わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!

  • 260人登録
  • 3.40評価
    • (6)
    • (34)
    • (31)
    • (11)
    • (1)
  • 50レビュー
著者 : 兼高かおる
  • 小学館 (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093881272

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
夏川 草介
村上 春樹
デール カーネギ...
村上 春樹
中島 京子
松下 幸之助
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!の感想・レビュー・書評

  • 人生を3分割して考えるというのが新鮮でした。最初の1/3は学び、次の1/3は世に尽くし、最後の1/3は自分の好きに使う。理想の生き方だと思います。真ん中の1/3を生きている私はもっと世の中の役に立つように頑張らなくては。

    兼高かおるさんは本当にお綺麗。凛とした品のある美しさに見とれてしまいます。言葉使いも綺麗。「わたくし」という言い方がとてもお似合い。

    兼高さんの旅への姿勢にも感銘を受けました。相手の国、文化、宗教を尊重すること。摩擦を防ぐための基本的なルールを守るのは本当に大事ですね。

  •  海外旅行自由化(1964年)以前の1959年から1990年まで続いた長寿番組「兼高かおる世界の旅」。海外旅行が夢の時代だった頃、いつかは自分も…と憧れを持って番組を見ていた人がたくさんいました。レポーター、プロデューサー兼ディレクターを務めた兼高かおるさんは、そんな人たちの憧れの的でした。そして今、82歳になった兼高さんが旅一筋の人生を振り返り、旅を通じて見えてきたこと、これからの若い世代に伝えておきたいことを語ります。旅に、そして人生に役立つアドバイスがたくさん。美しい日本語にもホレボレします。

  • 購入:三木(2011.4.5)
    最近、旅行に関心が向いており、かつ人生の先輩である年配の方が書いてある本ということに惹かれて購入しました。
    旅の番組を作るために世界中を旅されてきた方なので、現地の文化や風習を体験する素敵な旅行をされています。私も、有名なスポットを回って買い物に走るだけの旅ではなく、事前に文化を調べてそれを検証できるような旅行がしてみたいなーと思いました。また、オーバー80歳の筆者が感じる現在の生活体験がためになります。語り口調は、飾らず卑下せず等身大の感じが出ていて、品の良さが感じられます。
    貸出:佐藤(2011.7/11) 返却(2011.7/18)
    私も旅行が大好きなので、こういう職業『旅人』的な感じにあこがれます。
    きっと職業にしてしまうと、楽しいだけではないのでしょうけど・・・。旅の醍醐味は現地の人と話すことというのにはすごく共感できました。
    この作者の人ほどは多分無理かと思いますが、生きてるうちに30カ国回るのが私の夢だったりします。
    貸出:片岡(2011.11.28) 返却(2011.12.6)
    作者を何かのテレビで見たことがあったのですが、兼高さんは本当に年齢を感じないほどパワフルでお元気でやっぱり旅行で各国を回ることで色々なエネルギーがもらえるのかなと思いました。
    僕も旅行が好きなのですが、少しでも兼高さんに近づけるほどこれからも海外に行きたいなと思いました。
    圧倒的に数が違いますが…

  • 1959年から31年間続いた長寿番組『兼高かおる世界の旅』。父が欠かさず見ていたこの番組を、「世界にはこんな人達がこんな暮らし方をしているのか!」と幼心にワクワクしていたのを懐かしく思います。報道ニュースとは全く異なり、身の丈サイズで伝わってくる世界の生身の情報に、どれだけ刺激や影響を受けたか計り知りません。
    移動距離-地球180周分、取材した国-150。本書では、その番組制作を一人で何役もこなしてきた兼高かおるさんの生き様が綴られています。
    その兼高さん、番組で海外を周った後、実は国内を旅していたことを本書で初めて知りました。
    様々な国の様々な人々の暮らしをレポートしてきた彼女の言葉に、次のように書かれていたのが印象的です。

    「やはり日本は美しい」

    と。

  • 旅番組の先駆者のおばあさんは、やはり顔から発するものが違う。毅然としている。この人の世代の「旅」と現代の旅は意味合いが違う。どこに行くにしても綿密な下調べが容易にできる現在、旅は「覚悟」や「勇気」を鍛える機会では無くなってしまった。

