山本昌という生き方

  • 25人登録
  • 3.55評価
    • (0)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 山本昌
  • 小学館 (2015年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093884297

山本昌という生き方の感想・レビュー・書評

  • こう考え感じると山本昌さんが出来るといった内容
    スラスラ読めます
    ちょっとパンチが欲しかったので辛い採点

  • 実は、山本昌は、あまり好きな選手ではないのですが、50歳まで現役でプレーしたことに対しては、尊敬しています。
    そんなわけで、何事も、長く続けるには秘訣があるはずだと思い、読んでみました。

    「普通のこと」と「最近の若者は」に関しては、かなり共感できました。
    とくに、「普通のこと」については、ズバリ長く続ける秘訣だと思います。

    新庄に逆転ホームランを打たれたときの話については、僕も、少年野球で同じような経験をしたことがあります(僕は捕手ですが)。
    右打者のアウトローいっぱいを要求して、その通りの球が来たにも関わらず、見事にライト線に打ち返され長打になったとき、監督から「なんで、そんな甘い球を投げるんだ!」と怒られたことがあります。
    当然のことながら、あとでピッチャーと2人で、「あれを打たれたら仕方ないよな」という話になりました。
    監督から見ると、「打たれた球」=「甘い球」なのかもしれませんね。

  • 同い年のプロ野球現役選手。それだけで尊敬に値するが、それ以上に、自分が「持っていない」からこそ、冷静に自分を見つめる目が共感できる。

全4件中 1 - 4件を表示

山本昌という生き方の作品紹介

山本昌が50歳まで現役を続けられた秘訣

8月11日に50歳を迎えた、日本プロ野球現役最年長選手、山本昌。1983年ドラフト5位で、中日ドラゴンズ入団。最多勝(3回)、最優秀防御率、沢村賞など数多くのタイトルを獲得。2006年には、41歳でノーヒットノーランを達成し、2014年には、NPBの最年長勝利記録を樹立。今シーズンあと1勝すれば、MLBのジェイミー・モイヤー元投手の保持する世界記録を更新します。 前人未踏の領域に挑戦する、不屈の男・山本昌投手は、同年代の人々に、夢と希望を与えています。
決してエリートとしてプロ野球界に入ったわけではない彼が、なぜ50歳まで現役を続け、様々な大記録を樹立することができたのか?
本書は、そんな山本昌投手の歩んできた32年のプロ野球人生の中から生まれた、哲学や信条の全てを、彼が経験してきた多くのエピソードとともに一冊にまとめました。
また、山本昌投手が、50歳まで現役を続けることになった落合GMの言葉や、推定価格1億円のスーパーカー、ランボルギーニ・ミウラに乗る理由、投げ続けたことで曲がらない左腕の秘密など、初めて明かすエピソードも満載です。


【編集担当からのおすすめ情報】
多くの自己啓発本には「センスを磨く」とか「才能を伸ばす」という言葉が溢れていますが、中高年の星と呼べる、山本昌投手の生き方は、そんな言葉が陳腐に思えるような説得力があります。「ただ長く続ければいいのか?」という問いにも、「ええ、長く続ければいいんです」と返答できるシンプルな生き様は見事の一言です。彼の生き方は、同世代の男性が読んでも共感できる人生訓が満載です。本書を読めば、彼がなぜ50歳まで投げ続けられたのかが分かります。

山本昌という生き方はこんな本です

ツイートする