社会の抜け道

  • 368人登録
  • 3.46評価
    • (8)
    • (39)
    • (38)
    • (6)
    • (3)
  • 48レビュー
  • 小学館 (2013年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093882569

社会の抜け道の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おなじみの社会学者・古市憲寿と、若手の左寄り哲学者・國分功一郎の共著、対談集。國分もlifeで知って、とても面白いしっかりした人だなという印象を持っていた。哲学者って名乗るのは結構大変だと思う。哲学の仕事って真理の探究でしょ。思想とは違う、っていうのはイメージで線引きはわからないけど、でも逆にそう名乗っているのが新鮮。

    本の内容としては、現状、日本の社会制度や流行りなんかをバシバシと批判する感じ。古市はノルウェーに、國分はフランスに、共に学生時代留学していた経験があるので、そこと日本との違いをいいところ悪いところを上げながらやり合うのは、結構面白かった。相変わらず古市は自由で現代の権化。でもこの本では多少だけど、育った家庭のスタイルとか食事の好み、運動に関してとか、古市個人のことが書かれていて関心が行った。現代の権化、というのは決めつけだけれど(個人的には好きだけど)、それにも因果と言っていいのかわからないけれど、理由はあるのだなと感じた。こういう考え方はちょっと宗教くさいでしょうか。その点國分の考えは、ちょっと自分とは違うところはあるけど、いたって理解しやすく、コンテクストとテクストが素直に結びつく。

    古市がいろいろと聞いて、國分がべらべらと考えていることをしゃべる。たぶんこの考え方、古市は納得してないよな、とかいろいろと想像もはかどる。面白かった。國分の消費と不満足あたりの着想はかなり関心がある。「暇と余暇の倫理学」今度読んでみよう。


    17.6.20

  • 哲学者と社会学者の偏屈者が、難しく物事を捉え自身の思考をお互いに主張している内容。どうしてもこの年代の評論は、外国との比較して日本はという不満や御託が多く、行動が伴わない捉えてしまう。
    ヨーロッパは老人の資本主義、アメリカは大人の資本主義、日本は小児の資本主義。既に価値を内面化している老人、前へ前へと進もうとする大人、守られた母的な安全圏の中で戯れる小児。
    日本の原発再稼働反対デモは、かつての学生運動と違い闘争性がなく整然としている。楽しくやろう、真剣と深刻は違う。ヘイトスピーチの在国朝鮮人も憎悪の対象だが原因ではない。

  • quiet maverick
    自分の習慣1つでさえ変えられないのに
    フランスへの子どもでいていいというメッセージ
    過剰サービス

  • デモや消費社会、保育園に食料問題まで幅広く現代社会について対談している。当たり前の価値観が本当に当たり前かなんて比べてみなきゃ分からないし、社会は劇的になんて変わらない。何を選択して生きていくのかを考える本。

  • 軽い雑談トークのように作られながら、結構重要なトピックがいくつか。30年前にもこの議論はあったけど今もあんまり変わってないよね〜なこともあれば、この30年でものすごく変化したこともある。(後者はもちろんネットの普及によるところが大きい。)
    どちらも、目をそむけたり都合のいい解釈をしたりせず、真っ向から受け止め適応していかなくちゃならないんだよなあ。。。

  • モノは溢れてるんだけど欲しいモノが無い

    他の家族を「自分たちはできなかったのにずるい」と羨ましがってたら

    他人の評価を変える為に「自分探し」をはじめちゃったりして自己嫌悪。

    世の中を深刻に捉えるのではなく真剣に考える

    そんな訪れない新しい何かを待っている人の為の本。

  • 【No.24】哲学者の國分功一郎さんと社会学者の古市憲寿さんの対談本。「真剣であることと、深刻であることは違う。深刻な顔をしているけど少しも真剣じゃないってことがよくある」「うまく遊べないときや楽しめないときに、人は退屈する。だから外から仕事や課題を与えられることを求めるようになる。自ら自由を捨てて、何かに従いたくなる。遊ぶことができないと、隷属したがる人間が出来上がってしまう」「自分がどういうものに向いてるとか、何を楽しいと思えるかをきちんと発見していけるといいと思う。自分がどういう体をしていて、それをどうすればうまく使えるのかとか、どういう考え方の癖を持っていて、どういうことに関心を向けるかとか、そういう自分が持っている諸条件を、少しずつ試して発見していくっていうのはすごく大切なこと。自分の心身が持っている法則を、少しずつ発見していくという発想」