  • 人生は旅のようなもの の逆 旅が人生な兼高さんのアクティブさが日常化していることが 面白い。

  • 1970年代前半以前に生まれた人には通じるだろう。
    兼高かおる世界の旅の兼高かおるさんである。
    80歳を超えられてからのエッセイ。

    世界の旅時分のエピソードも興味深いが

    「年を取ったら猫を飼おう」と思っていても
    頃合いを見計らわないと
    「今飼うと猫より自分が先立ってしまうかもしれない」
    という心配が発生するとか

    鍛えないと口や舌すら衰え動かしづらくなるなど、

    年を重ねる事に対する心構えのようなものを感じさせていただける点が更に興味深い一冊。

  • 子供のころ聞いたことのある番組。兼高かおる世界の旅!
    若い人は安い旅をしてはいけない。意見を言えない人は存在しないのと同じ。とことんやった後は「インシャーアッラー」(神の思し召しのままに」趣味や芸事は若いうちから。「いばらの道を行くもよし。行かずに済めばもっとよし」(阿Q正伝)
    変な自己啓発本より、よっぽど重さも深さもありました。201311

  • 兼高かおる世界の旅、毎週楽しみに見てました。わたくしは…という、あの上品な語り口が好きだったなぁ。

  • 彼女のゆっくりとした穏やかな口調が今でも耳によみがえる。「タシケント、という町でございますのよ」そう、私はこの番組で中央アジアの国々を知り、首都を覚え、地図で追った。

  • 「世界を旅した兼高かおるさんの人生観に触れる」
    かつて「兼高かおる世界の旅」という番組を31年間続けられた女性ジャーナリストのエッセイ集。出会いはCasa BRUTUSのコラム。小さい時になんとなく見ていた方の旅と出会いの様子を見たら、読んでみたくなった。
    著者の人生を綴る展開で、番組のきっかけと彼女の人生観が綴られている。個人的には旅や出会った方とのエピソードを期待していたけれど、雑誌のコラムの方のエピソードの方が魅力的だった。
    それでも、31年間も世界各国を率先して旅して来た方の主張には、なるほどと思うことは多い。

  • <閲覧スタッフより>
    皆さん、兼高かおるさんを知っていますか?皆さんのお父さん、お母さんなら知っているかもしれません。私はこの本を読むまで彼女のことをまったく知りませんでした。彼女は1959年~1990年にテレビ番組「兼高かおる 世界の旅」に出演し、レポーター、ナレーター、プロデューサー兼ディレクターを務めました。1人何役もこなしながら、今までに150カ国以上を訪れたそうです。この本を読んで彼女と一緒に旅しましょう。
    ------------------------------------------
    所在記号:289.1||カネ
    資料番号:20097930
    ------------------------------------------

  • 世界中を旅した兼高かおるさんの魅力がいっぱいの1冊!

  • 30年もレギュラー番組の看板をしていたという、世界中を旅してきた女性ジャーナリストの人生。
    まだ海外旅行が頻繁でなかった時代に橋渡しのような存在。
    様々な偉人と対面しています!
    あの若さで世界一周記録に挑戦するところも凄い!
    戦後にアメリカに留学出来たという良きチャンスを掴むことが出来て学生時代は大変充実されていたようです。
    でも上流家庭過ぎて、何だか私には遠すぎました・・・笑
    また今現在の年齢でも何でもひとりでしようとしているところは凄いと思いましたが、人生の伴侶になる人がいても良かったんじゃないかなーって思いました。向上心は見習いたいものです。

  • ハワイに行く飛行機の中で読もうと、成田空港の書店で購入した本です。
    どうしても、海外へ行く時には、仕事であっても
    あまり難しい本や、仕事がらみの本というのは、読む気にならないのです。

    そして、日本に戻ってくる時には、
    なぜか、仕事がらみの本が読みたくなるのは、
    我ながら不思議な現象です。

    ライトな読み物を探していた時に、この本に出会いました。
    もちろん、以前から存在はしっていたのですが。

    私も旅行が好きですし、旅行仲間にあって話しているような
    気分になれるのではないかと、勝手に想像しておりました。

    「兼高かおるの世界の旅」は、小さい時にテレビで見たような・・
    そんな記憶しかありません。
    今の時代なら、そんなに不思議なことはなくても、
    当時の時代背景を考えると、
    女性が一人(+スタッフ2-3名)で番組を作るなどと言うことは
    相当な努力とチャンスが必要だったのではないかと思います。

