眺める禅: すーっと心がかるくなる

  • 50人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 枡野俊明
  • 小学館 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093883467

眺める禅: すーっと心がかるくなるの感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

眺める禅: すーっと心がかるくなるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

眺める禅: すーっと心がかるくなるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

眺める禅: すーっと心がかるくなるを本棚に「積読」で登録しているひと

眺める禅: すーっと心がかるくなるの作品紹介

心配事も悩み事も消えていく読んで眺める本

話題の禅僧・枡野俊明氏の新刊は、
これまでの枡野ワールドとはひと味違う“眺めて、読んで、感じる”本。

世界的な庭園デザイナーでもある
枡野氏がデザインした「禅の庭」の写真と、
禅の考え方に基づいた、心にしみわたる言葉満載。
ぱっと開いたページを眺めるだけで、
心が静かに、すーっと軽くなる一冊です。


たとえば、寒川神社の庭園の、水のほとばしる滝の写真には、
こんな言葉が添えられています。

「水は何ものにも逆らわないで
高い所から低所へと流れてゆきます
踏ん張ることは大切です
それでも、踏ん張りきれなかったら、
流れてゆけばいいのです
流されることと、流れることは、違うのですから…」


ともすると余計なことを考えたり、不安が心を占めがちな夜、
就寝前の30分間、毎日、本書を開くようにすると、
心配事も悩み事も消えていき、
静かな心で眠りにつくことができます。

“夜の坐禅”ともいえる、この新習慣を、ぜひ、あなたのものに。


【編集担当からのおすすめ情報】
ついつい走り続けがちな毎日に、気持ちが押しつぶされそうになりますが、
お庭の写真を眺め、言葉をかみしめていると、不思議と心が落ち着いてきます。
著者の枡野さんからは「毎晩、同じ写真を眺めるようにすると、心の状態がわかるようになります」とアドバイスをいただきました。

眺める禅: すーっと心がかるくなるはこんな本です

ツイートする