  • 前に読んだ「絶望の国の・・・」の著者古市氏と、哲学者の國分氏の対談。消費社会・子育て・食糧問題・デモ等について、哲学者らしい分析をしてくれる。消費社会では日本という物質が溢れかえった国に何も欲しいものが売っていない状況をイケアとコストコのあるショッピングモールから考察する。因みにイケアは日本では北欧テイストのおしゃれ家具イメージだが、現地ではいわゆるユニクロ的な下流感があるようだ。デモについての考察では、社会や世の中にはなかなか革新的な変化は起こらないが、徐々にかわっていくものだとの考えを示し、戦法として違う意見を理解する、その人と話し合えるか、また説得できなければ更に勉強するという学者らしい考え方と共に、反対と叫んでいても、自民党にも敵を作らない。世の中は皆で変える必要が有るからだそうだ。自分にはなかなか出来ないかな。それと反対活動に50年携わってきた人の、「俺たちは年をとったが、あんたがた(役人)は年が変わらないな」という発言が沁みる。役人側の責任者は3年くらいで交代してしまう。それと交渉してもまた変わる。結局日本では何かを変えるのは相当エネルギーが要るということだ。しかし石破が官邸デモをテロと表現したように、体制側はそのような国民運動をテロとして弾圧したいという本音が現れて来た。逆に言えば相当参っているということであり、國分氏は批判していたが、更に押し捲ることも必要なのではないかと感じた。

  • 資料ID:21401203
    請求記号:304||F
    配架場所:普通図書室

  • 読みやすいけど、これを出発点に考えを深める可能性がありそうな一冊。ショッピングモール、保育園、など題材は身近。だからなんだ、といいたくなるような個人の感想的な部分もあるけど、それすら裏付け部分に厚みがあるために興味ひかれた。

    興味深かったのは、社会的な運動をする際、それ自体を楽しむのか、変革を目的として啓蒙をするのかという二つのタイプについての話。前者は波及力は少ない代わりに永続的、後者は無理が生じて破綻しやすい。。など。

    確かに、周りをかえよう!という運動ってどこかしんどい。多分本人も、まわりも。割合の問題と思うけど、自分はこれが楽しい!という割合が高いほど長続きしやすいだろな。

全48件中 1 - 10件を表示

古市憲寿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
朝井 リョウ
佐々木 圭一
飯田 泰之
有効な右矢印 無効な右矢印

社会の抜け道を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会の抜け道の作品紹介

私たちの日常の中にある「抜け道」を探して

“怒る”哲学者・國分功一郎と“煽る”社会学者・古市憲寿が、ショッピングモール、自給自足のコミューン、保育園など「社会の現場」に行って、考えて、とことん語り合う! 1年以上に及ぶ、ふたりの思考の軌跡。

◎IKEAやコストコなどショッピングモールになぜ人は引きつけられるのか
◎自分の心の悩みや不満を醸成する装置としてのネトウヨ的デモ
◎選挙に行っても選択肢がないと感じるのはなぜか
◎自給自足生活のコミューンに「リアル」はあるのか
◎シングルファザーとしての経験から「保育園」を語る
◎これからのブームは、リタイア組の「自分探し」
◎ガラッと変わる世の中はいびつ。半径1メートルの革命でいい

ダウンシフターズ(減速生活者)、消費社会、新自由主義、デモ、ネトウヨ、脱原発、専業主婦志望、ワークライフバランス、イクメンと保育園、少子化、水戦争、食欲と性欲、インターネットとソーシャルメディア、住民投票――
こんなにも豊かなのに、閉塞感がたちこめるこの現代を私たちはどう生きていくのか、生きるって何か楽しいのか、楽しむためには何が必要なのか。様々なキーワードから、私たちの日常の中にある「抜け道」をふたりの論客が探る。

社会の抜け道のKindle版

ツイートする