本当のパートナーを引き寄せる 「美人の思考回路」基本のき

  • 56人登録
  • 2.86評価
    • (0)
    • (7)
    • (9)
    • (2)
    • (4)
  • 8レビュー
著者 : 栫井利依
  • 小学館 (2010年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093881456

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
湊 かなえ
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

本当のパートナーを引き寄せる 「美人の思考回路」基本のきの感想・レビュー・書評

  • 本書は婚活指南書だが、行動が思考・感情を作るという行動主義の実践書として理解しやすい書かもしれない。

  • 古本屋で手に取ったが、婚活本というよりかは、自分らしくイキイキと過ごすには、について書かれている。女の媚び方みたいな記述はなく、不快感はなかった。

  • 窓口の私
    本当の私

    窓口の私から本当の私にいい言葉を使う
    リフレーミングして伝える

    ①私は大丈夫。うまくいっている
    ②周りはいい人ばかり
    ③まいっか。どうにでもなる。笑って進もう

    普段は見過ごすような、なにかちょっとでもいいことがあったら。

    私のために神様が用意してくれたのね。
    今日もいいことありそう。

    好みゾーンリスト
    安心ゾーンリスト
    30項目のパートナー像

    私は自分が好き。
    何事にもいい時間を過ごした。
    いい出会いだった
    楽しい時間だった
    という

    俺自分のことを嫌いなんだという人を好きか?

    自己肯定感=良いところも弱いところもある私だけど、私は自分を好きだし、幸せになれると思う。人を愛することも愛されることもできる。と思うこと
    私自信まんまん!ではない

  • 前半は私にはまだ早いかな、という内容。
    というのも、まだ20歳前半なので素のままに書かれている行動はとっていた。

    それよりも私が考えたかったのは付き合う人と結婚する人をどう自分の心が差別化してるのな、ということだった。
    それについて後半部分が役に立った。

    実際にきちんと考えてみるというきっかけにはなったけれど、これを読むことで実践的に何かが大幅に変わるかというとそれはない。
    でも当たり前かと。
    本一冊で劇的に人生が変化するなんて虫のいい話だから。

    この本は、女性へのメッセージが強いと感じた。
    悲観的にならずに、イメージして前向きな将来を描いて実現しましょうという、心に訴えかける姿勢が好感を持てた。

    恋愛に限らず、言葉と思考を感じて表現する力を身につけることは大事だと思えた。
    恋愛に特化していない著者の他の本が気になる。

  • 結婚したいと願う女性のための本。
    既婚ではあるが、フムフムと思いながら一気に読みすすめられた。
    考え方やモノの見方をちょっと変えれば、出会いはそこにある感じだ。
    なかなか結婚できない結婚したい女性にサラッと目を通してもらえたら良さそう…(*^^*)

  • ありがちな婚活方法の焼き直しに過ぎなかった。恋愛系やスピリチュアル系の本を読んだことのない人なら素直に楽しめるかもしれない。少しでも知識のある人にとっては、退屈な本。

  • 自分の中の女の子として可愛がって好きになる 宝物を扱うように(^-^)/

  • 自分の心地よいと思う人と、惹かれる男性と違っていた(笑)

    安心リストと、ゆずれないリストを作って、
    たまにはアップデートしながら・・・

    意識して見る目を変えていこうと思います♪

全8件中 1 - 8件を表示

本当のパートナーを引き寄せる 「美人の思考回路」基本のきを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本当のパートナーを引き寄せる 「美人の思考回路」基本のきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本当のパートナーを引き寄せる 「美人の思考回路」基本のきを本棚に「積読」で登録しているひと

本当のパートナーを引き寄せる 「美人の思考回路」基本のきはこんな本です

ツイートする