警告!身近な薬の副作用: まさかの事態になる前に

  • 12人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 武政文彦
制作 : 望月 眞弓 
  • 小学館 (2013年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093883061

警告!身近な薬の副作用: まさかの事態になる前にの感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

警告!身近な薬の副作用: まさかの事態になる前にを本棚に「読みたい」で登録しているひと

警告!身近な薬の副作用: まさかの事態になる前にの作品紹介

かぜ薬で、鎮痛薬で、まさか!の副作用が

気軽にのんだ痛み止めで、高熱、全身に水ぶくれ→視力が極端に落ちて後遺症が!
漢方の胃腸薬で、突然、手足の力が抜けて起き上がれない!etc.
――-本書では、こうした副作用の事例をマンガや物語仕立てで多数紹介。

その副作用はなぜあらわれたのか、どうすれば防げるか、万一あらわれた場合にどうすれば重篤にならずにすむのかをわかりやすく解説。

絶対にやってはいけない食べ物とののみあわせ、持病のある人は気をつけたい処方薬×市販薬ののみあわせも掲載。

何種類もの薬をのんでいる高齢の親のために、病院に行く時間のないあなた自身にとっても、必読の一冊です。


【編集担当からのおすすめ情報】
頭痛、かぜ、花粉症などのとき、よくお世話になるのが市販薬。

便利だけれど、使い方を間違ったり、薬の成分が重複したり、体質によっては、本書のような思いもかけない副作用があらわれる!

テレビ「クローズアップ現代」や「あさイチ」、「みんなの家庭の医学」でも取り上げられたテーマを、どうすれば防げるのかまで、わかりやすくまとめました。

危険を回避するには正しい情報が頼りになります。

警告!身近な薬の副作用: まさかの事態になる前にはこんな本です

ツイートする