100歳詩集 逃げの一手

  • 39人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : まどみちお
  • 小学館 (2009年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093878876

100歳詩集 逃げの一手の感想・レビュー・書評

  • 幼いときから、童謡で、あるいは国語の授業で、意識をせずともまどさんの詩には触れてきた気がする。彼の詩集を読むのはこの歳になって初めてなのだが、まどさんらしいシンプルな感性に加え、老いを逆手に取ってユーモラスに表現した、どこかシュールでシニカルな言葉たちは、読めば読むほど心に沁みた。100歳の重みがあるなぁ、100歳を経ても「マンネリズムで書きたくない」「どんなにささやかでも新発見を書かなくてはいけない」という彼の姿勢、心から尊敬します。「逃げの一手」というタイトルも好きだなぁ。
    改めて、これまでの詩集でまどさんの軌跡を辿ってみたいなという気になっている。

  • 少し疲れた時、いつも自然と、まどみちおさんの本を買う。今回も優しい気持ちになりました。何を焦ってるんだ自分。

  • まどさんは相変わらず謙虚。
    読んでいると泣き笑いみたいな顔になってしまう。
    先日偶然、あるブログでまどさんの息子さんが亡くなったということを知った。
    昔、アルバイト先の出版社で隣の机に座っていた石田さん。62歳は若すぎる。
    まどさんのように長く生きると、そういう悲しみも引き受けなくてはならないんだ~。

  • http://sgk.me/eqo3tt 2009年11月16日に100歳を迎えた著者。
    「ぞうさん」「一年生になったら」などで知られる、まど・みちおさんは、日本で唯一「国際アンデルセン賞作家賞」を受賞した詩人です。
    ながく童謡・詩を発表してきた詩人が、時にはユーモアを交え、時には世界を鋭く斬りながら、老境の感慨をうたいあげました。

  • 地球ということばが好き。
    自然ということばが好き。
    人間が好き。

  • まどさんの詩はいつも日常のことを書いてるのに
    それに普通の人は気付いてなかったりする
    そんな日常に気付かせてくれる詩がいっぱい詰まってました。

    100歳になって病気療養をしながらも
    思ったことを言葉にする
    絵にする

    素敵です。


    この詩が大好きだったので引用します



    あしは

    くつくつ わらう
    げたげた わらう
    あしは
    ごきげんなとき

    ぶらぶら あるく
    ふらふら あるく
    あしは
    たいくつなとき

    ぼかぼか けとばす
    バカバカ けとばす
    あしは
    はら たつとき

    ふふふふ えへらら
    このごろの
    アシなら
    ヨシだもんな


    言葉のリズム

    きれい

    まどさん全詩集ほしいなあ

  • 図:もう一度読みたい!
    作品の紹介
    童謡「ぞうさん」の詩人、まど・みちお。祝100歳。

全9件中 1 - 9件を表示

100歳詩集 逃げの一手はこんな本です

100歳詩集 逃げの一手のKindle版

ツイートする