てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-

  • 41人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (7)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 金城浩二
  • 小学館 (2010年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093878890

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-の感想・レビュー・書評

  • 岡村隆史主演で映画化されましたね
    でも、そのずっと前からサンゴの養殖を続けてきたダイバー仲間では有名な方なんですよね
    苦労の数は数えきれないことでしょうが、その中からこの本になった僅かでも読んでいただけたら自然の大切さが判るのではないでしょうか?

  • 悩み葛藤しながらも珊瑚養殖に全力に取り組んだ、金城さんの日記仕立ての実話ストーリー。
    金城さんの建て前とか嘘の無い正直な言葉が綴られていて読んでいて気持ちが良かった。
    凄い一本気だけど朗らかな性格で海を愛する人。
    そして3人の子供を抱えながら、どんな局面でも金城さんを支えた奥さんの愛情と心意気の強さを感じられる。
    最後の文近くの…
    「自信って、自分を信じることなんだとわかった。」
    の金城さんの重みのある言葉で、この珊瑚養殖に全力を捧げた金城さんの総てがこの本に綴られていると感じました。
    「てぃだかんかん」の標準語↓
    「太陽がかんかん照り」

  • 「志で飯は食えるようになる」

  • 沖縄の海で珊瑚の養殖をおこなっている筆者がその経験を綴った本。沖縄の海の珊瑚が減っていることに気付いた筆者は、仕事を辞めて珊瑚の養殖をはじめることに。日本や世界で誰も行なっていなかった珊瑚の養殖は困難を極め・・・困難に立ち向かう家族の物語。映画化作品の原作。(2010.12.8)

  • 映画を見て、講演を聞いて、そして読んだこの本。
    金城さんの、そして金城さんの周りにいる人たちの生き方がキラキラしてる。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:666.7||K
    資料ID:51000386

  • いい本だった!いつか私も珊瑚の海をとりもどすことを手伝いたい。

  • 沖縄の海を上等にする。そのために全てをなげうって
    サンゴの養殖をはじめた著者と家族の戦い。
    著者を支える家族がとても素敵で、その家族への
    感謝の気持ちを忘れずに現実と向き合う著者の挑戦が
    心を打ちます。
    素敵な人生を歩まれていると感じました。

  • 沖縄の海にサンゴを取り戻そうと、奮闘した金城さんのお話。
    活動に賛同してくれる人もいれば、非難する人もいる。
    詐欺にあったこともある。
    借金もふくれあがった。
    でも自分を信じて、活動を続け、それが認められるようになった。

    「自信とは自分を信じること」と金城さん。
    なかなか難しいことだよなぁ。

  • 大好きなちゅら海を守るために必死で考え行動した金城さんの話。
    2010GW 岡村主演で映画化。
    「自信」とは自分を信じること。←心に残った言葉。

全11件中 1 - 11件を表示

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-を本棚に「読みたい」で登録しているひと

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-を本棚に「積読」で登録しているひと

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-の作品紹介

「これからは、サンゴの養殖をやっていく」突然の転身について、かあちゃんに話した。家では、3人目の子どもが生まれる直前だった。かあちゃんは、でっかい腹を撫でながらしばらく考えていた。「お父さんならきっとできるよ」返ってきたのは、とびきりの笑顔だった。沖縄の海にきれいなサンゴ礁を取り戻したい-。ある夫婦が挑んだ4000日の物語。

ツイートする