ウッドストックへの道―40年の時空を超えて主宰者が明かしたリアル・ストーリー

  • 22人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Michael Lang  室矢 憲治 
  • 小学館 (2012年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093882521

ウッドストックへの道―40年の時空を超えて主宰者が明かしたリアル・ストーリーの感想・レビュー・書評

  • とにかく懐かしかった。

    読み終わって、YouTubeで多くのステージを見られるのが嬉しい!
    CCRいいなあ~
    ジョーン・バエズも久々に聞いた。

  • ウッドストックとは1969年8月、ニューヨーク州郊外のヤスガー農場で開催された、参加者70万人とも言われる、20世紀最大の野外音楽フェスティバルである。

    ボクとウッドストックとの出会いはまだ学生の頃、たまたま立ち寄ったレンタルビデオ店の棚に、確かVHS上下2巻セットで貸し出しされていたのを、何気なく借りてきたのがきっかけだった。家に帰ってテープをデッキにセットし再生ボタンを押すと、いきなりマリファナを吸う若者たち、雨で出来た大きな水溜りに飛び込む全裸の男女の姿が映し出された。今の時代であれば危険で近寄りたくないような光景だが、画面からは不思議と平和的な雰囲気が伝わってきた。そこには60年代後半ヒッピームーヴメント全盛の光景があったのだ。

    ステージに目を向けると、サンタナ、スライ&ザ・ファミリーストーン、ジミ・ヘンドリックスなど当時の大スターたちが、野外ならではの開放的でダイナミックな演奏を展開していた。最もボクに衝撃を与えたのは、テン・イヤーズ・アフターのギタリスト兼ヴォーカリスト、アルヴィン・リーの演奏だ。ビデオに収録されている「I’m going home」は当時人気絶頂であったジミヘンをも嫉妬させた、という逸話が残るほどの名演奏であり、映像を見る限り逸話は真実だったと思う。

    実はこのレビューを書いている時点で、まだ1ページも本を開いてないのである。開いてないどころか手元にも無いのだ。学生の頃に何気なく借りた2巻のビデオテープが、20年以上経った今でも、目を閉じるだけで、オーディエンスの息遣いまで聞こえてきそうな・・・そんな不思議な錯覚を起こさせるのである。本を開いた瞬間にあの時の興奮はよみがえって来るのだろうか、それとも20年の間に自分は変わってしまったのか。実際にページを開く前にこんなにワクワクする本も珍しい。

全2件中 1 - 2件を表示

ウッドストックへの道―40年の時空を超えて主宰者が明かしたリアル・ストーリーを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウッドストックへの道―40年の時空を超えて主宰者が明かしたリアル・ストーリーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウッドストックへの道―40年の時空を超えて主宰者が明かしたリアル・ストーリーを本棚に「積読」で登録しているひと

ウッドストックへの道―40年の時空を超えて主宰者が明かしたリアル・ストーリーの作品紹介

20代の若者4人で株式会社を設立。一流のスタッフと契約。20万人動員の食事・トイレ・医療などの詳細な計画。ミュージシャンたちのバックステージ。50万人以上が集まった人類史上最初の平和な大集会「3DAYS of PEACE & MUSIC」のすべてを、スタッフ、ミュージシャン、参加者、住民、ジャーナリストの証言を交えて明かしたロック・ファン、野外フェス参加者、必読の書!全米60万部のベストセラー。

ウッドストックへの道―40年の時空を超えて主宰者が明かしたリアル・ストーリーはこんな本です

ツイートする