老いては夫を従え

  • 65人登録
  • 3.69評価
    • (6)
    • (7)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 柴門ふみ
  • 小学館 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093885331

老いては夫を従えの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 老いてきた話。歳も近いし老いも感じていたので面白かった。

  • なかなかシュールというか…これからの指南書になるというか…。これからの自分に、家族にどう向き合っていくか、考えさせられながら楽しく読みました。私にとって最後の砦のペット。子どもたちからせがまれてもなかなか手を出せなくて…。50過ぎてからの楽しみに実は取っているのだけど、それていいよって柴門さんに言われているようでちょっと嬉しかった。気楽に読める一冊です。

  • 914.6

  • わかる〜。もうすぐ50歳の私にピッタリでした。

  • 意識したわけじゃないけれど著者のご主人の本を読んだ後すぐに図書館から「予約順であなたの番です」とメールあり早速読みました。
    ご性格がよく表れて、筆に勢いがあって、小気味良い文章で…一気に読みました。
    別荘暮らしの大変さは、私自身もそんな生活を送っておりますので頷くことが多かった。それでも、街暮らしでは感じることのできない人生の振り返りなどカッコウ鳴く森の雰囲気の中で是非お楽しみ頂きたいものです。
    読んでスッキリ感というよりも「オレも頑張ろ!」感を頂戴しました。
    私とは読書嗜好が異なる妻がこの本を見て「次、私も読みたい」って…。

  • 年齢を重ねて、身体の衰えも感じるし、昔親が言ってた事がわかるなぁと思うようになってきたけれど、まだ先があるのね…。怒りのコントロールがきかなくなるのは怖いな。今でもすでにきかないのに。。
    今は一人の時間が欲しくてたまらないけど、変わっていくのだな。いくつになってもハマれるものがあるのは大切な事だ。

  • 著者も57歳か。いろいろ老いの症状が出始め乳がんも患ったとか。身につまされる話しをさらーっと読みやすく書いてくれてる。
    愛犬を飼うことによって早寝早起き、散歩のメリットを得たって。子育てが一段落したらそうなるのかな…。

  • うなずく そうそう その通り
    楽しく読めた

  • 「東京ラブストーリー」の柴門ふみさん(1957年生まれ)の「老いては夫を従え」(2016.12)、老いをテーマにした明るく楽しいエッセイです。「夫」は「島耕作」の弘兼憲史さんです。サイモンさんは、かつては「仏のサイモン」(怒りと無縁)でしたが、最近は多少の怒りを覚えるそうですw。ヒロカネさんは、アナログ派でパソコンなしカーナビなし、旅行は紙の時刻表とかw。サイモンさん随行でsuicaの購入だそうです。ヒロカネさんにとても親近感を抱きます(^-^)ペット(犬)はずっと3歳のままの子供が家にいる状態とかw!

  • ほぼ同世代の女性の視点からの老いにまつわるエッセイ。
    面白かった!

    書評で知って図書館に予約して,かなり待たされて入手。面白すぎてあっという間に読了。

全12件中 1 - 10件を表示

老いては夫を従えを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

老いては夫を従えを本棚に「積読」で登録しているひと

老いては夫を従えの作品紹介

老いゆく日々を笑いに変える前向きエッセイ

恋愛のエキスパートとして女性向けエッセイも多い著者が、今度は自らを題材に「老い」を綴る。歳を重ねることを怖れず抗わず楽しむ術が満載の「人生の教科書」ともいえる前向きエッセイ全27編。

皮膚科では「老人性」を連呼され、老眼鏡は片時も手離せなくなり、病院の予約時間はすっかり勘違い、数々の言い間違いに物忘れ……。著者が「老い」を実感した出来事が、次から次へと、ときに毒舌を交えながら軽妙に綴られていきます。
フェイスブッックのメッセージの「管理人」の文字を「菅直人」と読み間違えたエピソードや、若いショップ店員に「ジーパン」と言っても通じず、「デニムですね」と言い換えられて衝撃を受けた話などなど、クスッと笑える話題が満載。その一方で、体調の急変で倒れ救急車で運ばれた話や、自身の乳ガン闘病記まで、考えさせられる話もぎっしり。乳がん闘病記では、告知から術後までの事象と心の動きが、時間軸を追いながら克明に綴られています。ひとつ間違えば重くなりがちなテーマながらときに笑いまで誘うのは、筆者の軽妙な筆致のなせる業。
「ああ、あるあるある」と共感したり、思わず声を出して笑ってしまったり、時にはホロッと泣けたり。
さらに、同じく著名な漫画家である夫君も頻繁に登場し、格好の題材に。共に歳を重ねたからこその絶妙な掛け合い、いつのまにか逆転した!?夫婦の力関係など、偽らざる夫婦関係も垣間見えて、それがまた、深い味わいを加えています。
「老い」が愛おしくなる一冊です。


【編集担当からのおすすめ情報】
著者と同年代、または年上の読者には「あるある!」が満載。うなずいたり、笑ったり、ほのぼのしたり……、読んでいるうちに、気持ちがどんどん元気になってきます。
また、これから「老い」を迎える方にも、是非読んでいただきたい一冊です。日頃はネガティブに感じる「老い」も、笑えるポジティブなものに感じられる意識改革が起こるはずです。
老いること、歳をとることを憂いている友人や知人へのプレゼントにもおすすめです。

老いては夫を従えはこんな本です

ツイートする