市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変える

  • 32人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 小学館 (2014年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093883580

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるの感想・レビュー・書評

  • 筆者の一人が知り合い。
    会社員、ベンチャーの経営経験者が市議会議員になり、選挙活動等のノウハウを記載している。
    市議会議員になりたい人には参考になるかもしれないが、それが目的になっている。

  • (そもそも市議の役割は?)……市議会において市長・部長などで構成される執行部(経営陣)をチェックするのが市議会であり、そのメンバーが市議会議員です。
    (ビジネスの世界から見たらおかしな世界?)……夕張市の破綻は事実です、しかし、夕張市は財政再建団体に転落しても、総務省と北海道の監督のもとで再建に努めることが許されています、不渡りを出した企業は中央官庁のもとで財政再建しようといったって、そうはいきません。従業員は解雇、連帯保証している社長は、破産申請へ一直線というのが相場です。サービスや商品が市場に受け入れられなければ会社ごとマーケットから淘汰されてしまいます、経営者も社員も絶えず、社内業務の改善に目を光らせ、国内のみならず海外勢とのサービス・価格競争に打ち勝っていく必要があります。
    (ビジネスパーソンが市議会議員に向く理由?)……ビジネスパーソンは数字をベースにした議論ができるという意味で市議会議員に向いているといえます。人口減少社会に突入した今、これからは一施設・一機能だった公共施設を、統廃合などにより一施設・多機能にしていくことも考えなければいけない時代に突入するでしょう、その際に行政が保有する建物や土地などの資産を正しく把握する必要がありますし、数字が読める市議会議員が必要です。
    (就職・転職活動と似ている政治家への道?)……就職活動・転職活動①業界の分析、②会社の分析、③自己分析、④就職活動を通じて各社に自己PR、⑤内定 選挙①選挙区分析、②ライバルの分析、③自己分析、④政治活動を通じた自己PR、⑤選挙・当選

  • 選挙活動を、就活やマーケティングの視点から捉えた点など興味深く読むことができた。ただ「やはり政治は人と人との勝負であり、強引にビールをついて回り、笑顔で握手するような一般社会でやったら白眼視されるおうなことであってもためらっては生けない」という記述があり、積極性が一番求められるようだ。

  • ビジネスの世界から政治家に転職した気鋭の市議2人が、経験とノウハウを明らかにした本。
    伊藤さんとは何度も語り合った仲だけに、そのバックボーンを知ることができて何よりですが、ただ一点若くして議員となるのはよしとしても、その後どうするか、どうできるのかの道筋が見えていないのが、プロ政治家が増えない根っこにあるだけに、私も考えていきたいと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるを本棚に登録しているひと

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるを本棚に「積読」で登録しているひと

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるの作品紹介

知っているようで、意外と知らない職業

全国に約2万人もいる市議会議員。
納税者たる市民の代弁者(代表)であるはずですが、
現実には、40歳未満の議員は5.6%、女性議員は13.5%しかいません。
また、実際には何をしているのか
市民にはなかなか実態のつかめない職業ですが、
私たちの生活に直結する、地方政治を担う重要な仕事です。
今こそ、若い力、そしてビジネス経験者の感覚が必要とされています。
終身雇用が揺らぎ、転職が当たり前になった昨今、
市議会議員という職業も視野に入れてみてはいかがでしょうか?
政治の世界とは縁もゆかりもなかったけれど、
仕事を辞めて立候補、上位当選を果たした若手議員が、
地方政治でのビジネス経験者がもつ可能性と
選挙を勝ち抜く秘訣を語ります。

●伊藤大貴 いとうひろたか
横浜市議会議員。日経BPにて記者として活躍。
江田けんじ衆議院議員の門をたたき、2007年に初当選。
2011年、横浜市緑区において2位当選を果たす。

●遠藤ちひろ えんどうちひろ
多摩市議会議員。大学在学中に人材開発ベンチャー企業を創業。
2010年、多摩市長選挙に出馬、僅差で惜敗するも、
翌年の多摩市議会議員選挙でトップ当選。

【編集担当からのおすすめ情報】
知っているようで知らなかった市議会議員のことが、よくわかりました。

正直に言いますと、市(区)議会議員選挙は、面倒でサボってしまいますが、
高い住民税を払っていますし、自分たちの生活に直結する部分ですから、
地方政治には、もっと関心を持たなくてはいけませんね。
立候補をお考えの方も、考えたこともない方も、
地方政治を知るきっかけとして、ぜひ、ご一読いただけたら幸いです。

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるはこんな本です

市議会議員に転職しました。: ビジネスマンが地方政治を変えるのKindle版

ツイートする