いじめと戦おう!

  • 34人登録
  • 4.08評価
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 玉聞伸啓
  • 小学館 (2011年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093882187

いじめと戦おう!の感想・レビュー・書評

  • 子供は、いじわるする子に「シカトくずし」をしたことがあるそうな

    いじめが本格化する前に。。。。

  • いじめに対抗する手段が、とてもわかりやすく実践的にかかれています。

    この本がもし自分の時代にあって、自分が存在を知っていたなら……
    いじめで自殺を考えている子供達が、もしこの本を目にすることができたなら……
    変わる未来が、あるかもしれない。

    内容的には、下記参照のホームページでも事足りるのですが支援の意味で購入。この本が家の本棚にあること、それを我が子に教えておくこと、あるいは一緒に読むことで、些細でも何らかの影響があることを期待しています。

    大人社会でもいじめや対人関係のトラブルはあります。
    すべてあてはまるとは思いませんが、とても有意義なことが書いてありますのでよかったらどうぞ。

    「いじめがあることが常態化した空間」を崩すために、いじめられている人がやるべきこと、周囲の人がやるべきこと。いじめのあるその狭い空間だけが世界の全てなんて思わないでください。

    http://www.ijimetotatakaou.com/

  • (2014-06-15)(2015-03-07)

  • ★★★★★
    いま、いじめの渦中にいる人に。
    具体的にどのように戦っていけばよいか、どこにどうやって助けをもとめるべきか、自分を大切にすべきかを。
    ネットワークに寄せられた経験談やメッセージを交えながら。
    現場にいる人にも。
    (まっきー)

  • いじめで苦しんでいる人は多いけれど
    その状況に対してどうしていいのか

    本人も、家族も、友人も、クラスメートも、
    わからないことが多い

    この本は その対処方法を とても具体的に
    体験談とともに 紹介している

    いじめによる絶望感とひとりで闘っている子どもがいたら
    いや、大人でも
    きっと この本が役立つにちがいない

    届けてあげたい

    ホームページ「いじめと戦おう!~対策と克服法~」
    http://www.ijietotatakaou.com/

  • いじめられた経験のある親子ともども読んでみました

  • 今、いじめられている子に対して、とても具体的なアドバイスが書かれている。子どもが読みやすいように、文章も漢字も簡単で読みやすい。いじめに悩む子は、とにかく「明日、どうするか」の処世術を教えてほしいにちがいない。
    いじめの被害者だけでなく、他人がいじめられているのを見て「いやだな」と思いつつ何もできない子に対して「こういうことをしてあげよう」という章もある。
    子どもを持つ人、教職にある人は必読と言える。

  • 同名サイトの書籍化。いじめに負けない方法やいじめをやめさせる方法が具体的。挿絵が脱力系なのも、重くなりすぎなくてよい。冒頭にある「あなたはこれっぽっちも悪くない」という肯定的な語りかけが、深刻に悩んでいる子どもの心に届きそう。いじめに遭っている当事者だけではなく、周囲や保護者にも勧められる。

  • 学校に通ってる青少年向けの本だけど、とてもよかった。
    参考になったしほっとした。大人でも職場でも使える。

    あのころの私がこの本読んでたら、どういう気持ちになったんだろうな。なんて思ったり。

    「いじめに感謝します」という人もいるんだね。本当にそう思ってるんだろうか。
    私は感謝なんてできないな。
    あの時のことがあって今があるとは思ってるけど。
    あんなつらい思いをする必要がなかったのなら、したくなかった。楽しく過ごしたかった。
    これからだって、絶対にしたくない。
    でも、するんだよきっと。ターゲットになってしまうんだよな。
    その時は、この本読むよ。

    今もどこかで戦ってるみんな、くじけずに生きていこうね。

全10件中 1 - 10件を表示

いじめと戦おう!の作品紹介

いじめる側が100%悪い。でも、昨日とちがう明日のために、あなたがやれることはある。

いじめと戦おう!はこんな本です

ツイートする