    書籍の内容としては、比較的あっさりとしていますが、
    やはり80歳という年齢までの歳月に積み重ねられたものは
    大きいものがあると思います。

    書籍の内容だけを言えば、もうひとつというところですが、
    大先輩の女性として、尊敬をしています

  • 買ったまま放置していた一冊。
    実家に帰ってくる時に持って帰ってきて、何気にしていたら父が興味を持ったらしく先に読了。

    「読みやすくて、一気に読んじゃったよ」

    ってことだったので、俺も読むことに。
    中盤までは、旅とそれにまつわる話しだったけど、後半は兼高さんの生き方についての話しに。

    いろいろ共感する部分も多く、もっと積極的に世界に出ていかないとって思った。

    狭い日本で、分かったような気になって、固定観念や何かに縛られて生きても、きっとそこに幸せはない。
    ここでも、他力的な考えが出てきて面白かった。

  • 私の憧れの女性のお一人、
    兼高かおるさんの近著です。

    いくつか、ノートにメモした名言があり、
    詳しくはブログに書くつもりですが、

    やはり、知性と優しさ、そして憶測や
    風聞に惑わされないで、
    自分の目で見たありのままを
    語る率直さは素敵だと思います。

    母は良く、この方の番組を見ながら

    「あなたが身体が弱くても、
    旅が出来る機会がきっとある。
    だから一生懸命お勉強して、
    見たいものや知りたいことを
    たくさん増やしてね。」

    と話してくれましたっけ。

    そして、それは現実になったけれど、
    同じ日本女性の先輩に、
    こんな類い稀な方がいらっしゃるって、
    嬉しい。

    同じようにとは言わないまでも
    美しい、心のこもった言葉で
    語れる女でありたいなと思います。

    学生さんにも読んでいただきたいな。
    文句無く☆5個です。

  • 物ごころついた時にはすでに放送されていた『兼高かおる世界の旅』。
    彼女は海外レポーターのはしりと言える人でしょう。
    海外の国々を紹介してくれる番組が好きで、よく観ていましたが、その頃女性の名前がタイトルになっている番組は非常に珍しかったため、子供には言いづらく、舌を噛みそうな兼高かおるという人物が、一体どんな背景を持った人なのか、興味を持っていながらも、長いことさっぱりわからずにいました。

    これは彼女が長い担当番組を通して感じた旅や人生に関するエッセイ。
    この本で、ようやく謎に満ちていた彼女のことがわかりました。

    アメリカ留学中、勉強のしすぎて体調を崩し、休学していったん帰国したものの、今度は再留学できなかったということ。
    当時はスポンサーがつかないと、留学できなかったとは知りませんでした。
    渡航経験を買われて、この仕事についたそうですが、留学していた大学は、結局そのまま退学したため、プロフィールとしての学歴も職歴もとくにないということです。

    番組は、彼女が31歳から62歳まで続いたとのことで、本当に長寿番組だったんですね。
    ケネディ大統領、チャールズ皇太子、ビヨン・ボルグ氏、ダリ氏など、各国の有名人に多々謁見している彼女は、島をもらったり油田採掘権をもらったりと、驚くようなプレゼントをもらったそうです。

    その町で一番の高級ホテルに泊まるというのをポリシーとしていたとのこと。
    贅沢だなあと思いましたが、別に番組予算がありあまっていたわけではなく、名が通ったホテルを連絡先にするとアポの希望も通りやすかったからだとのこと。
    その分、食費を抑えて宿泊費に充てていたそうです。

    独身だということも書かれてあって、初めて気付きました。
    確かに、一年の半分以上を海外で過ごしている人には、結婚している時間はなさそうです。
    長寿番組のため、当時のスタッフがどんどん亡くなっていくことの寂しさも綴られていました。
    同行スタッフはカメラマン等2人のみで、現地での仕事はすべて彼女がプロデュースしていたそうです。

