わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!

  • 260人登録
  • 3.39評価
    • (6)
    • (34)
    • (32)
    • (11)
    • (1)
  • 50レビュー
著者 : 兼高かおる
  • 小学館 (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093881272

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生を3分割して考えるというのが新鮮でした。最初の1/3は学び、次の1/3は世に尽くし、最後の1/3は自分の好きに使う。理想の生き方だと思います。真ん中の1/3を生きている私はもっと世の中の役に立つように頑張らなくては。

    兼高かおるさんは本当にお綺麗。凛とした品のある美しさに見とれてしまいます。言葉使いも綺麗。「わたくし」という言い方がとてもお似合い。

    兼高さんの旅への姿勢にも感銘を受けました。相手の国、文化、宗教を尊重すること。摩擦を防ぐための基本的なルールを守るのは本当に大事ですね。

  •  海外旅行自由化(1964年)以前の1959年から1990年まで続いた長寿番組「兼高かおる世界の旅」。海外旅行が夢の時代だった頃、いつかは自分も…と憧れを持って番組を見ていた人がたくさんいました。レポーター、プロデューサー兼ディレクターを務めた兼高かおるさんは、そんな人たちの憧れの的でした。そして今、82歳になった兼高さんが旅一筋の人生を振り返り、旅を通じて見えてきたこと、これからの若い世代に伝えておきたいことを語ります。旅に、そして人生に役立つアドバイスがたくさん。美しい日本語にもホレボレします。

  • 購入:三木(2011.4.5)
    最近、旅行に関心が向いており、かつ人生の先輩である年配の方が書いてある本ということに惹かれて購入しました。
    旅の番組を作るために世界中を旅されてきた方なので、現地の文化や風習を体験する素敵な旅行をされています。私も、有名なスポットを回って買い物に走るだけの旅ではなく、事前に文化を調べてそれを検証できるような旅行がしてみたいなーと思いました。また、オーバー80歳の筆者が感じる現在の生活体験がためになります。語り口調は、飾らず卑下せず等身大の感じが出ていて、品の良さが感じられます。
    貸出:佐藤(2011.7/11) 返却(2011.7/18)
    私も旅行が大好きなので、こういう職業『旅人』的な感じにあこがれます。
    きっと職業にしてしまうと、楽しいだけではないのでしょうけど・・・。旅の醍醐味は現地の人と話すことというのにはすごく共感できました。
    この作者の人ほどは多分無理かと思いますが、生きてるうちに30カ国回るのが私の夢だったりします。
    貸出:片岡(2011.11.28) 返却(2011.12.6)
    作者を何かのテレビで見たことがあったのですが、兼高さんは本当に年齢を感じないほどパワフルでお元気でやっぱり旅行で各国を回ることで色々なエネルギーがもらえるのかなと思いました。
    僕も旅行が好きなのですが、少しでも兼高さんに近づけるほどこれからも海外に行きたいなと思いました。
    圧倒的に数が違いますが…

  • 1959年から31年間続いた長寿番組『兼高かおる世界の旅』。父が欠かさず見ていたこの番組を、「世界にはこんな人達がこんな暮らし方をしているのか!」と幼心にワクワクしていたのを懐かしく思います。報道ニュースとは全く異なり、身の丈サイズで伝わってくる世界の生身の情報に、どれだけ刺激や影響を受けたか計り知りません。
    移動距離-地球180周分、取材した国-150。本書では、その番組制作を一人で何役もこなしてきた兼高かおるさんの生き様が綴られています。
    その兼高さん、番組で海外を周った後、実は国内を旅していたことを本書で初めて知りました。
    様々な国の様々な人々の暮らしをレポートしてきた彼女の言葉に、次のように書かれていたのが印象的です。

    「やはり日本は美しい」

    と。

  • 旅番組の先駆者のおばあさんは、やはり顔から発するものが違う。毅然としている。この人の世代の「旅」と現代の旅は意味合いが違う。どこに行くにしても綿密な下調べが容易にできる現在、旅は「覚悟」や「勇気」を鍛える機会では無くなってしまった。

  • 人生は旅のようなもの の逆 旅が人生な兼高さんのアクティブさが日常化していることが 面白い。

  • 1970年代前半以前に生まれた人には通じるだろう。
    兼高かおる世界の旅の兼高かおるさんである。
    80歳を超えられてからのエッセイ。

    世界の旅時分のエピソードも興味深いが

    「年を取ったら猫を飼おう」と思っていても
    頃合いを見計らわないと
    「今飼うと猫より自分が先立ってしまうかもしれない」
    という心配が発生するとか

    鍛えないと口や舌すら衰え動かしづらくなるなど、

    年を重ねる事に対する心構えのようなものを感じさせていただける点が更に興味深い一冊。

  • 子供のころ聞いたことのある番組。兼高かおる世界の旅!
    若い人は安い旅をしてはいけない。意見を言えない人は存在しないのと同じ。とことんやった後は「インシャーアッラー」(神の思し召しのままに」趣味や芸事は若いうちから。「いばらの道を行くもよし。行かずに済めばもっとよし」(阿Q正伝)
    変な自己啓発本より、よっぽど重さも深さもありました。201311

  • 兼高かおる世界の旅、毎週楽しみに見てました。わたくしは…という、あの上品な語り口が好きだったなぁ。

  • 彼女のゆっくりとした穏やかな口調が今でも耳によみがえる。「タシケント、という町でございますのよ」そう、私はこの番組で中央アジアの国々を知り、首都を覚え、地図で追った。

全50件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
冲方 丁
池井戸 潤
松下 幸之助
三浦 しをん
村上 春樹
高野 和明
三浦 しをん
夏川 草介
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!に関連する談話室の質問

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!の作品紹介

人生三分割-学んで、尽くして、あとは自由に。旅は女の人生を輝かせる。旅を通じて見えてきた世界、そして日本。これからの若い世代に伝えておきたいこと。

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!はこんな本です

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!のKindle版

ツイートする