鍵盤上のU.S.A.

  • 55人登録
  • 4.11評価
    • (8)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 南博
制作 : 1900 
  • 小学館 (2009年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093878548

鍵盤上のU.S.A.の感想・レビュー・書評

  • ジャズピアニスト南博が米国バークリー音大に留学してからの奮闘記。バークリーやボストンの生活が生々しく描かれている。青春小説としても読める。音楽が好きじゃなくても楽しめる一冊だと思います。

  • この本、結局のところ思い出話でしかないのだけれど、面白いというのはある意味ずるい。居酒屋で語られる身の上話の上質なバージョン、という感じ。
    よきにつけ悪しきにつけ、その人にとって肥やしになとって経験が飾り気の無い言葉で語られていると、ついついページから目を離せなくなる。

  • これは読んでない。っていうか買ってない。南が店に献本してくれなかったから、いつか買うしかない。とは思いながらまだ買ってない。
    読んだ人の評判はとってもイイ。ピアノもイイ。またエアジンもよろしくね。

  • クールなかただと勝手に思っていましたが、
    実に「COOL!!」な南氏を知る事ができました。
    ひとりのアジア人として「真面目に」アメリカの洗礼を受けた様子がよくあらわれています。
    こういった経験を積んでの音(表現)なんだなと実感しました。

    スポーツ馬鹿みたいにただガツガツしているんじゃなくて「魂が熱い」感じがすごくジンときました!

    最高にク〜ルメ〜ン♪です。

  • 唯一のジャケ買いです
    一見雑そうに見えるけど、音楽に対する繊細さ、アグレッシブさやひたむきさに心打たれます‥
    あと、世界の音楽に対する向き合い方を垣間見れるとこもよい
    前編的なのも出ているので今度読みたいな♪

全5件中 1 - 5件を表示

鍵盤上のU.S.A.を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鍵盤上のU.S.A.を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鍵盤上のU.S.A.の作品紹介

銀座で稼いだ金を首からぶら下げて、青年は「ジャズ・カントリー」に旅立った。言葉、文化、食べ物、差別。タフでハードなアメリカの日々。そして、すばらしい仲間との出会いと情熱的な恋。内省と感傷と爆笑と希望に満ちた、ジャズ青年のビルドゥングス・ロマン。

鍵盤上のU.S.A.はこんな本です

ツイートする