サンタクロース公式ブック ~クリスマスの正しい過ごし方~

  • 65人登録
  • 3.84評価
    • (8)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 15レビュー
  • 小学館 (2007年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093877480

サンタクロース公式ブック ~クリスマスの正しい過ごし方~の感想・レビュー・書評

  • ≪読書会紹介図書 2016.3.1≫
    テーマ:いちばん衝撃を受けた本

    (SIST図書館の所蔵なし)

  • 日本人で、ただ一人の公認サンタクロース、パラダイス山元さん。
    公認になるための試験の様子や、サンタクロース会議の話、(子供たちに高価なゲームソフトをクリスマスプレゼントに送るとか、女性は男性から高価なアクセサリーをもらってデートするとか、それは家族で過ごすより優先されるとかが世界の国から非難の的!?)
    とか面白い!
    そして、サンタクロースとなって活動したからこそ知る、切実に苦しんでいる子供たちのこと。

    もちろん基本的な、サンタクロース(クリスマス)の歴史、クリスマスの過ごし方などの情報も載っています。


    子供たち対象、
    というよりは、サンタクロースの存在を「あれって親やろ」という子供たち〜大人むけの本

  • クリスマスに高価な物を贈るのは日本独自に発達したおかしな風習。

  • サンタクロースは
    ちゃんと

    いる!!

  • これを読めばクリスマスを2倍楽しめる!

  • サンタクロース協会が認定した日本でただ一人のサンタクロースが書いた本。これはもうクリスマスに読むしかないでしょう!

  • 皆に配りたいぐらい大好き。

  • なごむ〜
    心がほっこりする〜

  • おススメの飾り付け、レシピなどを紹介するだけでなく、世界のクリスマス事情を通してこの行事の本当の意味にも気付かせてくれる、とっても素敵な本です。
    いつの間にか「欲しいものをもらえる日」になってしまった日本のクリスマス。本当は「周りの人の幸せを願う日」なんですよね。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:386||P
    資料ID:95070481

  • 日本にもサンタクロースがいたとは・・。
    サンタさんが、日本人の私たちが忘れがちな大切なことを教えてくれます。
    とても心温まる本です。お子さんのいる方には特におすすめです。

  • 諸外国からみると、ニホンのクリスマスってなんか変!? 公認サンタクロースのパラダイス山元さんが語ります。ジンジャークッキーのレシピあり。

  • ドイツにはブラックサンタがいるそうです。
    日本でいうなまはげみたいな。

  • 先日図書館に行ったとき、たまたま見つけて借りました。
    タイトルと著者名を見たら一見ふざけてそうなイメージですが、ホントのクリスマスやサンタクロースを取り巻く裏事情(笑)など、以外で面白いことがいっぱいかかれていました。この本を読めば、正しいクリスマスの過ごし方はもちろん、大人もサンタクロースの存在を信じることができます。


    この本は大きく分けて2つのテーマで書かれています。
    ひとつは「クリスマスの正しい過ごし方」。


    これはもちろん多くの方が思っていることでしょうが、クリスマスのルーツなどを調べたりするうちに、日本のクリスマスってやっぱりヘンだよね~って思いました。
    サンタクロースの伝説などとの整合性を考えたら、本来、クリスマスって家族で過ごすものやんなぁ。。。
    日本ではなぜか未婚の若い男女が家族でクリスマスに家にいるなんて聞けば、なぜかかわいそうがられます。クリスマスは友人やカップルで過ごすのが当たり前みたいになってます。さらに滑稽なことに、バブルの時代にはクリスマスに向けて恋人を作って、クリスマスがすめば別れてた、なんてことも。。。ここまでくると「アホか」って思うんですけど。


    実はそういったこと以外にも「サンタさんの正しい迎え方」なんてのも書かれていました。今年、クリスマスを迎えるにあたって参考にしたいなと思いました。


    ・子どもにサンタさんへの手紙を書かせる:うちの息子はまだ字がかけないので、サンタさんの絵を描いてお手紙にしようねと言っています。
    ・サンタさんを迎えるために24日の夜、ジンジャークッキーとホットミルクを用意しておく:そのクッキーも、ママと子どもとで一緒に作るのだそうです。ところでなぜ普通のクッキーじゃなく、ジンジャークッキーなんでしょう?単にサンタクロースの好物だからなのだそうですが、ジンジャー(しょうが)は身体を温める食材ということを考えると、寒空の中子どもたちにプレゼントを配るサンタさんへのねぎらいと言う意味もあるのでしょうね。
    ・24日の夜、お部屋を片付けておく:真っ暗なお部屋でサンタさんがつまずいたらいけないからだそうです。


    その他、正しいクリスマスを楽しむヒントがいっぱい書かれています。


    後半は筆者自身が公認サンタクロースになって体験したことについて書かれています。
    筆者は日本でひとりの公認サンタクロースなのです。サンタクロースはグリーンランドに住んでおり、世界中の子どもたちにプレゼントを配ることが体力的に負担になってきたことから、お手伝いをする公認サンタクロースが募集されるようになったのだとか。この本が書かれたころには世界中に120名の公認サンタクロースがいるのだそうです。そして毎年真夏に、サンタクロースの会議が行なわれます。
    「日本の子どもはなぜ、高価なゲーム機を欲しがるのか?」なんて議題が上がったこともあったそうです(笑)


    もうサンタクロースの存在を信じなくなったお年頃の子どもや、大人とサンタさんの話題について話すのにおもしろいネタがたくさん載っています。そんなネタ本にいかがでしょうか?

全15件中 1 - 15件を表示

サンタクロース公式ブック ~クリスマスの正しい過ごし方~に関連する談話室の質問

サンタクロース公式ブック ~クリスマスの正しい過ごし方~を本棚に登録しているひと

サンタクロース公式ブック ~クリスマスの正しい過ごし方~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする