ブッダにならう 苦しまない練習

  • 657人登録
  • 3.79評価
    • (47)
    • (80)
    • (62)
    • (9)
    • (3)
  • 86レビュー
著者 : 小池龍之介
  • 小学館 (2011年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093881821

ブッダにならう 苦しまない練習の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話題の僧侶小池氏の第二弾「苦しまない」ためのハウツーです。
    仏道的に「苦」とは何であるかを柔らかい言葉で説いています。
    なるほどと頷く得るものが多い一冊です。

    第一弾の「考えない練習」は文章オンリーでしたが、今作はちょっとした漫画がついてます。
    でもいらない気がしました。

  • 人間関係、いろいろ疲れることが多いもの。

    この頃、マンションの理事を拝命して、色々壁にぶち当たっている。

    その中で、嫌な気持ちになったり、怒りたくなるときもある。どーすりゃいいのか。

    小池さんなら、なんて応えるだろうと思い、手に取りました。


    【内容を簡単に紹介】

    結論、苦しまないためには……

    まず、

    「あ、いま怒っているな」
    「なんで怒っているんだろ」

    みたいに、"嫌な気分"になっている自分を客観的にみることで、マイナスの感情と距離を取ることが大事なのだそう。流されたら、なんもかんもダメになってしまう。

    次に、嫌な気分になる原因に対して、

    ・自分と相手は違う価値観を持っている。
     (⇒だから、相手に認めてもらえない事もあるし、むしろ非難されることもある)

    ・物事に執着しない。「しょうがないなぁ」という姿勢。
     (⇒「こうでないとダメ」という考えがストレスをためる。所詮は完全に思い通りになどならない)

    上記のような視点を持つことが大事。


    【心に残った点】

    2点あります。

    1つは、友人関係について。

    当たり障りない関係でもいいから、友人がほしい、という欲。

    それでいいのだろうか。

    小池さんいわく、

    真の友人関係とは、いいところも、悪いところも、伝えあえる関係、だそう。
    (吉本隆明さんも『真贋』の中で似たようなことを述べていた)

    そして、指摘する時は、恩着せがましくではなく、論破するのでもなく、静かに、分かりやすく、ありのままを伝える。

    そりゃそうだ。伝える、と言うことは自分が言いたいように言うのではなく、相手に伝えることを目的に一生懸命伝えることなのだから。(コミュニケーション力)

    私も同感。

    互いに高め合う、切磋琢磨する関係。将来としては、「時として、相手が苦しんでいるのを助けてあげる力が自分にある。時として、自分が苦しんでいるのを助けてあげる力が相手にある(p.72)」関係になる。まさに理想形。この関係を形作っていきたい。

    だから、私は自分を磨く。


    もう1つは、親孝行について。

    この本では仏教の経典から多く引用されているがその中に、

    父母に育てられた借りを本当に返すためには、親の悪いところについて、それを直し、いい方向へ持って行ってあげることが大事。

    という一節があった。

    つまり、生きている中で手に入れた価値観を持って、両親の「真の友」になるということ。

    実体験としてあるのは、
    マイミクさんとの話、そして『自分の小さな「箱」から脱出する方法』を読んだことがきっかけで実行したことが、私の家庭に素晴らしい影響を及ぼしたことがありました。

    私の中での、家族の位置づけが、大きく変わったできごとだった。今では本当に精神的な支えになっています。

    "両親の悪いところを治してあげた"なんて大それたことは言えないけど、自分が手に入れた教訓、芽生えた価値観で、家族全体がいい方向へ変わるきっかけを作れたんじゃないかと思っています。


    【薦めたい人】
    何か、人間関係で悩んでいる人はぜひ。
    それ以外の人も、軽い気持ちで手に取ってみると、いい発見があるかもです。
    章の最初に引用されている仏経典の一節読むだけでもいいし、
    章末の四コマ漫画読むと、もっと分かりやすくなると思います。
    本自体が、まさに、「真の友」のような感じ。

  • 写経をした時に、ただ写すことに集中できず自分の意識がいかに散漫なのかを知りましたが、読んでいてその時と同じような感覚を覚えました。
    なかなか集中できず、何度も読み返す感じで…

    だけど過去に執着し、未来を妄想するのを揺らぎと意識し、今、この瞬間の心の充足を積み重ねていくという内容のところは腑に落ちた。

    いろんな心の対応本という感じで、中の4コマがクスッと笑えて面白かった!!

  • 釈迦の教えに対する著者の補足的な解説が良く分からなかった。そもそも仏の教えに手を加えようとするのが無謀な試みなのではないか?

  • 1章1章が、ああ、そうそう、という感じ。繰り返し読みたい本です。

  • 面白い。
    ツベで説法とかアップしてないかな

  • 「身体を見つめる」などやってみたいな、と思う内容なども無くはないのですが、如何せん仏陀の言葉が超訳過ぎで全く響いてきませんでした。

  • 怒らない心によって君の心の怒りに勝つように。
    常に、今この瞬間に集中し、未来や過去に意識がぶれるたびに今に戻ること。そうすればどんな時にも心の平静さが回復sてくる。

  • タイトルの苦しまない練習、に興味があったので手に取りました。

    考え方として良い部分はもちろんあったけど、
    成功するのに必須な考え方と反することが取り入れたくないところだった。



    ・本物の親孝行とは、自分が、「かなり」変わること
    ・負の考えを言葉にしないだけではなく、思考しない様にしなければ意味がない
    ・過去自慢をする人は、「今」がつまらない人
    ・まさに「今」していることに意識する練習
    ・業を良くする

  • ま、「超訳 ブッダの言葉」といったところ。
    かなりアクロバティックな解釈をしているところもちらほら。

    基本的に、それほど反発するようなところはないのだけど、やはり違和感をぬぐえないのは、「期待しない」ことを推奨しているところ。
    でもなんだろうなあ、たとえば「もっと成長したい」って意志は、人間の本能と言っていいと思うんだよね。
    その成長する意志すら苦しみのもととして否定してしまうことは、すなわち人間の本性を否定することで、かなり無理があるんじゃないかなあと感じるのだ。

    実際著者も本書を出版したのは、「自分の思いを世に出したい」という期待があったわけだよね。
    とするなら、著者の言動って矛盾してるんじゃないかな。それとも、何か僕の勘違い?

    などなどの感想が。それにしても著者は僕と同い年。大丈夫か?この歳でこんなに枯れてしまって。。。

全86件中 1 - 10件を表示

小池龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小池 龍之介
村上 春樹
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
小池 龍之介
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

ブッダにならう 苦しまない練習に関連する談話室の質問

ブッダにならう 苦しまない練習を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブッダにならう 苦しまない練習を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブッダにならう 苦しまない練習を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする