葡萄酒物語: ワインをめぐるとっておきの17話

  • 32人登録
  • 3.86評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 安齋喜美子
制作 : 宇野 亞喜良 
  • 小学館 (2014年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093883627

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中正人
三浦 しをん
エラ・フランシス...
藤野恵美
山内 マリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

葡萄酒物語: ワインをめぐるとっておきの17話の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

葡萄酒物語: ワインをめぐるとっておきの17話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

葡萄酒物語: ワインをめぐるとっておきの17話の作品紹介

幸せな時間を大切な人々と共有するための本

ワインは、近しい人々と語らう親密な時間を豊かに演出する魔法の飲み物です。
本書は、実際に購入可能な比較的一般的で知名度の高いワインの中から、歴史的なエピソード(フィクションを含む)を持つワインを、産地や品種、醸造所別などの一般的な分類ではなく、「ワインが秘めた物語」別に紹介。
フランスのシャンパーニュ騎士団よりシュバリエ(シャンパーニュの騎士)の叙任を受けた著者の、軽やかな語り口の裏に潜むまっすぐな愛情によって固い薔薇の蕾が柔らかく開くように明かされていく、ひとつひとつのワインがその内奥に秘めたとびきりの物語。そしてそれらの物語を薫り高く、美しくも艶やかに彩る、鬼才・宇野亜喜良のエスプリあふれるイラスト。黄金の雫のように芳醇で、しかも爽やかな両者のハーモニーが、読者を魅惑の世界へ誘います。
読めば心に灯がともり、思わず誰かに話したくなる、美味しいワインが飲みたくなる。幸せな時間を大切な人々と共有するためのヒントが得られるワイン・ブックです。

葡萄酒物語: ワインをめぐるとっておきの17話はこんな本です

ツイートする