わたしがカフェをはじめた日。

  • 94人登録
  • 3.69評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : ホホホ座
  • 小学館 (2015年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093884174

わたしがカフェをはじめた日。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017/11/27

  • 対象年齢の表記が面白くて、
    読んであげるなら4歳から
    自分で読むなら社会に出てから

    たしかに働き始めてからこそひびく内容。
    ふけばとぶような
    冗談やめろよって笑われそうな
    そんなことにもっと本気になってもいいかもしれないと思った。

  • なぜ自分のカフェをはじめたのかのエピソードがまとめられてるのだけども、その一つ一つにそれぞれの人生や人柄がにじみ出てて面白い。カフェの店主って思った以上にゆるくて良い意味で社会人不適合者なのかも。確かにカフェは衣食住すべてを決定できる居場所なのかもしれない。

  • 京都に行く機会があったので、ホホホ座で直接買い求めた。

    他のレビューに、

  • お店の選択が偏っているので、京都のあの辺の人らの身内仕事だと思いました。

  • 京都行ったら何軒かいこ。

全7件中 1 - 7件を表示

わたしがカフェをはじめた日。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

わたしがカフェをはじめた日。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたしがカフェをはじめた日。を本棚に「積読」で登録しているひと

わたしがカフェをはじめた日。の作品紹介

理想の暮らしは、カフェにある?

京都を中心とした、カフェを営む女性店主たちに、自分の喫茶店をはじめるまでの経緯や、そのときに思っていたことなどを語ってもらった、読み進めるうちに、彼女たちの個性的な人生観が見えてくる、一風変わったイラスト・インタビュー集。

数ある店舗の中から、個性的なカフェをピックアップし、インタビュー取材・イラストを手掛けたのは、「ホホホ座」。京都の個性派書店として知られた「ガケ書房」店主の山下賢二を中心に結成された、注目の集まる企画編集グループです。

ほかにも、作家・吉本ばななの寄稿、焙煎家・オオヤミノルの独特な仕事論など、気になるコラムも掲載。読むとカフェについて考えたくなる一冊です。


【編集担当からのおすすめ情報】
サラリーマンをしていると、不意に「会社をやめて、自分の店が持てたらどんな暮らしになるだろう…」と考えることがある。「いやだめた、きっとすぐに潰れる」、「やりたいけど資金が無いし…」などと、すぐに現実に引き戻される。そんな心境のときに、本書を読むと心がスッと軽くなる。そして、未来に楽しいことが待っている気がして、ワクワクしてくる。そんな一冊です。

わたしがカフェをはじめた日。はこんな本です

ツイートする