    撮影の時、常にノーメイクだったということには驚きました。
    彫が深く、なんとなく、ピアニストの中村紘子に似ています。
    TVでよく見慣れた顔写真が本にも掲載されており、どんどんお顔の感じが変わっていくことで、時代を感じました。

    すっかり一人旅に慣れて、番組引退後は、国内でも一人旅を楽しんでいるという彼女。
    横浜の赤いくつ劇場の館長ですが、国際交流協会の会長としても、今なお忙しく活躍されているようです。

    海外を渡り歩き、高名な人々に謁見してきた彼女は、やはり度胸が据わっており、一筋縄ではいかない性格だったようにも思えます。
    最近になって謝る言葉がすらっと出るようになったとか、人を褒められるようになったなどと書かれているため、かなり我の強い人だったんだろうなと思いました。
    そうでなければやっていけない、タフな仕事だったのでしょう。

    茶の間の私たちは、「きれいだなあ、いいなあ」と楽しんでみていればいいだけですが、番組を一本収録するためにも、現地の人とさまざまな打ち合わせを重ね、きちんと主張し、こちらの要望を通さなくてはいけないのですから。

    世界各国のさまざまなバザールの品物を見てきたものの、いつもほしいのは美術館にあるものなので、モノが増えない、そもそも物欲がないという彼女。
    今でこそ、海外旅行は一般人の娯楽となりましたが、当時はドル360円時代で、なかなか手が出ない夢物語。
    誰もし得なかった体験を、あれだけこなした彼女は、まさに「モノより思い出」の人なのかもしれません。

    今は1ドル70円台に入り、海外旅行もしやすくなりました。
    私の海外へのあこがれは、多分に彼女によ... 続きを読む

  • 先進的でありながら古き日本の品格も持ち合わせているこういった人はもはや戦後教育からは生み出されないような気がします。
    著者の番組は両親がよく見ていたものの、残念ながら私にはうろ覚えの記憶しかありませんが、何だかすごいなあという印象が残っています。出演だけでなく、フィルムの編集までされていたとはびっくりです。今は数多い世界旅番組レポーターとは一線を画するといった感じです。
    一流ホテルの部屋で毎晩せっせと洗濯をされていたというエピソードがユーモラスでおかしかったです。写真のピンと伸びた立ち姿がカッコイイ、と思いました。
    旅行記と思って手に取ったのですが、生きる姿勢についても書かれている盛りだくさんの本でした。

  • 八十を越えてなお、世界中を旅する女性が、どのように世界を捉えているのか知りたくて購入した本。テレビの始まったころの話や番組の裏話なども綴られており、非常におもしろかった。
    彼女の「タイミングを逃さない度胸」はぜひとも見習いたいところ。

  • 30年以上続いた【世界の旅】が終了したのが、1990年(ちなみに番組協賛していたパンナムも、その翌年に倒産しました…)。それからも旅を続けている兼高さんの文章はイキイキとして愛情に溢れ、茶目っ気たっぷりでいながら凛としたものでした。私も いつまでも旅しながら、エレガントに歳を重ねられたらなぁ。

  • NDCは290.9 著者は1959年から1990年までTBSの世界の旅のテレビ番組のナレーター、ディレクター、プロデューサーをつとめる。
    約150カ国取材したという。日本はやはり美しいそうだ。海外では
    常に親善大使のつもりでという心がけを見習いたい。地球規模の視点をもつことを提案している。

  • 恵まれた環境と、その中で自分を生かす力、すごいと思いました。

  • あふれる好奇心と、情報のソースを自分の目で確かめるスタイルは料理研究家の坂本先生を思わせる。伝えるプロの姿勢。
    「贅沢が文化を、余裕がアイデアを育てる」
    「意見を言えない人は存在しないも同じ」

  • 「世界の旅」という番組は恥ずかしながら知りませんでした。
    凛とした素敵な方だと思います。
    この本自体はさくっと読めますが,見習いたい生き方・姿勢が多々ありました。

全50件中 1 - 25件を表示

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!に関連する談話室の質問

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!の作品紹介

人生三分割-学んで、尽くして、あとは自由に。旅は女の人生を輝かせる。旅を通じて見えてきた世界、そして日本。これからの若い世代に伝えておきたいこと。

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!はこんな本です

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!のKindle版

ツイートする