チャトやお呼びですか?: 猫といつまでも

  • 18人登録
  • 4.09評価
    • (4)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : はたさきこ
  • 小学館 (2013年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093883214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

チャトやお呼びですか?: 猫といつまでもの感想・レビュー・書評

全7件中 1 - 7件を表示

チャトやお呼びですか?: 猫といつまでもの作品紹介

溢れる猫愛に癒される猫絵エッセイ

チャトという猫と著者の日常を綴った大人の絵本。著者は北海道在住の74歳女性で、猫の生態への洞察力、心温まる交流風景は、愛猫家をはじめ多くの人の心を捉えるはず。小樽の小さなギャラリーに持ち込まれた原画に感動したオーナーが、私家版で発行。表題作『チャトやお呼びですか?』初版500部を皮切りに次々と続刊も刊行し、道内の口コミ等で計4000部という異例の売れ行きとなり、現在も、「手に入れたいのですが」という問い合わせがが引きも切らない人気です。
どのエピソードも愛おしく、猫の仕草を実にうまく捉えたチャーミングで味わい深い絵に、思わず微笑んでしまいます。8コマのイラスト+エッセイで一話完結の話を、自費出版第一作『チャトやお呼びですか?』と続編から44話を選び愛蔵版としてまとめました。チャトとのエピソードはもちろん、続編に掲載されていた、子どもの頃飼っていた猫たちとの思い出や、近所のノラ猫とのふれあいと別れを描いたエッセイは、涙無くしては読めません。
北国の猫好きの輪で静かなブームを起こした小品を、全国ネットの名作に!

【編集担当からのおすすめ情報】
飼い猫チャトとの日常を絵と単文で綴り、20人の友へ送った絵手紙が評判となり、描き始めたイラストエッセイを一冊の本にしました。家族と愛猫との触れ合いを繊細に、またコミカルに活写し、著者の命に対する深い思いが胸に迫るこの“猫絵エッセイ”が、「小樽猫の事務所通信」で紹介されると、たちまち口コミで広がり、多くの愛猫家に支持されたものです。猫好きもそうでない方も、手元において時々本を開くだけで、その絵にホッと癒されるはずです。親しい方へのプレゼントにも是非!

チャトやお呼びですか?: 猫といつまでもはこんな本です

ツイートする