いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエール

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 日野原重明
  • 小学館 (2013年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093883238

いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエールの感想・レビュー・書評

  • 同じ種族である人間との関係がこんなにも難しいのに。
    種族の違うペットたちは自分を丸ごと受け入れてくれる。

    種族が同じだから難しいこと、種族が違うからできること。

    種族が同じでも、違っても、お互い生きてる。
    お互い大切にし合いたいものですね。


    他の生き物の犠牲をなしには生きていけない私たちだけど。
    ペットっていうのは、とても身勝手なのだけど、でもとても素晴らしい存在。

全1件中 1 - 1件を表示

いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエールを本棚に登録しているひと

いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエールの作品紹介

犬たちの勇気といのちから学ぶ幸せの意味

もうすぐ102歳を迎える日野原重明先生が子どもたちをはじめ次世代に伝えたいと語りかけるように書き下ろした、初めての「犬と人といのち」のものがたり。
保護犬や老犬、被災した動物のいのちの重み。盲導犬や犬ぞり犬など実在する犬と人との深い絆。ホスピスや小児病棟でのセラピードッグと患者さんとの静かな触れ合い。そして愛犬との別れがもたらす希望の力・・・10のエピソードには、日野原流「いのちの名言」と共に、犬たちの勇気といのちから学ぶ幸せの意味が込められています。
愛おしさあふれるまなざしの犬の写真やカラーイラストがちりばめられ、親子や祖父母と孫が一緒に読んで考え、楽しめるカラーエッセイ本です。

いのちのギフト: 犬たちと私から送る勇気のエールのKindle版

ツイートする