圭吾
村上 春樹
東野 圭吾
ロンダ・バーン
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

『求めない』 加島祥造の感想・レビュー・書評

  • 丸山隆平オススメ

  • 求めない 080630
    加島祥造 小学館

    ご本人も言っておられるとおり
    古き昔から言い伝えられてきた「足を知る」を
    知識でなく心で感じた瞬間を書き綴ったものなのだろうか

    この世は人間にとって結果という物質を求める肉体と
    プロセスという体験を求める精神との二つが渦を成すことで存在している

    今、結果を求めすぎる社会に傾いているから
    求めない方へ少し戻る必要が起こっている
    だからといってすべてを放棄したら元も子もなく
    この世は消え去ることだろう

    それが証拠に加島さんは
    「求めない」姿を求めてやまない
    声を大にして皆に伝えたいのだろう
    これほどに口を酸っぱくしてまで繰り返し口説いているエネルギーは
    まさに欲でしかない
    そのことが矛盾で成り立っている相対界を浮き彫りにしている

    後書きの後に「真実は嘘に支えられている」とある
    この言葉からも加島さんがあえてこの世の矛盾に挑んだことが読み取れる
    この本によって社会は何ら変われなくても
    個人的な変化をもたらすことができればと期待しているのかも知れない
    知識でなく心が体験で捉えた瞬間に誰かが溶け込む勇気を得るかも知れないと

    もしも地球が矛盾のない世界に変わってしまったら
    次の誰かの心が「足を知る」ことに触れるチャンスをなくしてしまう
    だから大自然は体験の場として矛盾している地球を譲らないだろう

    丁度裏山や遊園地が子供にとって危険と裏腹の冒険の場であるように
    いつの日も人々は「足を知る」ことを求めて繰り返し
    未知の日々を右往左往しようとしていることだろう

  • 「求めない」・・簡単そうでけっこう難しい。
    でも、

    「求めないーすると心が広くなる」
    「求めないーすると悲しみが消えてゆく」
    「求めないーすると判断がフェアになる」
    「求めないーすると自分の好きなことができるようになる」

    作者の言うとおりいいことばっかりだ。
    極め付けは

    「人生の中から惨めさを消すには、ひとに求めないことだ
     ひとはかならずあなたの期待を裏切るからだ。」

    もう何にも求めたくなくなったはず(笑)
    それでも求めたくなったら・・

    「一切何も求めるな、と言うんじゃあないんだ
     どうしようか、と迷ったとき
     求めないーと
     言ってみるといい。すると気が楽になる」

    そんな時・・ホントに言ってみた、ホントに気が楽になった。
    これからの人生の愛読書になると思った。

  • お金のことを考えてて、この本を手に取ったような気がします(笑)。それ以外にも勿論有効に対応できる一冊です。
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage082.htm

  • 声に出して読みました。詩の音読には、ヨガみたいな効果があると思います。頭は空っぽになりませんでしたが…
    欲のないフリして、実は欲まみれな自分です。求めない、がどういう状態か、いまいちピンとこず。。でも、そう気づけたことが、第一歩なのかなぁ。

  • 2008年1月12日読了。以下、過去の日記から抜粋。

    密かに話題になっている詩集ですね。
    図書館にあったので借りてきました。
    なかなか深い内容が込められています。
    特に印象に残ったのは(うろ覚えなのですが)、

     求めない するとあなたに求める人は去っていく
     求めない するとあなたに求めない人が残る

    なかなかいい言葉だと思いませんか?
    人間ってつい相手に求めてしまいますよね。
    無意識の中で相手にこうしてほしいなと願っている。
    そして、勝手に怒ったり、傷ついたりしている。
    それをやめると、きっと楽になるんじゃないかな。
    人間関係に悩んでいる生徒に言ってあげたい一言です。

  • 1923年生まれの著者、加島祥造さん。
    いくつもの大学で教鞭をとられた人生の
    大先輩からのお言葉はシンプルだが、
    奥深いものがあります。
    求めてばかりいる現代人に贈るココロが
    楽になる本です。

  • ひところ話題になった本です。

    この本からは悟り、老成、なんかそういうものを
    感じる。
    そして言っている意味はわかるが、私にはちょっ
    と遠いことかなと思う。まだ生々しくて、色々な
    ことを求めて生きているから。
    求めるな、ってことではなくて、「こういう風に
    考えることができたら、楽だよ」と示してくれて
    いるのはわかるのだけれど。

