メロドラマ・オペラのヒロインたち

  • 13人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岡田暁生
  • 小学館 (2015年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093884501

メロドラマ・オペラのヒロインたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オペラって、メロドラマなのよ。

    タイトルから想像した、ヒロインについて詳しく掘り下げた本ではなく、オペラって、楽しいものなのよ、大いなるメロドラマ、敷居を高く考えず、楽しんで、って、気持ち満載で、愛があふれているんだけど、ちょっと突き放して、女子的には、自分的には、といった身近なところからおしゃべりするような感覚で、楽しめる書。

    オペラからハリウッド映画に至るところが、目からうろこ。
    ハリウッド映画って、オーケストラ好きだなぁ、って思ってたけど、そのココロに言及されていて、ナットク。

    最後に著者肩書をみて、あれ、京大の先生だったんだ。
    京大にもこんなタッチの先生いるのね、って、感心。

全1件中 1 - 1件を表示

岡田暁生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

メロドラマ・オペラのヒロインたちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

メロドラマ・オペラのヒロインたちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メロドラマ・オペラのヒロインたちを本棚に「積読」で登録しているひと

メロドラマ・オペラのヒロインたちの作品紹介

オペラはメロドラマだ!

『オペラの運命』『西洋音楽史』など、クラシック界では異例のベストセラーを放ってきた著者の最新作。NHK Eテレ『スコラ 坂本龍一音楽の学校』出演でも知られる著者だが、軽快な語り口で、まったく退屈せず、初心者でも一気に読めるオペラ入門書である。
内容はワーグナーの楽劇から映画『ゴッドファーザー』まで、硬軟にわたり約20作品を紹介。音楽史に沿って、ヴィオレッタ(「椿姫」)ブリュンヒルデ(「ワルキューレ」)トスカ(「トスカ」)らオペラ黄金時代のヒロインを中心に、ハリウッド映画の金字塔であるスカーレット(「風と共に去りぬ」)、戦後日本の象徴ともいえるマドンナ(「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」)まで、“女神”(女主人公)の魅力をたっぷり解説している。ひいてはAKB48のアイドル論に至る分析力は圧巻だ。
著者によると「メロドラマ」の語源は「メロディ」+「ドラマ」で、もともとは音楽劇=オペラを指す。本来オペラとは「大衆が喜ぶたわいない恋愛劇を音楽で盛り上げたもの」であり、映画やTVドラマと同じように「小難しく構えず、いかに素晴らしい音楽を味わい尽くすか」、これこそがオペラの鑑賞術に尽きるのだ。

【編集担当からのおすすめ情報】
オペラは難しいと思っていませんか? オペラは筋書きのないドラマ。オペラを観たことのない方の入門書としてだけでなく、オペラ通の方にはエッセイとしても楽しんでいただける一冊です。おおの麻里さんの小悪魔イラストにもご注目ください!

メロドラマ・オペラのヒロインたちはこんな本です

ツイートする