  • アメリカ文学者であり、現代語訳「老子」がベストセラーとなった詩人・加島祥造氏が、「求めない。すると、・・・(ex.心が静かになる)」という形式の詩を100句くらい書き連ねている。
    いい表現もあるが、飽きてくる。

  • 求めないと○○になれる。結果ばかりに視点が置かれている気がする。
    求めないためにはどうしたらいいか、その方法が知りたかった私には、何のためにもならなかった。

  • すんなり読めたけど、内容は深い。

  • 2017.7.3
    「自分全体」の求めることはとても大切だ。ところが「頭」だけで求めると、求めすぎる。「体」が求めることを「頭」は押しのけて別のものを求めるんだ。しまいに余計なものまで求めるんだ。
    じつはそれだけのことなんです、ぼくが「求めない」というのは 求めないですむことは求めないってことなんだ。
    すると 体のなかにある命が動きだす。
    それは喜びにつながっている。
    ーはじめに よりー

  • 夫婦で個別に所有。

  • いつも手元に置いて 折に触れ 思い思いのページをめくって読みたくなる本

  • 求めないほうがはるかに面白くなる

    心がどこに行きたいのか分かる

    無意識に探していたものに気づく

  • 初めて読んだときは、全然参考にならないと思った(笑)
    2回目読んでみて、初めてのときよりは「あー、そうだよね」と思うことが少し増えた。
    でも、やっぱりあまりピンと来なかった。
    今、流行りのミニマリストな考え方の本。

  • まさしく、わたしに足りないもの。求めない。何度もなんども、これから読み返していこう

  • いいときにいい場所で出会った。
    ぐっと心に染みた。
    そばに置きたい本だと思う。

  • 書店で目が合う。
    綺麗な色使いと真っ直ぐなタイトル。
    手触りもいい。
    パラパラとページをめくると、なるほどなるほど、求めない効用が詩でわかりやすく書いてある。
    ここ半年位で、求めない意識が芽生えた私にとって、とてもタイムリーで共感を覚える本だった。
    削ぎ落とされたシンプルな詩ゆえに心にすっと入ってくる。
    著者は老子に影響を受けたそうで、とても納得したし、嬉しかった。
    自分の根本思想には老子の存在が大きいのだと改めて認識する。

  • 求めないことは何かを失うことではない、
    求めないことで得られるものがある、
    求めないことで自由になれる、
    そう教えてくれる本なので、ちっとも苦しくなく、読むと心が安らかになりました。

  • 2007年度,加藤祥造のベストセラー。本書を通じ,度々登場する言葉,”求めない”。なんだか筆者は,”求めない”ことを,ひたすら”求めて”いる?まるで,禅問答みたいだ・・・出版から7年経った今,都会と比べて人工の娯楽が少ない上越市に居るからこそ,読み直したくなった1冊です。自分を広げるだけでなく,手持ちのものを確認するための一冊。(Yさん)OPAC→http://libopac.lib.juen.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=1000013305&key=B142041865502536&start=1&srmode=0

  • この本に出会ったのは、高校3年生18歳の冬。受験を控えて、さらに思春期で対人関係や将来のことなど様々なことにとらわれていた時期。
    本屋さんで出会ったこの本に、私は頭を打たれたような衝撃を覚えました。私がそれまで苦しんでいた多くのことを一気に癒してくれる言葉がそこにはありました。
    そこから、私の対人関係、人生観は大きく変わりました。この本に出会っていなかったら、今の私はないだろう…と思う程の大切な一冊です。

  • 先輩からプレゼントされた。
    求め過ぎてると思われたのかなぁ?
    なんで私にくれたのかわからないところもあるけど、生き方が下手で行き詰まってた感があるから、とにかく参考にして求めないでみようと思った。

  • できれば野原に仰向けに寝転ぶ。
    できれば海に大の字に浮いてみる。
    目は
    浮雲の動きを移すだけ、
    耳は
    ただ音を受け入れるだけ、
    口は
    息の出入りに任せている。
    すると君は体が
    いのちのままに生きていると知るー
    求めないで放っておいても
    体はゆったり生きていると知る。

    求めないー
    すると
    比べなくなる
    (人と自分を
    過去と今を
    ものと価値を
    持つと持たぬとを)

    力ずくで人を求めないとき、
    人はあなたを求めるようになるー
    だって人は
    求められないことで、
    君に安心するからだ。そして
    かえって、
    君に、何かしてやりたくなるんだ。

全173件中 1 - 25件を表示

『求めない』 加島祥造に関連する談話室の質問

『求めない』 加島祥造を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

『求めない』 加島祥造を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする